面白い雑学てんこ盛り!懐かしの名番組トリビアの泉からの傑作6選

面白い雑学てんこ盛り!懐かしの名番組トリビアの泉からの傑作6選面白い雑学を紹介する「トリビアの泉」という番組は見ていましたか?2002年に深夜番組としてスタートしましたが、2003年からゴールデンタイムで3年間放送され、2007年からはスペシャル番組での放送となっています。「トリビア」とは「雑学、些末な」という意味ですが、生きていく上で何の役にも立たないムダな知識、でもつい人に教えたくなってしまうような面白い雑学が取り上げられた人気番組です。

そこで今回は、懐かしの名番組トリビアの泉から、私がとても好きな面白い雑学を6つご紹介します。明日つい人に話したくなってしまいますよ。

面白い雑学てんこ盛り!
懐かしの名番組トリビアの泉からの傑作6選

 

その1:パソコンのマウスの移動距離の単位は「ミッキー」である

最初の面白い雑学は、パソコンのマウスの移動距離の単位は「ミッキー」であるというものです。専門家に話を聞くと「確かに使われています」とのこと。マウスの移動距離の単位の距離のことで、マウスのプログラムを作る時にも使われているそうです。ちなみに「1ミッキー」は100分の1インチ、つまり0.0254センチにあたるそうです。

 

その2:白雪姫は王子の召使いに背中を蹴られ目覚めた

次の面白い雑学は、白雪姫はもともと王子のキスではなく王子の召使いに背中を蹴られ目覚めたというものです。これは1812年に初めて発表されたグリム童話の初版に記されているそうです。問題の部分はこうなっています。「白雪姫が死んでしまい、周囲が悲しみに暮れているところに、王子様が訪ねてきました。白雪姫の美しさに心を奪われた王子様は、棺に入った白雪姫をもらいました。

そしてその棺を召使いたちにかつがせ、どこに行くにも連れて回りました。ところがいつも棺をかついで歩かなくてはいけない召使いたちは腹を立て、ある時棺を開けて、白雪姫を高く持ち上げると、死んだ娘一人のおかげで俺たちはひどい目にあっていると言い、白雪姫の背中を手でドンと殴りました。すると白雪姫がかじっていたリンゴの芯がのどから飛び出し、白雪姫は目覚めました。そして次の日、白雪姫は王子とめでたく結婚しましたとさ」

白雪姫は映画化などされていくうちに「教育的配慮」として変えられていったようです。話したくなる面白い雑学ですね。

 

その3:バンコクの正式名称は長い

次の面白い雑学は、タイの首都バンコクの正式名称は長いというものです。正式名称は「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニープリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」だそうです。

長いにも程がありますね!

 

その4:アメリカザリガニにサバをあげると青くなる

次の面白い雑学は、アメリカザリガニにサバをあげると青くなるというものです。専門家によると、アメリカザリガニは雑食性なので何でも食べますが、サバだけを与え続けると1、2カ月で青くなるそうです。実際に映像で見ると綺麗にまっ青!まずなぜアメリカザリガニが赤いのかというと、主食である水草や微生物に含まれるカロチンのためだそうです。

それでカロチンを含まないものを与え続けると、青くなるそうです。それで元のエサに戻すとまた赤くなるそう。

 

その5:テニスの国際審判員は世界中の悪口に詳しい

次の面白い雑学は、テニスの国際審判員は世界中の悪口に詳しいというものです。テニスのプレー中に審判に悪口を言うと「コードバイオレーション」という反則になります。テニスの国際試合は世界中の選手が参加しますので、国際審判員はあらゆる国の悪口について勉強しているそうです。実際に日本人で唯一主審の資格を持つ方にテストしたところ、アメリカ、フランス、スペイン、タイ語の悪口を理解しました。

各国の暴言をまとめた資料が配られることもあるそうですが、資料に無い暴言を吐くこともあるので、審判個人個人でメモに取るなどして悪口を勉強しているとか。日本語では「アホ」「バカ」はもちろん「あんぽんたん」「お前の母ちゃんでべそ」はアウトですが「おたんこなす」はギリギリセーフだとか。面白い雑学ですね。

 

その6:銭形警部の下の名前は「幸一」

次の面白い雑学は、銭形警部の下の名前は「幸一」というものです。アニメのシーンの中で、銭形警部が名刺を差し出したことがあり「銭形幸一」という名前が確かに書かれていました。すぐにでも友だちに話したい面白い雑学ですよね。

 

懐かしの名番組トリビアの泉からの面白い雑学6選はいかがでしたか?

どうでもいいようなことですが、すごく気になる面白い雑学でしたね。日常生活のなかでこんな面白い雑学を発見して、友だち同士でシェアするととっても楽しいですね。

 

まとめ

面白い雑学てんこ盛り!懐かしの名番組トリビアの泉からの傑作6選

その1:パソコンのマウスの移動距離の単位は「ミッキー」である
その2:白雪姫は王子の召使いに背中を蹴られ目覚めた
その3:バンコクの正式名称は長い
その4:アメリカザリガニにサバをあげると青くなる
その5:テニスの国際審判員は世界中の悪口に詳しい
その6:銭形警部の下の名前は「幸一」

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!