こんなのも自宅で洗濯できるの?マスターしたい6レシピ

こんなのも自宅で洗濯できるの?マスターしたい6レシピ自宅で洗濯出来ないけど、クリーニング代が高く付くから放置しちゃってるものありませんか?汚れちゃったから新しいのを買おうかと思っているもの、家の中にありませんか?でもそれ、洗い方を知らないだけで、もしかしたら家で洗濯できちゃうかも…。捨てる前にちょっと待った!クリーニング代を節約したい方のために、自宅で簡単に洗濯できちゃうものを紹介しましょう♪

今回ご紹介する洗濯方法を行うときは、必ず色落ちチェックを行ってください!チェックの仕方は、目立たない部分に洗浄液を付け、少し経ってから白いタオル等で軽く叩くだけです。タオルに色が付いたら色落ちするので、洗濯するのはやめて、クリーニング屋さんにお願いしましょう。ほんの少しの色落ちであれば洗濯できますが、他の洗濯物と一緒に洗わない・水に付ける時間を出来るだけ短くすることを心がけましょう。

こんなのも自宅で洗濯できるの?
マスターしたい6レシピ

 

その1:ダウンジャケット

一見洗えなさそうなダウンジャケットですが、洗い方に気をつければだいたいのものは洗濯できちゃいます!ポイントは、必ずおしゃれ着洗い(中性洗剤)を使うこと。アルカリ性だと素材を痛めてしまう可能性がありますので使用しないでくださいね。また、レザー素材のものは洗濯できませんので、クリーニング屋さんに相談を。洗濯する事前準備として、取り外せるファーや装飾などは取っておきましょう。

1.洗濯機の中に水またはぬるま湯を張り、洗剤を薄める。
2.ダウンジャケットを浸して、優しく押し洗いする。
3.すすぎ→短めに脱水をする。
4.また水またはぬるま湯を貯め、2、3の工程を2回ほど繰り返す。
5.最後の短めの脱水が終わったら、手で中の羽毛を整えて、ハンガーにかけて日陰干しする。

羽毛は乾きにくいため、風通しの良い日陰に干すか、室内乾燥機を使うといいでしょう。干している時も、時々中の羽毛をほぐして形を整えるようにしましょう。最後のすすぎで柔軟剤を使って、中の羽毛をふんわりさせることを忘れずに。注意点は、中の素材を痛めてしまうので、もみ洗いをしないこと。もちろん、干している時に羽毛をほぐすときも、もまずに叩くようなイメージで!

 

その2:毛布

毛布のクリーニング代って結構かかるんですよね…。少し手間がかかりますが、アクリル、ポリエステル、綿の素材であれば洗濯ができます。洗濯機に「毛布コース」があれば、それでバッチリですが、洗濯機に入りきらない場合はお風呂の残り湯を使って踏み洗いをしましょう!この踏み洗いが良い運動になるので、ダイエットにも効果的かも?水を含んだ毛布は重たいので、腰を痛めないように気をつけてください。

1.風呂桶の残り湯に中性洗剤を溶かす。
2.折りたたんだ毛布を入れ、踏み洗いする。
3.踏みながらしっかり脱水をし、再度水を張りすすぎを行う。※すすぎも踏みながら
4.柔軟剤を入れて、もういちどすすぎを行う。
5.脱水をしたら、水の滴りがなくなるまで風呂桶の縁にかけておく。
6.軽くなってきたら、物干し竿を2本使ってM字型に干す。

 

その3:カーテン

意外と汚れていて、タバコや食べ物などの臭いを吸ってしまっているカーテン。自宅で簡単に洗濯できます。ただし特殊な素材を使ったカーテンもありますので、必ず洗濯表示を確認するようにし、選択不可のものはクリーニング屋さんにお願いしたほうが良さそうです。カーテンの洗濯中は外から部屋が丸見えになっちゃいますので、そこは気をつけて。

カーテンは洗濯機の「手洗いモード」を使えばOKです。コンパクトに畳んでネットに入れるのを忘れずに。洗濯が終わったら、そのままカーテンレールにかけて自然乾燥させれば問題ありません。水の重みでシワものばしてくれます。ちなみに、洗濯機にカーテンが入らないようであれば、その2:毛布の洗い方と同じように、風呂桶を使えば大丈夫です。

 

その4:ぬいぐるみ

お気に入りのぬいぐるみ、洗濯していますか?たまには洗濯でメンテナンスをしてあげましょう。その1:ダウンジャケットと同じく、レザー素材のものは避けてください。洗い方は、手洗いまたは洗濯機の手洗いコースで丸洗いすればOKです!ふんわりさせるために柔軟剤も忘れないでくださいね。脱水は洗濯機で短めに行い、中の綿の偏りを整えたら、型崩れしないように干してください。

形が崩れてしまうのでは?という疑問は、干し方で解決できます。綿が入っていない耳やしっぽ部分を洗濯バサミで止めて干すか(重さでちぎれないように注意して!)、風通しのいい場所にネットの上へ置いて干しましょう。中が乾きにくいので、晴れた日に洗濯することをおすすめします。完全に乾く前に、ぬいぐるみの毛並みを整えてあげるように優しくブラッシングしてあげると、仕上がりがさらにきれいになりますよ!

 

その5:ニット

おしゃれは清潔感から!お気に入りのニットも自宅で洗濯しましょう。ニットが縮んでしまうのは強くこするなどの刺激が原因ですから、徹底的に刺激を減らせば問題ありません。洗濯機ではなく、中性洗剤を溶かした水またはぬるま湯で優しく手洗いをします。この時、ニットは畳んで浸すようにし、揉むように洗うのではなく優しく押し洗いで。

また、水に浸かっている時間も刺激になりますので、できるだけ5~10分以内に洗いを完了させます。その後のすすぎも優しく、素早くがコツです。洗った時と同じ温度の水ですすぐようにすると、縮みを予防することができます。タオルドライした後、なるべく平らな場所に、形を崩さずに広げて日陰に干します。ハンガーなどで吊るして干すと、水の重みでニットが伸びてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

その6:スニーカー

汚れちゃったから捨てちゃおうかな…と思っているスニーカー、もったいない!お気に入りであれば、捨てる前に洗濯してみましょう。布製であれば簡単に洗えちゃいます。水洗いする前に靴紐・中敷きは取って、埃や泥はブラシで取り除きます。水またはぬるま湯に中性洗剤を溶かし、スニーカーを漬け置き・もみ洗いをすればOKです。靴底のゴム部分はブラシでこすって汚れを落とします。

汚れが落ちたら綺麗な水で洗い流し、日陰の風通しのいい場所で乾燥させます。ハンガーの両端を上方向にぐにゃりと曲げると、靴を引っ掛けて吊るすのにピッタリです♪外した靴紐や中敷きも同じように洗ってあげてください。革素材は水洗いすると劣化するものもあるため、柔らかい布で水拭きをする程度に止めておくのをおすすめします。

 

いかがでしょうか?自宅で洗濯できちゃうものとその洗濯方法をご紹介しました。

確かにクリーニング屋さんにお願いすれば早いのですが、少しの手間で簡単に自分で洗濯できちゃうのです。汚れが気になった時に洗えると、気持ちもすっきりしますし、長く使えて愛着も湧いてきます。ただし、必ず洗濯表示と色落ちのチェックは行ってくださいね。クリーニングと洗濯を上手く使い分けて、お気に入りの物をいつも清潔に保ちましょう♪

 

まとめ

こんなのも自宅で洗濯できるの?マスターしたい6レシピ

その1:ダウンジャケット
その2:毛布
その3:カーテン
その4:ぬいぐるみ
その5:ニット
その6:スニーカー

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!