意志が弱い人でもできる7つの禁煙方法

意志が弱い人でもできる7つの禁煙方法禁煙方法について悩んでいる人は少なくありません。煙草を吸うことによる健康への影響は十分わかっていながら、喫煙を止めることができません。そして、「自分は意志が弱いから駄目だ」「もっと強い意志を持たなければだめだ」と、禁煙の失敗をすべて「意志の弱さ」の問題にしてしまいます。

まずは「なぜ禁煙したいのか?」という目的はご自身で明確に考えて下さい。それが弱いと誘惑に負けて吸ってしまいます。そのうえで、「意志の強さ」に頼らない禁煙方法が必要です。以下、「意志が弱い人でもできる禁煙方法」を7つ紹介します。

意志が弱い人でもできる7つの禁煙方法

 

その1:代替行為による禁煙方法

ストレスがたまっていたり、気分が沈んでいたりすると、煙草を吸いたくなります。煙草を吸えば「ドーパミン」という幸福感を作る神経伝達物質が分泌され、ストレスや沈んだ気分を解消するからです。喫煙の依存症になっている人は、喫煙によってドーパミンが分泌されるときの快感が忘れられずに煙草を吸い続けているのです。

この循環を断ち切るためには、喫煙以外の行為によってドーパミンを分泌させる禁煙方法が有効です。つまり、喫煙の代替行為を見つけるわけです。代替行為には、音楽を聞いたりスポーツを行うことなどが考えられます。お酒を飲むことによってもドーパミンが分泌されますが、お酒でドーパミンを分泌させることを続けていれば、今度はアルコール依存症になってしまう危険があるので注意しましょう。

 

その2:喫煙に障害を設ける禁煙方法

ダイエットを行う場合を想像してみてください。食べ物が目に入らないようにしておくことが有効です。食べ物を見ると食べたくなってしまうからです。手の届く場所に食べ物があれば、つい食べてしまいます。そうならないために、食べることに対して障害を設けておけば、ダイエットが成功しやすくなるわけです。

これは、禁煙方法に応用できます。煙草を目に付かない場所に隠してしまえば、喫煙に対する欲求が少なくなります。また、家に煙草を置かないようにしたり、通勤通学経路を変更して煙草を買えないようにしたりすれば、喫煙に対する障害ができ、禁煙が成功しやすくなります。

 

その3:禁煙宣言を行う禁煙方法

「禁煙する」と他人に宣言することで、周りの人は、禁煙の邪魔をしないように気遣ってくれるようになります。禁煙宣言を行うことによる禁煙方法は、見栄っ張りの人やプライドの高い人には、特に有効です。「この人には馬鹿にされたくない」「この人から尊敬されたい」という人がいれば、ぜひ禁煙宣言をしましょう。友人や家族と「禁煙できるかどうか」について賭けをするのもよいでしょう。

 

その4:喫煙によるデメリットを常に意識する禁煙方法

禁煙をしようかという人は、煙草を吸うことによるデメリットを十分に理解しています。このデメリットを常に意識することで、禁煙が成功しやすくなります。具体的には、真っ黒になった肺の写真をパソコンや携帯電話の壁紙にする等の禁煙方法があります。

インターネット上には、禁煙日数が長くなるにしたがって「寿命が何日伸びた」「(煙草代が)いくら節約できた」かを表示するサービスがあります。具体的な数字を見ることによって、禁煙に対するモチベーションが高まります。

 

その5:自己暗示を使った禁煙方法

煙草を吸ってドーパミンが分泌されれば、「気持ちよかった」という記憶が脳に残ります。だから、また吸いたくなります。これを防ぐために、自己暗示をかける禁煙方法が有効です。「煙草は不味いものだ」「煙草を吸えば気分が悪くなって吐き気を催す」と思い込むのです。自己暗示による禁煙方法においては、リアルなイメージを持つことが大切です。「煙草を吸って気分が悪くなっている状態」をリアルにイメージしましょう。

 

その6:何かを口に入れる禁煙方法

禁煙を続けていると、口がさみしくなります。そんなとき、煙草以外のものを口に入れることで、煙草を忘れることができます。口に入れるものとしては、ガムや飴、甘いものやコーヒー等がポピュラーです。煙草の替わりに甘いものを摂取していると、体重が増えてくることがあります。しかし、それによる健康の悪化は、煙草によるものよりも遥かに小さいはずです。禁煙によって体重が増えたら、健康的な方法で落とすようにしましょう。

 

その7:刑務所に入ったつもりになる禁煙方法

刑務所に入ると、誰もが禁煙できます。いくら煙草を吸いたくても、吸えないからです。だからといって、禁煙のために犯罪を行って刑務所に入るわけにはいきません。そこで、「自分は今刑務所に入っている」と思い込むのです。この禁煙方法は、禁酒等にも応用することができます。

 

いかがでしたでしょうか?意志が弱い人でもできる7つの禁煙方法をお伝えしました。

世の中に「禁煙したい」と考えている人は大勢いますが、禁煙がうまくいかない人は少なくありません。うまくいかないのを「意志の弱さ」と考えていれば、いつまで経っても禁煙はできません。禁煙を成功させるためには、工夫が必要です。上で紹介した7つの方法を使うことにより、自分と戦わずに禁煙に成功して下さい。

 

まとめ

意志が弱い人でもできる7つの禁煙方法

その1:代替行為による禁煙方法
その2:喫煙に障害を設ける禁煙方法
その3:宣言する禁煙方法
その4:喫煙によるデメリットを常に意識する禁煙方法
その5:自己暗示を使った禁煙方法
その6:何かを口に入れる禁煙方法
その7:刑務所に入ったつもりになる禁煙方法

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!