あっという間に終わってピカピカになるフローリング掃除5つの方法

あっという間に終わってピカピカになるフローリング掃除5つの方法フローリングの掃除は皆さんどのようにしていますか?フローリング掃除をしているつもりでも、すぐほこりがたまってしまったり、べたべたとした汚れがついてしまうということはよくありますよね。最初はピカピカだったのに、くすんでしまったという方もいらっしゃるでしょう。今回は、あっという間に終わってピカピカになるフローリング掃除5つの方法をご紹介します。この方法なら面倒なフローリング掃除が楽しくなりますよ。

あっという間に終わってピカピカになる

フローリング掃除5つの方法

 

その1:ウエットタイプのフローリングワイパーを使う

フローリング 掃除の手軽な方法は、フローリングワイパーを使うという方法です。雑巾でふくのは大変!という方には、かがまずに手を汚さずにさっときれいにできるフローリングワイパーはおすすめです。ここでフローリングワイパーを使ったフローリング掃除の基本的な方法をご紹介します。まずほうきや掃除機で目に見えるゴミを取っておきます。その後ホコリ取り用のフローリングワイパーをかけておくとさらにGOODです。

次にフローリングワイパーにウェットタイプのシートをはめ込み、木目に沿って汚れを拭きとります。ベタベタした皮脂汚れが落ちて、くすみも抜け、ピカピカになりますよ。注意点はフローリングのゴミを掃除してからでないと、フローリングの傷の原因にもなります。普段の掃除で見た目はきれいになったとしても、ウェットシートで拭いてみると意外と汚れていることに驚かれると思いますよ。フローリング掃除が楽しくなるグッズです。

 

その2:フローリング洗剤を使う

次にフローリングワイパーだけでは落ちなかった汚れの掃除方法をご紹介します。まずほうきや掃除機やホコリ取り用のフローリングワイパーでゴミやほこりを取り除きましょう。それから用意するのはフローリング用洗剤と乾いた雑巾です。まず雑巾に、フローリング洗剤を表示通りの量をかけます。次に洗剤が付いた側を床に当たるようにして、雑巾がけを行います。フローリングの床の汚れが取れ、ツヤが出たら完成です。

フローリング洗剤で掃除すると二度拭きがいらないので、簡単にツヤツヤになります。ワックス効果のあるものも多いので、しっかりフローリングのゴミやほこりを掃除してから使いましょう。特に台所や玄関など、汚れのひどいフローリングにおすすめです。

 

その3:米のとぎ汁を使う

洗剤を使わないエコな方法でフローリングのお掃除をするのもおすすめです。ここでもまずほうきや掃除機でゴミをしっかり掃除しておきます。次にバケツに米のとぎ汁を用意します。雑巾をバケツに浸して、固く絞ります。次に木目に沿って一方向に拭きあげます。フローリングの目地や部屋の隅も、しっかり雑巾を押さえつけて拭きましょう。米のとぎ汁をフローリング掃除に使い続けると、フローリングに少しずつツヤが出てきます。

地球にやさしく、肌を痛めることもなく、費用もかからないので、米のとぎ汁を使ったフローリング掃除試してみてくださいね。

 

その4:ワックスをかける

年末の大掃除でフローリングを掃除してワックスをかける方もいらっしゃると思いますが、面倒だと敬遠される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、フローリングは木でできていますので、コーティングを常に塗り直さないと、フローリングを痛めてしまいます。それでここでは、簡単にワックスをかける方法をご紹介します。まず掃除機でゴミやほこりや髪の毛はしっかり残さず取り除いておきましょう。

さらにその1~その3で取り上げたような方法で、ほこりや、皮脂のベタつき汚れやシミを拭き取っておくようにします。次にフローリングワイパーを用意し、シート部分にワックスを染み込ませられるシートをつけます。部屋の出入口から一番遠い位置の床からフローリングの木目に沿って、ワックスを塗り、床にしっかりしみこませるようにします。後ずさりりしながら塗るようにすると、ワックスを塗った場所を踏みつけてしまうことを防げます。

30分ほど乾燥させます。一番最後に塗った部屋の出入り口部分を触って、しっかり乾いているか確認しましょう。二度塗りをする場合は、乾いてから同じ工程を繰り返します。むらなく塗るコツは、一度に広い面積を塗るのではなく、小さく区切って丁寧に塗りましょう。力を入れてごしごし塗るのではなく、丁寧に薄く伸ばすようにしましょう。とっても簡単な方法なので、大掃除の時だけではなく、気づいた時に手軽に掃除でできますね。

ピカピカのフローリングは気持ちが良いですし、表面をコーティングして、キズや汚れが付きにくくなるので、普段の掃除も楽になりますよ。

 

その5:気づいたら汚れを取り除く習慣をつける

フローリングのほこりや砂は、変色や傷の原因になります。それで気づいたら掃除機かホコリ取り用シートのフローリングワイパーなどを使ってささっと掃除することを習慣にしましょう。フローリングワイパーやハンディタイプの掃除機を手近なところに置いておくのがおすすめです。水周りの床は、かかった水を素早く拭き取りましょう。私はいらない服やタオルの端切れをかわいい箱に入れて、部屋のあちこち置いておき、濡れたらサッと拭くようにしています。

汚れは時間が経つと取れにくくなるので、気づいたときにすぐフローリングをささっと掃除を行うと、きれいをいつまでもキープできます。

 

簡単でピカピカになるフローリング掃除の5つの方法はいかがでしたか?

面倒に思えるフローリング掃除も、今回ご紹介した方法ならすぐに終わって気軽にできますね。ぜひ習慣にしてピカピカのフローリングで気持ちの良い毎日を送ってくださいね。

 

まとめ

あっという間に終わってピカピカになるフローリング掃除5つの方法

その1:ウエットタイプのフローリングワイパーを使う
その2:フローリング洗剤を使う
その3:米のとぎ汁を使う
その4:ワックスをかける
その5:気づいたら汚れを取り除く習慣をつける

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!