体にやさしいお風呂のカビ掃除★塩素を使わない6つの方法

体にやさしいお風呂のカビ掃除★塩素を使わない6つの方法やってもやっても終わりのないお風呂のカビ掃除。しかし、見てみないふりをしていると、ますますやっかいになってしまうのがこのカビなのです。カビの胞子は、ぜんそくやアレルギーを誘発すると考えられており、カビだらけの部屋や浴槽で過ごすと確実に健康を害してしまいます。カビ掃除には塩素系の洗剤を使うと効果テキメンですが、臭いし、手につくとぬるぬるするし、有毒ガスを発生させることもある危険な薬品ですね。そこで、ここでは塩素系漂白剤を使わないお風呂のカビ掃除の方法をご紹介したいと思います。

体にやさしいカビ掃除★塩素を使わない6つの方法

 

その1:初期のカビ掃除はお酢スプレー

まずはお酢スプレーを試してみましょう。水とお酢が10:1の割合のお酢スプレーを作ります。そして、カビの気になる部分全体にスプレーをかけていきます。そして、浴室用のスポンジでこすってみましょう。お酢には殺菌効果があるので、カビ菌を抑制してくれる働きがあります。お掃除あとにスプレーして洗い流すと、キレイが長続きするというおまけもついてきます。ただし、鉄に触れるとさびやすくなりますので、使用した際にはしかりと水洗いか水拭きをしましょう。

 

その2:さらに重曹を振りかけて湿布しよう

お酢スプレーである程度のカビを取ったら、次は重曹を振りかけてみましょう。振りかけた重曹をスポンジでこすり、しばらく置いてから水で洗い流します。そうすると、赤カビや初期の黒カビならばきれいに落ちているはずです。落ちなかったからと言って、タワシや目地の洗いスポンジを使うのは危険。細かい傷がついて、汚れがたまりやすくなってしまいます。その場合は、重曹と水を1:1の割合で混ぜた重曹ペーストを使って、湿布してみましょう。

 

その3:有機酸系の洗剤を試してみよう

お酢のほかに、クエン酸や乳酸をメインにした洗剤も数多く存在します。この有機酸系の洗剤の良いところは、お風呂だけでなく、トイレや押し入れ、畳などにも使えるということです。使い方は簡単で、カビを掃除したいところに全体的にスプレーし、5分程度待ってからスポンジでこするだけ。そのあと、水で洗い流すか水拭きするだけできれいになるというものです。水拭きするときは雑巾ではなく、ウエス(いらなくなった布きれ)を使って、そのまま捨てることでカビ菌も捨てることができます。

 

その4:酸素系の漂白剤でチャレンジ

酸素系の漂白剤でも、カビをきれいに掃除することができます。酸素系漂白剤の成分である過炭酸ナトリウムは、塩素系漂白剤に含まれるトリハロメタンと違って、地球にやさしい成分です。有機酸系の洗剤と違ってどこにでも使えるという代物ではありませんが、漂白効果は高くなります。この酸素系漂白剤と重曹を1:1の割合でまぜ、少し水を足してペースト状にするとカビ取り剤になります。カビの気になるところにしばらく時間を置くと、汚れが浮き上がってくるので水で洗い流しましょう。

 

その5:納豆菌のバチルス菌?新しいバイオ系に期待

納豆菌の一種であるバチルス菌は、今までにない画期的な方法でカビを退治するカビ掃除のニューフェイスと言えるでしょう。バチルス菌は、私たちの胃や腸の中にも存在している菌で、人体に対する安全性はお墨付きです。このバチルス菌を使ったカビ取り剤は、自然界の好気性微生物の働きでカビ菌を弱体化させ、掃除をとてもラクにしてくれる代物です。しかも、使用後は植物の肥料として使えるので、まさに地球にも体にもやさしいと言えるでしょう。

 

その6:カビ掃除の極意は予防から

いろいろなカビ掃除の方法がありますが、やはり予防は最大の極意と言えるでしょう。お風呂に入り終わったら、浴室の温度と湿度を下げるだけでカビ予防の効果があります。浴槽はきちんとふたをし、窓を開け、換気に努めましょう。換気扇の埃はこまめに掃除して、換気効率を上げるのも大切です。また、カビの好む栄養分である石鹸かすや埃はきちんと掃除し、掃除のあとには消毒用のエタノールを散布するのも、カビ掃除を楽にするポイントです。

 

いかがでしたか?塩素を使わないカビ掃除の方法をお伝えしました。

塩素系カビ取り剤はシュッとスプレーして放置するだけでとても簡単ですが、やはり危険が伴います。ほかの方法は少し手がかかりますが、塩素系カビ取り剤の「うっ」となりそうな刺激臭から解放され、体に優しいカビ掃除をすることができるでしょう。体にやさしいということは、地球にもやさしいということ。カビの胞子を吸い込まないように、カビ掃除をするときには、しっかりとマスクをして、ご自分の体も守ってあげてください。この記事が少しでもあなたのお役にたつことを祈っています。

 

まとめ

体にやさしいお風呂のカビ掃除★塩素を使わない6つの方法

その1:初期のカビ掃除はお酢スプレー
その2:さらに重曹を振りかけて湿布しよう
その3:有機酸系の洗剤を試してみよう
その4:酸素系の漂白剤でチャレンジ
その5:納豆菌のバチルス菌?新しいバイオ系に期待
その6:カビ掃除の極意は予防から。

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!