おのれアーロン!ワンピース第37話の3つの見どころ

おのれアーロン!ワンピース第37話の3つの見どころワンピースのアーロン編を覚えていますか?懸賞金2000万ベリー、東の海最悪の男と呼ばれる、かつてグランドラインで残虐の限りを尽くした魚人のアーロン。そんなアーロンのもとに相変わらずマイペースでルフィたちは突き進んでいきます。魚人と間違えられて子供に斬りかかられるウソップ、魚人に捕らえられたロロノア・ゾロ、アーロン一味の幹部としてのナミと再会など見どころたくさんのお話です。

そんなアーロン編の中でもひとつのクライマックス回といえるアニメワンピース第37話の3つの見どころを、今回は思いっきりご紹介しちゃいます!

おのれアーロン!
ワンピース第37話の3つの見どころ

 

その1:ココヤシ村のみんながナミの本心を知っていたことを告白するゲンさん

あと少しでナミがアーロンと約束した、村とナミを自由にするための1億ベリーがナミの手に入るというその時、ココヤシ村の駐在であるゲンさんに連れられて海軍がナミの前に姿を現します。そしてなんと、海賊から盗んで貯め込んだナミのもとにある金品は、政府が全て没収するとねずみ大佐がナミに告げるのです。しかし当然納得できず、海軍に対して皮肉を言い、自分に手を出せばアーロンが黙っていないと忠告するナミ。

ところがそれでも怯まない大佐は、「盗品を探せ!」と海軍の部下たちに強行を指示します。ナミは急いで海軍たちを殴りつけ止めさせ、アーロン一味に島が支配されているのに、これが今海軍のやるべき仕事なのか!?と怒りをぶつけます。それでもやはりナミの怒号の中で捜索を続ける海軍がだんだんと金品のありかに近付いていくその時、ついにゲンさんがそれまでの沈黙を破り、怒りを露わにします。

「この子の金は、このココヤシ村を救うための金だ!それでも貴様らに、金を奪う権利があるのか!海軍!!」この突然のゲンさんの言葉にナミは唖然としながら、「ゲンさん…なんでそのことを…?」と言葉を絞り出します。するとゲンさんが優しい声で一言「知っていたよ、ナミ…」なんと、ゲンさんは8年前にナミがアーロン一味に入った行動を不審に思い、ナミの姉であるノジコに問い詰めていたのです。

その時から本当は村のみんながナミの本心を知っていました。それでも知らないふりをしていたのには、ナミがアーロン一味から逃げ出したいと思った時、村のみんなの期待が足をひっぱるから、という理由があったのです。ずっと一人で真実を秘密にして戦ってきたと思っていたナミにとって、この告白はどれだけ衝撃的だったことでしょうか…?もちろん視聴者にとっても、これにはあっと驚かされました。

 

その2:怒りを抑えきれないナミをかばってねずみ大佐に撃たれるノジコ

そんなやりとりのすぐ後に、ナミの姉ノジコがナミたちのもとに現れます。村を救ってくれる気がないならさっさとここから消えな、ぐずぐずしてるとあんたもアーロンの船に狙われるよ、とねずみ大佐に忠告するノジコに対し、大佐は「アーロン氏に?それはどうかな?」と返します。その言葉にナミが驚きの表情を見せたあと、大佐はこう言いました。「まだ見つからんのか!米粒を探しているわけじゃないんだぞ!1億ベリーだ!!」

この言葉を聞き逃さず不審に思うゲンさんは大佐に問い詰めます。「おい貴様!なぜ金額を知っている!?」 しかし大佐は「まあ、それくらいありそうな気がしたんだ」ととぼけますが、もちろんそんなはずはありません。なんと大佐の言った政府による没収というのは建前で、ナミの金品を見つけたらその内の3割をもらい、残りをアーロンのもとに届けるという契約をアーロンと交わしていたのです!

そのことを当然大佐が語ることはありませんでしたが、ナミたちは当然その背景に気付きます。ところが間もなく、ナミの金品のありかが海軍によって発見されてしまいます。早速わが物顔で金品の回収を始める大佐たちに怒りが抑えきれず、「触るな…触るな…触るな…触るなああああぁぁぁ!!」と大佐に襲いかかろうとするナミ。しかし大佐は余裕の表情で銃を取りだしナミに銃口を向けます。

ナミの危険を察知したゲンさんとノジコがナミを力づくで止めようとしますが、無情にもナミに向けた銃口から弾丸が発射され、ナミを正面から制止していたノジコに命中してしまいます。幸いにもすぐにドクターの手当を受け軽傷で済みますが、このシーンには思わず自分も怒りを覚えた視聴者が多かったのでは無いでしょうか?

 

その3:ナミに助けを求められ、「当たり前だああああぁぁぁ!!」と叫ぶルフィ

アーロン一味の横暴ぶりにとうとう我慢の限界を超えた村のみんなは、ナミが必死で力づくで止めようとするも虚しく、自分たちの手でアーロン一味をやっつけようと奮い立ちアーロン一味のもとに駆け込んでいきます。しかしそれはナミにとって村のみんなを守るためのこれまでの努力が水の泡になったということであったため、アーロンを憎む気持ちで自身の左腕に刻まれたアーロン一味の証であるタトゥーをナイフで何度も刺します。

そんな崩れ落ちたナミの右手を誰かがつかみます。そう、ルフィです。「何よ…何も知らないくせに…」「ああ、知らねえ」などと相変わらずとぼけた受け答えをするルフィにナミは砂をかけながら「出てけ!出てけ!あんたなんか出てけ!」と罵りますが、とうとうこらえ切れず涙を流しながら「ルフィ…助けて…」とルフィに助けを求めます。

そんなナミの頭にルフィは宝物である帽子を被せ、数歩離れたあとに思い切り叫びます。「当たり前だああああぁぁぁ!!」そしてルフィ、ゾロ、サンジ、ウソップの4人はアーロンのもとに向かいます。このシーンのカッコよさには思わず視聴者も鳥肌が立ったことでしょう。

 

いかがでしたか?ワンピース第37話の3つの見どころをご紹介いたしました。

今回ご紹介したワンピース第37話の見どころに限らず、ワンピースという作品には数えきれないくらいの名シーンが登場します。この記事を読んでいるあなたがワンピース好きを自称する方なら、ぜひこの記事も参考にワンピース各話ごとの3つの、あるいはそれ以上の見どころを探してみてください。ワンピース好き仲間との会話がこれ以上に弾むことうけ合いです!

 

まとめ

おのれアーロン!ワンピース第37話の3つの見どころ

その1:ココヤシ村のみんながナミの本心を知っていたことを告白するゲンさん
その2:怒りを抑えきれないナミをかばってねずみ大佐に撃たれるノジコ
その3:ナミに助けを求められ、「当たり前だああああぁぁぁ!!」と叫ぶルフィ

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!