鏡を磨いて運気もUP!鏡をピカピカに掃除する7つの方法

鏡を磨いて運気もUP!鏡をピカピカに掃除する7つの方法お部屋に、お風呂に、洗面所に、と、数えてみると意外にあるのが鏡です。しかし、その鏡はどのくらいの頻度でお掃除していますか?週に一度?月に一度?年末の大掃除のときだけというかたもいるかもしれません。鏡を掃除することは、風水で美容運・金運アップの開運アクションとされています。ピカピカの鏡は、邪気を払い、幸運を引き寄せるラッキーアイテムになります。さぁ、あなたも家じゅうの鏡をお掃除して、幸運を呼び込みましょう。

鏡を磨いて運気もUP!
鏡をピカピカに掃除する7つの方法

 

その1:「鏡掃除はこまめに」がコツ

鏡掃除のコツは、こまめに掃除をすること。この一言につきます。鏡に水滴の跡がこびりついてしまって、こすってもなかなか落ちずに苦労した経験は、どなたにもあるかと思います。「水がはねたら拭く」を習慣づけることで、汚れが蓄積されにくくなり、さっと拭くだけでピカピカの鏡をキープすることができるようになるのです。これは掃除全般に共通して言えることなのですが、汚れが少ないうちに掃除する方が、精神的にも体力的にも楽に片付くものです。

 

その2:鏡は乾いた布で拭く

鏡は、水気の含んだもので拭くと拭き筋が残ってしまうものです。そのまま乾いてしまうと、せっかく掃除した鏡が余計汚れて見えるもの。窓ガラス同様、水拭きした後は丁寧に乾拭きを行いましょう。そのとき、一方向に拭くことがきれいに仕上げるコツです。また、リビングや玄関など、水気のない場所の鏡のほこり汚れは、マイクロファイバーのふきんで拭くときれいになります。

マイクロファイバーがない場合は、破れたストッキングで代用できます。ほこり汚れを取ってもまだ曇りが気になる場合は、固く絞った雑巾で磨き、仕上げに乾拭きをします。

 

その3:お風呂の鏡は水気を切る

毎日、水がたくさんかかるため、きれいになっているような気がするお風呂場の鏡ですが、この「水」が食わせ者。お住まいの地域差はありますが、水道水にはカルキやカルシウムがたくさん含まれています。水分が蒸発すると、この不純物が乾燥し、鏡にこびりついてしまうのです。一度こびりついてしまうと、うろこのようになってとても厄介です。

そうなる前に、お風呂場の鏡は常に水を切る習慣をつけておくといいでしょう。最後に入った人が、出る前に乾拭きをしたり、小型のスクイージーで水気を切るとキレイが継続します。

 

その4:水垢が気になったらクエン酸

水場の鏡の水垢が気になったら、クエン酸を使って拭き取ってみましょう。水100ccに対し、小さじ1/2のクエン酸を溶かしてスプレーします。スプレーが乾かないうちに、食品用ラップを貼り付けて湿布をします。そして、半日ほど放置た後に、雑巾で水拭きし、乾拭きをすると、あらキレイ!クエン酸がない方は、レモンの薄切りやお酢を使用してみても。アルカリ性のカルシウムに対し、酸性のクエン酸などを使うことで中和させ、汚れを落とすという理論です。

 

その5:洗面所の鏡は化粧水で

お肌のお手入れに欠かせない化粧水。コットンに含ませてお肌にパタパタしたあとは、ごみ箱にポイ!とする前に、鏡を一拭きしてみましょう。コスメはほどんどが油性となっているため、鏡に付着すると油膜になって、軽く拭いただけではきれいになりません。そんなとき、化粧水に含まれるアルコール成分が油膜を浮かせてきれいにしてくれます。

ただ、お使いの化粧水によっては逆に油膜を作ってしまう可能性もありますので、成分を確認するか、または目立たないところで試してから行ってみてください。

 

その6:クレンザーは最終手段に

頑固な汚れには、重曹ペーストを塗りこんで、お酢で拭き上げてみましょう。それでもだめなら、クレンザーの出番です。クレンザーを柔らかいスポンジで塗りこみ、その後、水拭きして乾拭きします。少し試して落ちていないようなら、ドライヤーでほんのり暖めながら磨くと、汚れが浮きやすくなりますが、加熱しすぎると鏡が割れて大変危険ですので、15センチ四方くらいの小さい面積を少しずつ行うようにしてください。また、お風呂場は水気がありますので、感電には十分注意してください。

クレンザーの代わりに歯磨き粉を使う方法もあります。その際は、粒の入っていないものを使用するようにしてください。これは、歯磨き粉にも研磨剤の役割があるためです。市販の鏡磨きや、人口ダイヤモンドのやすりなどは大変効果が期待できますが、これは「磨く」というより「汚れを削り落とす」という作業です。クエン酸や重曹を使うのは面倒だからといきなり使うと、鏡に傷をつけ、かえって見えづらくなりかねません。力加減に十分注意して行ってください。

 

その7:ひどい汚れは買い替えも検討

鏡は消耗品です。大事に使っていても、端の方から変色が認められたり、鏡の内側から円状の汚れが出ていたら、それは買い替えのサインかもしれません。何度やっても落ちない汚れと格闘するよりも、思い切って買い替えることも検討しましょう。買い替えてピカピカの鏡になったら、マメにお掃除することを心に誓い、水気を切る習慣をつけて、キレイを持続させるようにしてくださいね。

 

いかがでしたか?鏡をピカピカに掃除する方法をご紹介しました。

鏡が汚れていると、人間は無意識にそこから意識をそらすようになり、鏡を見る機会も減っていきます。鏡を見ることは、自分を見つめること。鏡を見る頻度を増やすと、自分のことが好きになるという心理学の研究も発表されているくらい、鏡を見ることは大切なことです。無意識に鏡を見てしまうくらい、鏡をいつもきれいな状態にお掃除しておきましょう。この記事が少しでもあなたのお役にたつことを願っています。

 

まとめ

鏡を磨いて運気もUP!鏡をピカピカに掃除する7つの方法

その1:「鏡掃除はこまめに」がコツ
その2:鏡は乾いた布で拭く
その3:お風呂の鏡は水気を切る
その4:水垢が気になったらクエン酸
その5:洗面所の鏡は化粧水で
その6:クレンザーは最終手段に
その7:ひどい汚れは買い替えも検討

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!