会話ネタならコレ!今から2020年東京五輪目指せる5つの競技

会話ネタならコレ!今から2020年東京五輪目指せる5つの競技会話ネタとして盛り上がれるものを何かお持ちですか?私の周りでは2020年に決まった東京オリンピックについての会話ネタが盛り上がっています。ソチオリンピックで41歳の葛西選手がメダルを取ったことも記憶に新しく、ひょっとしたら2020年のオリンピックに自分だって出れるかもと思ったりしませんか?そこで今からでも2020年の東京オリンピック日本代表になれる可能性が少しでもありそうな競技を探してみました。

今回は自分で決めたこれならできるかもと思った競技を5つご紹介します。「自分はこれ」「いやこっちのほうが」と盛り上がれる会話ネタになりますので、ぜひ使ってみてくださいね。

会話ネタならコレ!今から2020年
東京五輪目指せる5つの競技

 

その1:近代五種

フェンシング、水泳、馬術、射撃、ランニングを行うという競技が近代五種です。そのハードさから「キングオブスポーツ」とも呼ばれています。近代五種は日本の競技人口は30人ほどしかいないといわれており、ライバルの少ない競技です。世界中でも200~300人ほどで、もしものすごく頑張ればメダルも夢でないかも?タレントの武井壮さんも、2020年の東京オリンピックで47歳にして近代五種の出場を目指すと公言しています。

射撃、馬術、フェンシングなど、練習するのに費用がかさむ競技が多いので、お金がかかりそうですが、ライバルが少なくあまり増えそうにないことがメリットと言えますね。会話ネタとして「どう?始めてみない?」というものも良いですね。

 

その2:クレー射撃

クレー射撃とは散弾銃を使って、空中を動く「クレー」と呼ばれる素焼きの皿を打ち壊していくという競技です。国内で散弾銃を所持しているのは15~16万人と言われています。実際に競技している人は12万人ほどだそうです。こちらは体力的には年齢を重ねても出場できそう、という点ではおすすめですね。ただしオリンピックに出るには、ワールドカップや世界選手権などで出場枠を獲得しなくてはならず、海外で試合に出場し結果を残す必要があります。

1974年にメキシコで開催された国際射撃大会では、麻生太郎元首相が個人優勝をしたという過去も。今から必死に練習すれば不可能ではないかも?会話ネタにいかがですか?

 

その3:セーリング

セーリングは、風を動力としたヨット競技です。ヨットが趣味という人はかなり多いですが、実際競技として行っている人は、国内で約1万人とされています。まずヨットで練習できる環境にいる人、技術体力ともにすぐれたものを持っている必要があるので簡単ではなさそうですが、会話ネタとして盛り上がるかもしれません。

 

その4:カナディアンカヌー

カナディアンカヌーとは、北米でインディアンが使用していたものが起源となっているカヌーで、カナダインディアンが湖沼の移動に使っていたためこのような名前になったと言われています。私がこの競技に注目したのは、国際オリンピック委員会が、2020年東京オリンピックから、カヌー競技にカナディアンカヌーの女子種目が追加される可能性を示したからです。

カナディアンカヌーは現在のオリンピックで唯一女子種目が設けられていないスポーツです。カヌー競技では今まで女子はカヤック種目にしか出場することができませんでした。まだまだ競技人口が少ないので、女子の皆さん、オリンピック目指してみてはいかがでしょう?女子の会話ネタにぴったりです。

 

その5:馬術

馬術は馬に乗って、その正確さや活発さ、美しさを競う競技です。オリンピックでは、演技の正確さや美しさを競う「馬場馬術」と、障害物を飛び越しながら、速さを競う「障害馬術」、さらにその2種目にクロスカントリー走行を加えた3種目を行う「総合馬術競技」があります。過去には71歳の選手が最高齢で日本代表として出場したように、年齢がデメリットにならない数少ない競技です。

日本馬術連盟の会員数は6,000人ほどですが、本格的に選手として活躍しているのは約1,000人くらいと言われています。そしてやはり「お金持ちのスポーツ」というイメージ通りかなりの費用が掛かる競技です。馬を買って本格的に競技に参加するなら、数百万円はかかりますし、自分の馬で競技を行うなら移動など含めるとかなりの費用です。有り余るほどのお金がある方なら、定年後からでも挑戦できる競技かもしれません。

 

今からでも2020年東京五輪目指せる5つの競技という会話ネタはいかがでしたか?

オリンピック出場できたら、一生モノの思い出になりますね。想像するだけで夢が膨らむ会話ネタでもあります。ぜひこんな夢のある話題で盛り上がってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

会話ネタならコレ!今から2020年東京五輪目指せる5つの競技

その1:近代五種
その2:クレー射撃
その3:セーリング
その4:カナディアンカヌー
その5:馬術

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!