あなたはどこまで知っている?5段階の雑学クイズ

あなたはどこまで知っている?5段階の雑学クイズ雑学。知っているからといって偉い訳でも、賢いという訳でもありません。ただ単に知識をたくさんもっている。いろんなことを知っているというだけです。しかしながら雑学はテレビ番組でクイズとして取り上げられるほど視聴率もいいジャンル。あなたも興味ありますよね?今回は難易度別に5段階に分けた雑学クイズを紹介します。あなたはどこまで知っていますか?ぜひ一緒にチェックしてみましょう。

あなたはどこまで知っている?
5段階の雑学クイズ

 

その1:雑学クイズ 初級編

まずは腕試し!初級編です。普通に生活していたり、テレビを見て情報を仕入れていると自然と身につくレベルの雑学です。テレビ好きの方や、クイズ番組が好きだという方は聞いたことがあるかもしれませんね。

①デザインが一般公募で決められた日本円硬貨はどれ?
②「ゴーヤチャンプルー」の「チャンプルー」ってどんな意味?
③ソムリエの元々の役割(起源)は?
④縫い物をする「ミシン」の由来は?
⑤ジグソーパズルは元々何のために作られたものか?

いかがですか?半分以上答えられましたか?答え合わせは次に書きます。①番や②番は実際に某雑学系のクイズ番組に登場したことがあります。

①1円玉
②混ぜる
③毒見係
④マシン(の聞き間違い)
⑤国境線を教える教材として作られた

 

その2:雑学クイズ 中級編

続いて中級編です。まだまだ一般的に知っている人が多いレベルです。初級と同じくクイズ番組や雑学系の番組を見ていれば自然と頭に残っていることでしょう。しかしながら、このあたりの雑学クイズに半分以上答えられたらちょっとは物知りと自分で言ってもいいかもしれません。。

①カバは赤い汗を流しますが、その理由は何故?
②「ポンジュース」の「ポン」の由来は何でしょう?
③ユーロ紙幣には架空の建造物が描かれていますが、その理由は?
④サラダ油はなぜ「サラダ」と名がつけられたのでしょう?
⑤現存する日本最古の自動販売機で売られているものは何?

いかがでしたか?半分以上答えられましたか?それではその答えが合っているかどうか確かめるための答え合わせといきましょう。何問正解できたでしょうか?

①紫外線を防ぐため
②日本一(にっぽんいち)の「ポン」
③複数の国が使う共通貨幣なので国を特定してしまわないため
④サラダにかけてそのまま食べられるほど良質な油が由来
⑤切手

 

その3:雑学クイズ 上級編

続いては上級編です。ちゃんとついてこれてますか?この雑学クイズに半分以上答えられたら、あなたは自分の知識に自信を持って大丈夫です。十分にあなたは物知りと言えます。なかなか半分も答えられない問題です。

①うちわ代わりに使われる扇子。元々の使い道は?
②1989年「平成」という言葉で流行語大賞の特別賞を受賞した人は誰?
③サッカーボールが白と黒で出来ているのは何故?
④チキンラーメン誕生のヒントになった料理は?
⑤ジーンズについている小さなポケットは元々何を入れるためのもの?

いかがですか?②番の問題なんて見事なひっかけ問題です。かの有名な通称、平成おじさんが答えではありません。ひっかかりませんでしたか?

①メモ帳
②平成に生まれた最初の赤ん坊
③白黒テレビでも見やすいように(当時は白黒が主流だった為)
④天ぷら
⑤懐中時計

 

その4:雑学クイズ 最上級編

次は知っていることに疑問すら浮かんでくるレベルの雑学クイズです。このあたりになると一般正解率の少ない問題も減ってくるので2問だけにします。どちらも意外な盲点をついた雑学クイズです。答えられますか?

①マウスの移動距離を表す単位は?
②ホッキョクグマが寒さ強いのはなぜ?

①番も②番も見たことはありますよね?しかしながら、自発的に疑問を持ち、自分で調べなければ答えには辿り着けない類の問題です。雑学クイズに強くなるのに最も大事な姿勢なのです。それでは答え合わせです。

①ミッキー
②体毛の中が空洞になっているから

 

その5:なんで知ってるの?

最後は一般正解率3%以下の超難問です。①はなかなか日本では考え付かない理由が問題です。そして②に関しては住んでいる場所によって偶然聞いたことがあるかもしれませんが、そうでなければ難しい問題です。

①アメリカの大統領が毎回サインの時ペンを替えるにはなぜ?
②「おもちゃのまち」という駅があるのは何県?

いかがですか?「分かった!」という方は文句なしにすごいです!おそらく普段から知識を取り入れることに貪欲な方か、優れた記憶力を持っておられるのでしょう。それでは答え合わせです。はたして正解でしょうか?

①記念品としてサインしたペンを残すため
②栃木県

 

いかがでしたでしょうか?あなたはどこまで知っている?5段階の雑学クイズを紹介しました。

あなたはどこら辺までついてこれましたか?普通の人は初級、中級でやっと。上級あたりからどんどん脱落していきます。上級以上までついてこれた方はよっぽど記憶力がいいのでしょう。もちろん今回紹介した雑学クイズなんてほんの一部。既にどこかの本やクイズとして使われているかもしれないものばかりです。更なる知識を求めるならインターネットの深みにその知識を拾いにいきましょう。

 

まとめ

あなたはどこまで知っている?5段階の雑学クイズ

その1:雑学クイズ 初級編
その2:雑学クイズ 中級編
その3:雑学クイズ 上級編
その4:雑学クイズ 最上級編
その5:なんで知ってるの?

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!