ロマサガ2 最初から最終皇帝でチートプレイする5つのポイント

ロマサガ2 最初から最終皇帝でチートプレイする5つのポイントフリーシナリオという画期的なシステムで大人気となったRPGのロマサガシリーズ。その中でも特に評価の高いロマサガ2ですが、初代と違って世代交代のシステムが採用されていますよね。能力や技を次世代に受け継いで長い歴史を刻んでいくストーリーもこの作品の魅力の1つです。その反面、クリアまでとても長い時間が掛かってしまいます。もう少しサクッと進めたいというプレイヤーもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、序盤から最終皇帝(他に皇帝継承できるキャラがいなくなった最後の皇帝)でチートプレイする上での5つのポイントをご紹介します。

ロマサガ2 最初から最終皇帝で
チートプレイする5つのポイント

 

その1:初代皇帝にソウルスティールを受けてもらう

世代交代システムが特徴のロマサガ2。能力や技も受け継がれていきます。序盤、初代皇帝レオンはイベントで敵であるクジンシーに敗北しますが、その際、敵の技「ソウルスティール」を受けてもらいます。すると、レオンはこの技を見切ります。そして、この技を息子のジェラールに伝承法で引き継ぎます。ここで、初代皇帝レオンは死亡となり、ジェラールが第2皇帝となります。

レオン対クジンシーの戦闘はイベントですので必ず全滅しますが、レオンがソウルスティールで攻撃されていることが重要です。

 

その2:クジンシーと対戦(※イベントではない)するまでに皇帝候補者全てに継承してしまう

さて、初代皇帝レオンの死により第2皇帝ジェラールが誕生したわけですが、皇帝の代が継承されるのは在任中の皇帝を含む現行パーティーが全滅するか、現皇帝のLPが0になった場合です。つまり、皇帝候補者を次々と継承させていくということは、継承した皇帝に即位してすぐに亡くなって頂くということなのです。少々非人道的な方法かもしれませんが、ここはチートプレイのために心を鬼にして進めましょう。

パーティーに加えることができる種族が増えると皇帝候補者も増えるので、初期の段階で実行するのが最短の方法になります。それでも皇帝候補者は総勢72人です。初期の皇帝数世代は、技を継承させることを考えながら散って頂きます。ある程度技も継承できたら、あとはひたすら全滅→新皇帝即位を繰り返します。重ねてになりますが、本当に心を鬼にしてください。

 

その3:最強の装備を2セットゲット

かなり荒っぽい方法ですが皇帝候補者72人を短期間で継承させると、晴れて最終皇帝までたどり着きます。この時、最終皇帝はムーンライト(大剣)、ハルモニアスーツ(全身鎧)、精霊の指輪といった装備を身に付けています。本来、ゲーム終盤に登場するはずの最終皇帝ですから、かなり強力な装備です。実は、アバロンの城内の倉庫に同じものがもう1セット保管されているのです。これを忘れず入手しましょう。

ちなみに、序盤イベントにも登場したクジンシーは最終的な討伐目標である七英雄の1人で、この後で実際に対戦することになりますが、皇帝の強さと装備がまさにチートなのであっさり倒せてしまいます。

 

その4:ヌオノの武装商船団を服従させる

最初から最終皇帝を出現させると、通常プレイで起こるイベントの一部が発生しません。そのため、行動の選択が限られてしまうことがあります。そんな中で、最後までクリアするために最も注意しなければならないことが、武装商船団を仲間にできる状態にする、つまり服従させておくということです。武装商船団を仲間にできないと、重要アイテム「詩人のファゴット」を手に入れることができなくなります。

ですので、モーベルムの港に停泊している船の船長を斬り倒してヌオノに乗り込み、商船団を服従させておきましょう。服従させられるタイミングで服従させておかないと、詩人のファゴットも入手できなくなります。そして、この後でご紹介しますが、詩人のファゴットが2度と手に入らない状態になってしまったら、“詰み”となってクリアできなくなってしまいますので、充分に注意してください。

 

その5:早めに詩人の楽器を全て揃えておく

先にご紹介した通り、最初から最終皇帝を出していることで色々と制限されることがあります。敵である七英雄のリーダー、ワグナスが居る浮遊城へ行く方法が限られてしまうのです。最初から最終皇帝を出していると年代ジャンプをしないので、浮遊城へ行くために使用するアイテム「人力風起こし」が使えません。なので、浮遊城へ行くためには、必然的にヤウダのチカパ山に暮らしているイーリスに依頼して送ってもらうことになります。

そして、イーリスに依頼するためには詩人の楽器を全て揃えていなければなりません。その4でご紹介した武装商船団を服従させていなければ、この段階で詩人のファゴットを入手できなくなって詰みということになるのです。詩人の楽器はファゴットも含めて早めに全て揃えるようにしておきましょう。

 

いかがでしたか?ロマサガ2 最初から最終皇帝でチートプレイする5つのポイントをご紹介しました。

最初から最終皇帝でプレイをすると、年代ジャンプをすることがありませんから、非常にサクサクとゲームを進められます。最初から強力な装備を2セットもゲットできるというチートな状況で、皇帝は技の強化や閃きの取得に力を入れてプレイすることができるのです。もちろん、行動範囲やイベントの制限など不便な点もありますが、ロマサガ2の新たな楽しみ方としてこのチートプレイでクリアしてみるのもおススメです。

名作RPGのロマサガ2を違った角度から楽しめるこのチートプレイ。ぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

ロマサガ2 最初から最終皇帝でチートプレイする5つのポイント

その1:初代皇帝にソウルスティールを受けてもらう
その2:クジンシーと対戦するまでに皇帝候補者全てに継承してしまう
その3:最強の装備を2セットゲット
その4:ヌオノの武装商船団を服従させる
その5:早めに詩人の楽器を全て揃えておく

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!