ワンピース 単行本ならではの魅力とは?5ステップ

ワンピース 単行本ならではの魅力とは?5ステップワンピースをアニメや週刊誌ではじめて見たという方は数多くいるでしょう。しかしながら単行本を購入し、読んでいる方はどれだけいるでしょうか?一度読んだり見たりすると満足してしまい、単行本を購入することは少なくなってしまいます。しかしながら単行本ならではの魅力があるのです。今回はワンピースファン必見!単行本の魅力をわずか5ステップで紹介します。

ワンピース 単行本ならではの魅力とは?5ステップ

 

その1:扉絵の魅力

まずは扉絵です。ワンピースの扉絵はセリフのない漫画になっており、実際に話がつながっています。セリフはありませんが、枠外に絵の題名が書かれています。つなげてみるとパントマイムを見ているようにセリフを想像して読むことができるかとおもいます。また、その扉絵がいくつかまとまって、アニメでは第46話 「麦わらを追え!小さなバギーの大冒険」として放送されています。

アニメ化できるほどしっかりとストーリー展開がある扉絵が楽しめるのはワンピースならではです。もちろん、週刊誌でも同じように見ることはできますが、単行本であればまとまって見ることができるので、やはりワンピース 単行本がお勧めです。また、本編ではもう登場しないようなキャラクターの「今」を見ることができるのも大きな魅力でしょう。過去に登場した仲間達や、友人達、そして宿敵達が何をしているのか。ぜひご覧ください。

 

その2:企画の楽しさ

次の魅力は単行本ならではの企画です。人気投票が週刊誌の特権ならば、単行本ならではの特権はイラストの紹介ではないでしょうか?ファンの人達が投稿したイラストを見ることができます。クオリティの高いものからほほえましいもの。また読者が考える夢のイラスト(エース関連のイラストが特に数多くあります。)を見れるのはこの単行本だけなのです。

また、ちょっとしたゲームが付属している単行本の巻もあります。一人で楽しめるかは少し疑問ですが、ワンピースファン同士であればかなり話の弾むネタであることは間違いありません。更に作者が書いた特別なイラストもあり、そこからは作者がそのキャラクターに込めた思いなどを読み取ることもできます。数多くの人気キャラがいるワンピースですが、あなたの好きなキャラクターも特別仕様で描かれているかもしれません。

 

その3:あとがき

作者のあとがきやちょっとしたエピソードが楽しめるのもワンピース 単行本の魅力です。他の単行本にもいえることですが、ワンピースのあとがきの中でも、特に町や船、能力や服装の設定資料やちょっとしたエピソードや秘話がさらりと書かれています。これだけでもファンなら十分楽しめます。本編はアニメや週刊誌でも見ることができますが、あとがきが見れるのは単行本だけです。

 

その4:表紙に隠れた遊び心

単行本を持っているひとでも見逃しがちなのが、この「表紙に隠された遊び心」です。どういうことかといいますと、単行本には表紙があります。そして必ず表紙カバーがついています。このカバーをはずすのです。白黒で表紙カバーと同じイラストが表紙として描かれているのが通常ですが、単行本の中には作者の遊び心で、まったく違うイラストやちょっとした漫画が隠れている場合があるのです。

そして、ワンピースの単行本にも、「表紙に隠された遊び心」は存在します。特にワンピースはいろいろなパターンがあり、1冊ずつ外してみるとなかなか楽しめます。すべてにあるというわけではありませんが、中には「なぜこのイラスト?」というものや完全にウケを狙ったものまで存在しています。単行本をそろえている方でも意外と見落としがちなので、ぜひチェックしてみてください。

 

その5:パンダマン

パンダマンをご存知でしょうか?アニメだけの方はまず知らないはずです。週刊誌で連載を読んでいる方は姿だけはみたことがあるかもしれません。これは単行本を読んでいる方だけにわかる、ワンピースの代表的な小ネタです。「パンダマン」というキャラクターがいるのです。見た目を簡単に説明するとパンダの顔の部分だけ着ぐるみをかぶった人間です。

このパンダマン、単行本の裏面ちょくちょく登場するのがほとんどなのですが、実は本編の中でもかなり微妙な部分に隠れていたりします。完全に作者の遊び心からきているのでしょうが、パンダマンを見つけられたら本当のツウといえるでしょう。「本当にそんなのいるの?」と思われるかもしれませんので、1つだけ居場所の大ヒントを書いておきます。

チョッパーが麦わら海賊団とはじめて出会った巻で隠れているつもりで隠れられていないチョッパーの後ろをよーくご覧ください。見つけられたでしょうか?普通に読んでいるだけではまず見つけられないような微妙な登場です。この他にも、いろんなところに隠れています。「我こそはワンピースマニアだ!」という方はぜひ隠れているパンダマンを探し出し、周りに自慢しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。ワンピース 単行本ならではの魅力とは?5ステップを紹介しました。

単行本は何も必ず購入しなければいけないわけではありません。今回紹介したものを確認するなら漫画喫茶などでも簡単に観覧できます。アニメや週刊誌でしかワンピースを知らない方は、いろんな楽しみ方のある単行本もぜひ読んでみてください。

 

まとめ

ワンピース 単行本ならではの魅力とは?5ステップ

その1:扉絵の魅力
その2:企画の楽しさ
その3:あとがき
その4:表紙に隠れた遊び心
その5:パンダマン

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!