人気作品の都市伝説★ワンピース「ひとつなぎ大の秘宝」の正体5説

人気作品の都市伝説★ワンピース「ひとつなぎ大の秘宝」の正体5説原作コミック、アニメ共に大人気作品のワンピース。物語も折り返しを過ぎ、様々な伏線が回収されながらも新たな謎や伏線が登場するこの作品は、都市伝説の宝庫ですね。中でも、ワンピースファンにとって一番気になるのは、作品のタイトルにもなっている“ワンピース”「ひとつなぎの大秘宝」の正体は何か、ということではないでしょうか。

そこで今回は、ワンピースファンの誰もが気になっている「ひとつなぎの大秘宝」の正体についての都市伝説を5つご紹介しましょう。

人気作品の都市伝説★ワンピース
「ひとつなぎの大秘宝」の正体5説

 

その1:オールブルー

麦わらの一味のコックであるサンジがルフィの仲間になったきっかけであり、旅の最終目標としているオールブルー。サンジの認識では、東西南北全ての海の魚が泳ぎ、あらゆる海の食材が揃う伝説の海とされています。食材というのはコックであるサンジの視点なので、すべての魚類の原種が住んでいる幻の海域があり、それが真のオールブルーではないか、という説です。

ただ、オールブルーは「ひとつなぎ」という意味ではそれらしい感じもしますが、「大秘宝」というには少し違和感もあります。どちらにしても、「ひとつなぎの大秘宝」を得るための手段や道筋、またその大秘宝そのものに何らかの関わりはありそうですね。

 

その2:古代兵器

古代兵器とは、世界を滅ぼすことができると言われている、神の名前を持つ兵器のことです。具体的には「プルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」の3つ。現在、「プルトン」は、麦わらの一味の船大工であるフランキーが設計図を受け継いだ造船史上最悪の戦艦のこと。そして「ポセイドン」は、巨大海王類と対話して動かすことのできる伝説の人魚姫、リュウグウ王国王女のしらほし姫のことだということがわかっています。

最後の「ウラヌス」はまだ名前が登場しただけで詳細はわかっていません。「プルトン」が陸、「ポセイドン」が海に関連している兵器なので、「ウラヌス」は空に関係する兵器ではないかという都市伝説があります。また、「ポセイドン」がしらほし姫=人魚だったことから、「ウラヌス」も人物である可能性、そして空と関係するという説と合わせて、その正体は天候を操れる麦わらの一味の航海士・ナミではないかという都市伝説もあります。

古代兵器については、まだまだ謎が多いので全貌が明らかになってくれば、この都市伝説の信憑性についても変化してくるのではないでしょうか。

 

その3:天地創造(神)の力

この説は先にご紹介した古代兵器とも関連するかもしれませんが、「ひとつなぎの大秘宝」とは絶大な威力を持つ古代兵器のような具体的な物ではなく、その兵器などを駆使することで得られる世界すら操る事のできる絶対的な力のことではないか、という都市伝説です。いわば神にも匹敵する存在となり、ルフィ達が活躍する“ワンピースの世界”全てを手中に治めるということでしょうか。

この都市伝説では、かつてルフィとの闘いに敗れ、月へと旅立ったエネルが再び登場するのではないかという見方もあります。表紙連載で月へ向かったエネルのその後が描かれていますが、確かに、あのまま月に留まっているとは思えません。自らを神と呼んでいたエネルですから、月で得た機械人形の軍団を率いて、まだまだ活躍しそうな雰囲気はあります。

また、月の存在そのものも、ひとつなぎの大秘宝に何らかの関係があるかもしれませんね。

 

その4:失われた王国

麦わらの一味の考古学者・ロビンの故郷、オハラで歴史の本文(ポーネグリフ)の解読を行っていたクローバー博士がその存在に気付いた、ある失われた王国。跡形もなく滅んでしまった王国ですが、世界政府にとって脅威となるほどの力を誇っていたと言われています。そして、世界政府がこの王国に関する情報をかなり執拗に抹消していることからも、重要性がかなり高いことが予想されます。

世界政府はこの王国の存在を知ったクローバー博士を殺害し、優秀な考古学者や貴重な文献もろともオハラを滅ぼしてしまいます。それだけ、この失われた王国の存在は、現在の世界にも大きな影響を及ぼすものであることは間違いなさそうです。

 

その5:真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)

先ほどの、失われた王国説とも関連が深いのが、真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)がひとつなぎの大秘宝の正体であるという都市伝説です。ただ、モノとしては真の歴史の本文ですが、記されている内容こそが重要で、失われた100年の歴史であるとか、失われた王国を含めて世界の歴史の真実についてであるとか、あるいはその2でご紹介しました古代兵器の使い方であるなど、色々な説があります。

このワンピースの都市伝説が有力であれば、ひとつなぎの大秘宝を見つけてからが、本当のクライマックスになるような気もします。いずれにしても、真の歴史の本文はかなり重要なキー・アイテムになりそうですね。

 

いかがでしたか?人気作品の都市伝説★ワンピース「ひとつなぎの大秘宝」の正体5説をご紹介しました。

物語の終盤に明らかになるであろう、この「ひとつなぎの大秘宝」に関しては、多くの人がその正体が何なのか期待をしながら、独自の解釈や考察を楽しんでいます。ワンピースの魅力の一つは、こうした都市伝説が多く生まれるほど、物語に謎や仕掛けが巧みに散りばめられているという点ではないでしょうか。

「ひとつなぎの大秘宝」の正体、そして、ルフィ達の旅の結末がどうなるのか、今から楽しみですね。

 

まとめ

人気作品の都市伝説★ワンピース「ひとつなぎ大の秘宝」の正体5説

その1:オールブルー
その2:古代兵器
その3:天地創造(神)の力
その4:失われた王国
その5:真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!