一人でもできる!畳の掃除とメンテナンスの楽ちんマニュアル7項目

一人でもできる!畳の掃除とメンテナンスの楽ちんマニュアル7項目畳には様々な利点があります。独特の肌触りと香りには癒しの効果もあるとされ、断熱性も高く、柔軟で、防音効果にもすぐれ、さらには保温効果や防臭効果、水分調節の機能まであり、まさに畳は、日本人の知恵の集大成とも言える貴重な床材なのです。フローリングや絨毯が主流となりつつある現代ですが、近年は外国からのブームもあり、改めて畳の良さが見直されてきています。

実際、畳の部屋にいると、それだけで何となく落ち着くという感覚、日本人なら誰もが感じたことがあるのではないでしょうか?今回は、そんな畳の掃除とメンテナンス方法を、昔ながらの知恵とあわせてご紹介していきたいと思います。

一人でもできる!
畳の掃除とメンテナンスの楽ちんマニュアル7項目

 

その1:子どもがお茶をこぼしちゃった!畳にシミができてしまったら?

畳の汚れで一番多いのが、何らかの液体をこぼしてしまってできるシミ汚れです。シミ汚れの最大の対策は、こぼしたらすぐに対応することですが、既にシミになってしまった後でも一応の対策はできますのでご紹介しますね。

①畳のシミ汚れを防ぐ方法
・こぼしてしまった液体は、畳に給水される前にできるだけはやくタオルやペーパーなどで吸い取り、食塩や小麦粉、ベビーパウダーやチョークの粉など吸水剤となる粉をかけます。
・まいた粉が湿ってきたら、歯ブラシなどで畳の目を傷つけないようにこすり、掃除機で粉を吸い取ります。
・最後にしっかりと乾いた雑巾で乾拭きをする。

②すでにシミができてしまっている場合
・非塩素系の漂白剤でこすり、すぐに固く絞った布で拭き取ります。
・その後十分に水拭き/乾拭きを繰り返す。

③液体別、畳掃除の有効手段
・インクをこぼしてしまった場合は牛乳で拭き取るのが有効です。汚れが落ちたら牛乳成分がしっかり抜けるまで水拭き/乾拭きを繰り返しましょう。
・クレヨンによる汚れには、乾いた布にクリームクレンザーを少量たらしてたたき拭きしましょう。
・油性ペンの汚れにはマニュキュアの除光液、水性ペンにはクレンザーを同様に用いてください。

畳は元々天然色ですので、基本的にもとの色に戻すのは非常に難しいです。上記の方法でも、完全にシミがとれるということは期待できませんので、目立たなくなる程度に実践していただくといいでしょう。

 

その2:畳にこびりついた汚れを掃除する方法

・こびりつき汚れには、塩を使用します。汚れの上に塩を撒いて畳目に沿ってブラッシング。塩が汚れを吸収して粉状になってきたら掃除機で吸い取ります。これを何度か繰り返しましょう。
・塩と歯ブラシでもおちない頑固な汚れについては、弱アルカリ性の洗剤を歯ブラシにつけて、汚れ部分をブラッシングしていきます。この時も畳目に沿ってブラシを動かすようにしてください。
・洗剤を使用した場合は、洗剤成分が残ってシミになってしまう可能性もあるので、水拭きと乾拭きを繰り返し、畳から完全に洗剤成分を取り除くよう心がけましょう。

 

その3:日焼けによる黄色い変色には?

・黄色く日焼けしてしまった畳には、お酢を用います。
・事前に掃除する箇所には掃除機をかけておきましょう。
・お湯で5倍程度に薄めたお酢をしみ込ませた雑巾で変色部分を拭き取ります。
・最後に完全に水分が抜けるまでしっかりと乾拭きをします。

 

その4:雨続きで畳にカビが生えてしまったら?

・カビには消毒用アルコールが有効。布にしみ込ませてから畳目に沿ってたたくように拭き取りましょう。
・アルコールでもおちないカビには薄めた中性洗剤を使います。
・畳の裏側(内側)にカビが発生した場合は、畳を軽く持ち上げ、床下に風を通すと改善されます。

 

その5:タバコでついた焦げ跡には?

焦げ跡は黒く変色するため非常に目立ちますから、色味を抜いてできるだけ目立たないようにしましょう。ただし、焦げ跡が広範囲にわたる場合は、畳表を張り替える必要がでてきてしまいます。

・柔らかい布やティッシュペーパーなどにオキシドールをしみ込ませて軽くたたき拭きをする。
・焦げ跡が固まりになっている場合は、表面を紙ヤスリなどで軽くこすってからオキシドールを使いましょう。
・オキシドールによって表面が漂白されますので、焦げ跡は目立たなくなります。

 

その6:寝室は特に要注意!畳にダニが発生してしまった場合の対処方法

ダニは一度発生すると、なかなか一斉退治が難しいものです。ですので普段からダニが発生しないような環境づくりをしておくことが重要なのですが、そのためには湿気が大敵となります。畳の上に絨毯を敷いたり、布団を敷きっぱなしにしていると、畳本来の湿度調節機能が発揮されず、湿気がこもってしまいます。理想は年に2回の天日干しですが、難しければ畳を持ち上げ、風通しをしてあげるだけでも湿気はずいぶんと解消されます。

・ダニの駆除には部屋全体に燻煙剤を使用する。
・畳の内側に入り込んでいるダニや卵には効き目がないので、2週間をめどに数回繰り返す。
・ダニ退治に成功したら、改めて換気を意識し、防虫シートを敷くなどの予防策をとる。

 

その7:畳に家具跡がくっきりとついてしまったら?

最後に、直接的な汚れはなくても畳に家具の跡がくっきりとついてしまった時の対処法です。

・お湯で湿らせた雑巾をしっかり絞り、へこみ傷の上に当てる。
・その上からアイロンをあてる。
・ムワァッという蒸気が上がったら、アイロンと雑巾をはずし、ドライヤーや扇風機で早めに乾かす。
・熱のこもった状態では傷がつきやすいので、乾拭きなどは極力避ける。

家具を置く時には、事前に足の間に小さな板などを挟むとよいですね。

 

いかがでしたか?一人でもできる!畳の掃除とメンテナンスの楽ちんマニュアル7項目をご紹介しました。

畳のメンテナンスには、「裏返し」「表替え」「新畳」という3つの行程があります。畳を裏返すのがだいたい3年?5年、畳床を残し、畳表と畳縁を張り替える「表替え」が7年?8年、元々の畳の質や使用感により異なりますが、10年以上経過した畳は、たいてい全てを「新畳」に新調するのが普通です。これらの行程は専門の職人の技となりますから自分ですることはできませんが、毎日のお手入れや掃除は、自分の手で何とかなりますので、ぜひこのマニュアルを参考にして、ご自身でも畳のケアに挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

一人でもできる!畳の掃除とメンテナンスの楽ちんマニュアル7項目

その1:子どもがお茶をこぼしちゃった!畳にシミができてしまったら?
その2:畳にこびりついた汚れを掃除する方法
その3:日焼けによる黄色い変色には?
その4:雨続きで畳にカビが生えてしまったら?
その5:タバコでついた焦げ跡には?
その6:寝室は特に要注意!畳にダニが発生してしまった場合の対処方法
その7:畳に家具跡がくっきりとついてしまったら?

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!