1人暮らしでも面白いほどお金がたまる!6つのおすすめ貯金方法

1人暮らしでも面白いほどお金がたまる!6つのおすすめ貯金方法貯金の方法は何が一番良いのだろうと考えたことがありませんか?お金は知らない間にどんどん出て行ってしまい貯金って本当に難しいものです。特に1人暮らしの場合、家賃や高熱費、食費、交際費などがかさみ、貯金がなかなかできないとお悩みの方も多いことでしょう。それで今回は1人暮らしでも面白いほどお金がたまる、貯金 方法を6つご紹介します。ちょっとしたコツであなたも貯金生活を始められますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

1人暮らしでも面白いほどお金がたまる!
6つのおすすめ貯金方法

 

その1:給料日に貯金する

絶対に貯金できる方法としては、給料日に貯金するという方法です。給料日にお金を銀行に下しに行ったら、その足で決めた額を別の口座に貯金してしまいましょう。コツは「別の口座に貯金する」ということです。同じ口座にお金を残しておけばいいのでは?と思うかもしれませんが、それでは「まだいくら残っている」と意識に残りますので、お金が足りなくなったら下して使ってしまう危険があります。

別の口座に貯金したら「この口座からは絶対にお金を下さない」と決めましょう。その口座のお金は無かったことにするのです。例えば手取り18万円だとします。そして給料日に2万円別の口座に入金したら「自分は手取り16万円」と思うことにします。そしてその収入の範囲内で生活するんです。「自分は手取り16万円」という意識は節約を心掛けるよう助けてくれます。そしていつの間にか、別の口座には知らない間にお金がたまっていくでしょう。

 

その2:積立預金を利用する

毎月給料日に貯金しにいくのは面倒、という人には積立貯金という方法がおすすめです。積立貯金とは、一定期間ごとに一定額の預金を積み立てる預金です。おもに、普通預金から毎月、決めた金額を定期預金に自動振替してくれます。それで自分で積み立てる必要が無いので便利です。先ほどの手取り18万円の例で、月々2万円貯金すると決めたら積立預金を利用すれば、自動的に毎月2万円ずつ積み立ててくれます。

この貯金 方法を利用すれば「自分は手取り16万円」との暗示が自分で貯金するよりもかけやすいので、おすすめですね。

 

その3:ボーナスは無いものとする

「今期はボーナスが減ってしまった」「いやあるだけまし。うちの会社なんかボーナス無しよ」なんて会話を交わすことがありますね。しかし「ボーナスはもともと無い」と考えると面白いほどお金がたまる貯金方法になります。もともと無いと考えると「ボーナス一括払い」なんていう買い物はしなくなります。さらに「ボーナス無し」と言われてもがっかりしません。「ボーナス50%カット」と言われたら「もらえるの?」と大喜びです。

しかしこの貯金方法は、ボーナスが出るとしても無いものと考えるのです。そして出たボーナスは全額貯金します。貯金した後も、無かったものとして忘れましょう。そうすれば財布のひもが緩むことなく、通常の生活を送れます。月給の範囲内で毎月の生活を過ごしましょう。ボーナスを当てにしないような生活をしましょう。

 

その4:家計簿をつける

家計簿なんて無理!と思われるかもしれません。しかし今は簡単につけられる家計簿が増えてきました。私が使っているのはandroidの家計簿アプリです。スマートフォンで家計簿がつけられると、使ってすぐに記録できますので便利です。さらに自分で項目を作ってまとめられるので、自分仕様にカスタマイズできます。しかしあまり項目を多く作らないと長続きします。食費は、米・弁当・ドリンク…など分けるのではなく、食材・外食くらいにします。

家計簿の目的は、自分が何にどれくらいお金を使っているのか知ることです。つけはじめると「こんなに使っていたのか」とびっくりするでしょう。さらに「これは無駄だったから、今度は気をつけよう」と思いますので、月ごとにお金の使い方が上手になっていくのを感じるでしょう。家計簿はりっぱな貯金できる方法と言えますね。

 

その5:貯金箱を使う

どんなに簡単な家計簿もつけられない!という究極のものぐさ1人暮らしさんへの貯金方法は、原始的ですが貯金箱がおすすめです。貯金箱なんて子どもみたい、とあなどるなかれです。私は貯金箱で100万円ためて2回海外旅行に行けました。私の場合は「10万円たまる貯金箱」を使いました。100円均一のショップでも売っている缶タイプの貯金箱で、500円玉を貯金することで一杯になると10万円たまっているという仕組みです。

この貯金箱の利点は中身が見えない、ということです。中身が見えてしまうと開けて使いたくなる衝動に駆られます。さらにこれは蓋が開けられない缶のタイプなので、開けて使ってしまうことを防げるのです。財布に500円玉がやってきたらすぐにこちらに貯金しましょう。おつりで500円玉が来ると嬉しくなったら、この貯金方法が軌道に乗ってきた証拠です。満杯にたまって、貯金箱を開ける時の喜びはたまりませんよ!

この貯金方法で貯金する喜びを感じるようになったら、あなたはもう貯金体質になったと言えるでしょう。

 

その6:無駄な飲み会を断る

1人暮らしでお金がたまらない原因の一つに「飲み会」があるでしょう。飲み会は簡単に1万円札が飛んで行ってしまいます。それで無駄な飲み会は断る勇気を持つのも、貯金できる方法です。ここで大切なのは「無駄な」飲み会です。飲み会の中には大切な方との飲み会もありますし、とてもためになる話を聞けることもあります。しかしただ飲んでうっぷんを晴らすだけの飲み会は、時間もお金も無駄になります。

 

1人暮らしでも面白いほどお金がたまる貯金方法はいかがでしたか?

これを参考にすれば、どんなに貯金できなかった人もためる生活へ変身することができるでしょう。そして有効にお金を使うことで、よりいっそう豊かな暮らしを手に入れてくださいね。

 

まとめ

1人暮らしでも面白いほどお金がたまる!6つのおすすめ貯金方法

その1:給料日に貯金する
その2:積立預金を利用する
その3:ボーナスは無いものとする
その4:家計簿をつける
その5:貯金箱を使う
その6:無駄な飲み会を断る

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!