もふもふ天国への道――ufoキャッチャー 裏技集めました

もふもふ天国への道――ufoキャッチャー 裏技集めましたufoキャッチャー 裏技をご存知でしょうか?ゲームセンターの入口付近に、大抵置いてあるufoキャッチャー。ほとんどの方が一度や二度はやったことがあると思います。そして狙っていた景品が取れなくて、悔しい思いをされた経験も。このufoキャッチャーに、狙った獲物は外さない裏技があるとしたら…?気になりますよね。それでは、ufoキャッチャー 裏技をご紹介しましょう。

もふもふ天国への道――
ufoキャッチャー 裏技集めました

 

その1:台の選び方

台の選び方というとパチンコのようですが、ufoキャッチャーでも台選びは重要です。よく言われるアームの力云々も大事ですし、景品の積まれ方も大事。特にクレーンはアームの「掴む力」以外にも大切なことがあります。「掴む力」は実際にプレイしてみるか、他の人がプレイしているのを観察しなければはっきりとはわかりませんが、台を見るだけで景品が取れるかどうか判断できるポイントはいくつかあるのです。それは、

・アームの可動範囲

です。実際に動かしてみないとわからない気がしますが、これ、ある「場所」を確認することで、大体の目安がつきます。それはどこかというと、天井です。お金を入れてプレイする前に、少しかがんでゲーム機の中の天井を見てください。クレーンを吊り下げているレールがあります。このレールをよーく見ると

・レールが途中で切れている。
・レールの途中にストッパーのような物がある。

といった場合があるのです。途中で切れていたり止められているのですから、当然クレーンはそこまでしか動きません。つまり正面から見た場合は絶対届く!と思っても、上を確認すれば絶対に届かない場所であることがわかります。お店によってはかなり狭い範囲しか動かないようにされているので、お金を入れる前に確認してみましょう。

 

その2:台の選び方  景品の積み方

ufoキャッチャーを見ると、景品が乱雑に積まれている台と、綺麗に積み上げられている台がある時があります。景品の種類にもよりますが、取りやすいのは前者。乱雑に山積みされている台です。綺麗に積み上げられている台だと箱物はもちろん、ぬいぐるみでもアームが上手く入り込まず景品を掴むことができないのです。中には幾つか取りやすいように配置されている場合もありますが、大抵は難しいです。

こういった時はいきなり景品を狙うのではなく、周囲の景品にちょっかいを掛けて動かし、目当ての景品を取りやすい状況を作ってやる必要があります。でも、そのために何百円も遣うのは賢くありません。こんな時は

・ほかの人が動かしてくれるのを待つ。

一人目、二人目辺りまでは、まず取れずに諦める結果となりますので、クレーンの動きなどをチラチラ見て観察しながら待ちましょう。

 

その3:取りやすいぬいぐるみ

ufoキャッチャーで一番人気なのは、やはりぬいぐるみでしょう。中でも大きな物が欲しいという方はとても多いと思います。しかし、ぬいぐるみは大きくなればなるほど取りにくいもの。そんな巨大ぬいぐるみの中にも、取りやすい物が存在します。それはどんな物か、ご紹介しましょう。

・丸に近い形
・巨大ぬいぐるみの中でも、中くらいのサイズ
・見た目の割に軽い
・ふわふわではなく、ある程度硬さのあるしっかりしたタイプ

この条件の物は、他よりもずっと取りやすいです。人気キャラのグッズなどでは少ないですが、そうでないものの中には意外とありますので、練習としてチャレンジしてみてください。

 

その4:重心を見抜く

取りやすい台と、取りやすい景品がわかったところで、いよいよプレイ……その前に。ターゲットである重心の位置をきちんと見抜きましょう。ufoキャッチャーをはじめとするクレーンゲーム全般が苦手な人は、ほとんど景品の中心を狙ってクレーンを降ろしています。しかし、ufoキャッチャーで景品を取るには、狙いは中心ではダメなのです。何故なら、中心を掴むと頭側から落ちてしまうからです。狙うべきは

・中心ではなく、重心

なのです。ぬいぐるみ、キャラクター人形の大半は頭がかなり大きく作られています。そのため胴体と比べて、頭はかなり重くなっています。重心が中心からだいぶずれているんですね。それで真ん中を掴むと頭から落ちてしまう訳です。では、重心はどこにあるのか?

・肩~胸の上部辺り

ここです。クレーンを下ろすべき重心は、肩辺りにあるのです。

 

その5:掴み方

重心の位置も把握!いよいよプレイです。お目当てのぬいぐるみを狙って、クレーンを移動させていきます。そうして下ろした先で一番簡単で成功率の高い掴み方は「たすき掛け」と呼ばれるテクニックです。たすき掛けとは、

・アームの片方がぬいぐるみの脇の下
・もう一方は首~肩の付け根

胸の前で、アームがたすきのように斜めになる状態で掴む方法です。この掴み方ですと、胴体を挟み込んだ場合と違い景品が斜めに挟まっているので、重心が多少ずれていてもどこかがアームに引っ掛かり取れる確率がグンとアップします。

 

その6:紐、輪っかを狙う

景品の中には、紐や輪っかが付いている物もあります。これらは景品本体よりも紐や輪っかを狙った方が取りやすいと誰でもわかると思います。この時にも使えるufoキャッチャー 裏技があります。それは

・払い出し口とは反対側のアームに通すこと

です。これだけで払い出し口まで持って来れたのに紐から抜けて落ちちゃった!という悲劇とサヨウナラできます。

 

いかがでしたか?[もふもふ天国への道――ufoキャッチャー 裏技集めました]をお伝えしました。

クレーンゲームをやったことがある人なら、どなたもなるほど!と思える裏技だったのではないでしょうか。今回ご紹介したufoキャッチャー 裏技を使えば、今まで取れなかった人も簡単に取れるようになります。大きなぬいぐるみも、可愛いキャラクター人形も。もふもふ天国の扉は、裏技を知る人にのみ開かれているのです。

 

まとめ

もふもふ天国への道――ufoキャッチャー 裏技集めました

その1:台の選び方
その2:台の選び方  景品の積み方
その3:取りやすいぬいぐるみ
その4:重心を見抜く
その5:掴み方 その6:紐、輪っかを狙う

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!