そうだったのか!掃除のやる気を起こす5つの方法

そうだったのか!掃除のやる気を起こす5つの方法掃除をやる気になる時って、どんな時ですか?たいていの場合、友達や恋人が遊びに来る時ではないでしょうか。もしくは、両親が来る、彼のお母さんが来るなど、自分以外の人が部屋を訪れるとなったら、「掃除しなきゃ…」となりますよね。でも、ちょっと待ってください。それでは、誰かが来なければ掃除できないということですか?それは問題ですね。「週一回くらい、なんとかやっているよ」という人でも、時には「今日はやる気がでない…」ということも。

別に誰も来る予定がなければ、誰にも迷惑をかけることもありませんし、ついつい、おろそかにしがちなポイントもあります。実は、掃除のやる気を出すには、ちょっとしたマインドテクニックが必要です。自分の意思をコントロールして、お部屋をきれいに掃除しましょう。

そうだったのか!掃除のやる気を起こす5つの方法

 

その1:このままでは「汚部屋」になる!反面教師

世の中上には上がいるもので、「汚部屋」と呼ばれる、他人が立ち入れないような乱れた部屋に住む人が意外といます。ネットで検索すると、こうした末期状態の部屋をなぜか公開している人がいるんですね(笑)。芸能人や有名人でもいて、筆頭にあげるとしたら作家の中村うさぎさん。テレビ番組に取り上げられるほどの「汚部屋」です。

虫がわいている部屋すらあります。こうした「先輩」の事例を目の当たりにすると、「や、やばい…」と戦慄すること間違いなし!なにしろ、このまま掃除をしなければ自分の部屋も同じような状態に陥ってしまう可能性があるからです。怖いもの見たさ、ではありませんが、自分へ警告する意味で見てみるとやる気が出ますよ。

 

その2:「掃除の達人」の言葉でやる気を引き出す

最近話題のキーワードの一つが「断捨離」。この「断捨離」について論じているのが、やましたひでこ氏。偉大なる「掃除の達人」のありがたいお言葉は、きっと「自分もやらなくては!」という気を起こさせてくれます。

もう一人の達人は、「こんまり」の愛称で知られる近藤麻理恵さん。『人生がときめく片づけの魔法』が爆発的大ヒットでしたね。掃除や整理整頓で人生までもがかわっていくと言われたら、だまされたつもりで一度試してみたいですよね。youtubeで本人のコメントも見られます。

他にも、掃除上手な主婦のブログは多数あり、「こんなものを使って掃除ができるのか!」と目からうろこの掃除術なども紹介されているので、非常に参考になります。最近多く出版されている収納関連の雑誌も、散らかった荷物を上手にしまう方法が紹介されているので要チェックです。

 

その3:掃除のやる気が起こるBGMをオンエア!

「さあ、やるぞ!」という気持ちになったら、まずはオーディオに向かってみてください。そして、自分にとって一番やる気が出そうな音楽をかけましょう。爽やかな曲、アップテンポの曲だけでなく、好きなバンドのCDでも、映画のサントラでもいいんです。要するに、自分にとって心地よい空間が演出できればそれでOK。上手に自分を盛り上げて、「きれいにしよう!」というモチベーションを高めてください。音楽のノリに合わせて、楽しくお掃除しちゃいましょう。

 

その4:まずは形から…。道具をそろえてみる

ホームセンターなどに行くと、バラエティに富んだ掃除グッズに出会うことができます。浴室用、洗面台用、キッチン用など水回りだけでも細分化された掃除グッズの数々に、思わず心がおどります。

床のホコリがおもしろいようにとれる吸着シートや、水だけで汚れが見事に落ちるメラミンスポンジなど、掃除を楽しめるようなグッズも多数。お金はかかりますが、だからこそ「せっかく買ったのだから」という気持ちになって、掃除をやる気になります。

 

その5:この気持ちを忘れない!キレイになった部屋をパチリ

やる気を奮い立たせて掃除をしたら、今度はその状態をキープすることが大切。そのために効果的なのが、「掃除した直後の部屋を写真に撮っておく」ことです。こうすることで、掃除してからしばらくたった時に見返せば、「あ、少し散らかってる」と気づくことができます。ベストな状態を記録しておくことで、継続的に掃除へのモチベーションを保つことができるのです。

それでも万が一、もとに戻ってしまったら、その時も写真を見返しましょう。写真に写っているのは、一度は自らの手で完遂した掃除の成果。「一度できたんだから、もう一度できるはず!」とも思えますよね。

 

いかがでしたか?掃除のやる気を起こす5つの方法をご紹介しました。

当然のことですが、部屋は汚いよりキレイな方が快適ですし、清潔感もあっていいですよね。とはいえ仕事が忙しかったり、家にいなかったりとなかなか掃除ができないという人ほど、やり始めると隅々まできれいにしたくなるもの。「最近、部屋がちょっと汚いなぁ…」「週末に彼女が遊びに来る!」という人は、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

そうだったのか!掃除のやる気を起こす5つの方法

その1:このままでは「汚部屋」になる!反面教師
その2:「掃除の達人」の言葉でやる気を引き出す
その3:掃除のやる気が起こるBGMをオンエア!
その4:まずは形から…。道具をそろえてみる
その5:この気持ちを忘れない!キレイになった部屋をパチリ

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!