しつこいカビともサヨナラ!知っておきたい簡単カビ掃除5つの方法

しつこいカビともサヨナラ!知っておきたい簡単カビ掃除5つの方法カビ掃除って面倒くさいですよね。放っておくとすぐに生えてくるカビに悩まされている方も多いと思います。みなさんはどのようにカビ 掃除されていますか?間違ったカビ掃除をしていると、健康にもよくありませんし、またすぐにカビが生えてくる原因になることもあります。今回は家の中でカビが生えやすい5か所に注目し、カビ掃除の方法を丁寧にご紹介します。ぜひ参考にして、カビ知らずの快適な家にしてくださいね。

しつこいカビともサヨナラ!
知っておきたい簡単カビ掃除5つの方法

 

その1:エアコンのカビ掃除

エアコンを久しぶりに使ったら、カビ臭かったということはありませんか?それはカビが生えている証拠で、今すぐにカビ 掃除が必要なサインです。もしエアコンにカビが生えていたら、カビの胞子を部屋中にまき散らすことになってしまい、アレルギーや健康悪化の原因になります。しかもエアコンはカビにとって心地の良い所で、たった1日でもカビが繁殖することがあります。それでカビ掃除だけでなくカビ予防対策もしっかり行いましょう。

まず窓を開けて部屋の中を換気します。それからフィルターや、吹き出し口、エアコン本体にたまったホコリを掃除します。それからエアコンのフィルターを外して、風呂場などで丁寧に洗います。フィルターは2週間に1回は掃除することで、カビをエアコン内に取り込むことを防ぐことができます。次に50%くらいにうすめたアルコール水をエアコンの全体にスプレーしましょう。最後に、窓を開けエアコンを送風にします。

送風運転は、エアコンの中を乾燥させることができます。カビの繁殖には、水分が必要です。時々送風運転を行うと、水分を奪い、カビ予防に効果があります。夏場は特に、毎日送風して乾燥させるようにしましょう。また定期的に専門業者に掃除してもらうことで、普段では取りきれないカビを掃除してもらえます。

 

その2:浴室のカビ掃除

カビ掃除といえばお風呂掃除をイメージするように、浴室は家の中でも特に、カビ掃除が必要な場所ですよね。カビ掃除には、カビ取り剤パックがおすすめです。カビ取り剤か浴室用漂白剤を布にしみこませ、カビのついている部分に貼り付けます。さらにその上からラップでパックして30分くらい放置しておきます。カビ取り剤や漂白剤がしっかりしみこんでカビを掃除してくれます。あとは水でしっかりと洗い流します。

次にパックしたところが乾いたら、消毒用アルコールを全体にスプレーし、たわしでこすります。それでもすぐにカビが生えてしまうかもしれません。そのためには予防が大切です。入浴後に、シャワーで壁の汚れをざっと流すだけでも、カビのえさになるような汚れを落とすことができます。その後すぐに窓を開け、壁や床、できれば天井についた水分をワイパーなどでふき取ると完璧です。

さらに浴そうにお湯をためておかずに、換気扇をつけっぱなしにしておくこともおすすめです。

 

その3:部屋の床もカビ掃除

部屋の床にカビが!なんてこともありますね。湿気の多い時期だけでなく、日当たりの悪い部屋には一年中カビが生えます。特に長く物を置いておくと、床にカビが生えることが多いですね。畳やフローリングの床に生えたカビを掃除するには、畳全体を、消毒用アルコールで湿らせたぞうきんででふきます。カビ掃除で安心するのではなく、カビを生えさせない環境に部屋を整えましょう。

部屋の中に湿度計を設置し、65%以下に保つようにしましょう。エアコンの除湿機能や、除湿機を使ったり、換気したりして保つことができます。また洗濯物の部屋干しは湿度を上げ、カビの原因となりますので、部屋干しするなら、できるだけ浴室に干しましょう。浴室乾燥機はとても便利でおすすめです。なければ換気扇を回しておいてくださいね。

 

その4:ふとんのカビ掃除

ふとんにカビが生えるなんて、考えたくもありませんが、ふとんは予想以上に汗を吸い、湿気が多い状態ですので、カビの好きな環境です。もしカビが生えたら一日7、8時間もカビを吸い続けることになってしまいます。それでなるべく頻繁に日光に当て、乾燥させるようにしましょう。ベッドのマットレスも干すようにしましょう。乾燥がなにより大切です。そして寝室にカビが生えないように、朝起きたら換気をしましょう。

 

その5:キッチンこそカビ掃除

キッチンも浴室と同じく水を使いますので、カビが生えやすいのです。しばらく使っていなかった鍋や土鍋を出したら、カビが生えていたってことはありませんか?鍋のカビ掃除には、鍋に水を入れ火にかけ30分くらい沸騰させます。これでも取れなかったら、冷めてから台所用漂白剤につけます。それからしっかりと水洗いしてカビ掃除完成です。

包丁とまな板にカビが生えることもあります。食べ物を扱うので、しっかり対策しましょう。こまめにアルコール消毒や熱湯消毒をしましょう。特に包丁は柄の部分も十分に消毒しましょう。カビ掃除には漂白剤が効果的ですが、包丁の刃の部分を漂白しないように気をつけましょう。柄の部分は漂白剤につけられます。漂白したら乾燥させて、包丁全体に消毒用アルコールをスプレーし、また乾燥させればカビ掃除完了です。

また、普段からキッチンの換気扇を回すと、湿気を減らし、カビが生えにくくなります。調理や洗い物のときに換気扇を回す習慣をつけると良いですね。

 

カビ掃除の5つの方法はいかがでしたか?

しつこいカビですので、生えてしまう前に予防することが肝心です。そしてもしカビが生えてしまったら、今回の記事を参考にカビ掃除を行って、予防対策も同時に行いましょう。カビを寄せ付けない健康的な家で、気持ちよく過ごしたいものですね。

 

まとめ

しつこいカビともサヨナラ!知っておきたい簡単カビ掃除5つの方法

その1:エアコンのカビ掃除
その2:浴室のカビ掃除
その3:部屋の床もカビ掃除
その4:ふとんのカビ掃除
その5:キッチンこそカビ掃除

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!