行ってみたい!ジャムおじさんのパン工場5つの魅力

行ってみたい!ジャムおじさんのパン工場5つの魅力アンパンマンは故やなせたかし氏が創りあげた子どもに大人気のアニメ作品として知られています。そんなアンパンマンの中に登場する「ジャムおじさんのパン工場」が私たちの暮らす現実の世界にも存在することをご存知でしょうか?といっても、もちろんそこで本物のアンパンマンやジャムおじさんたちが暮らしているわけではなく、横浜・名古屋・仙台・神戸・福岡で展開されている『アンパンマンこどもミュージアム』の中にあるアンパンマンをテーマにしたパン屋さんです。

そこで、今回はこの素敵なパン屋さん『ジャムおじさんのパン工場』のあふれる魅力の中から厳選した5つのポイントをみなさんにご紹介したいと思います。

行ってみたい!
ジャムおじさんのパン工場5つの魅力

 

その1:キャラクターの形をしたパン

『ジャムおじさんのパン工場』でパンはどれもアンパンマンに登場するキャラクターの形をしています。それだけでなく、つぶあんぱんのアンパンマンにシュガートーストの食パンマン、甘口カレーパンのカレーパンマン、チーズクリームを包んだ名犬チーズパンとしっかり元となるキャラクターに合わせたパンとなっています。

肝心のお味もなかなかのもので、さすがはジャムおじさんの焼いたパンと言えるクオリティです。お値段はひとつ300円~400円と少しお高めですが、素敵な思い出に支払うお金と考えればずいぶん安いかも……?

 

その2:ハンドタオル付きのおみやげBOX

そんな素敵なキャラクターパンはひとつからでも買うことが出来ますが、おみやげ用としてアンパンマン、食パンマン、カレーパンマン、バイキンマン、ドキンちゃん、メロンパンナちゃんとおなじみのキャラクターのパン6つが入った『おみやげBOX』も販売されています。しかもこのおみやげBOXにはアンパンマンプリントのハンドタオルまで付いてきます。しかしこちらは数に限りがあるそうなので、もし実際に訪れる際はお早めのご注文をどうぞ。

 

その3:可愛らしいアンパンマンプリントの袋

おみやげBOXを買って持ち帰る際に入れてもらえる袋。この袋にも、『ジャムおじさんのパン工場』ではひと工夫されています。なんとこちらにもアンパンマンの顔がプリントされているのです。アンパンマンの顔をしたパンを、アンパンマンの顔がプリントされたハンドタオルと一緒に、アンパンの顔がプリントされた袋に入れて持ち帰る……なんともアンパンマン尽くしで嬉しい限りですね。ちなみにおみやげBOXにもアンパンマンの顔がスリットで入っています。

 

その4:とにかく子どもが喜ぶ

やはりこれが一番の魅力とも言えるかもしれませんね。とにかく連れて行くと子どもが喜びます!大好きなアンパンマンに登場するキャラクターたちに囲まれて、テレビの中で見たあのパン工場にそっくりの『ジャムおじさんのパン工場』で出来立てのパンを選ぶ喜びは、きっとお子様の一生の思い出になることでしょう。パンを持ち帰るだけでも十分喜ぶかもしれませんが、出来れば実際に連れて行ってあげたいですね。

 

その5:大人でも楽しめるパフォーマンス

『ジャムおじさんのパン工場』には「レジ奥の釜の、更に奥にはジャムおじさんがいる」という設定があります。そのためレジで店員さんのパフォーマンスがあり、「今からジャムおじさんにパンをお願いしますね!」と言われたりします。子どもの夢を壊さないためのパフォーマンスなんでしょうが、まるでテーマパークのようにしっかりと創り上げられ守られた世界観には大人でも楽しませられます。

 

いかがでしたか?今回は行ってみたい!ジャムおじさんのパン工場5つの魅力をご紹介しました。

今回ご紹介したジャムおじさんのパン工場5つの魅力を知って、きっと実際の『ジャムおじさんのパン工場』に行ってみたくなったことでしょう。記事冒頭でもお伝えした通り『ジャムおじさんのパン工場』は横浜・名古屋・仙台・神戸・福岡と都市圏に広く展開されていますので、どうぞ一度は訪れてみてくださいね。そして童心に帰ったつもりで、素敵なアンパンマンキャラクターのパンを思いっきり頬張ってください。きっと味も心も美味しいですよ。

 

まとめ

行ってみたい!ジャムおじさんのパン工場5つの魅力

その1:キャラクターの形をしたパン
その2:ハンドタオル付きのおみやげBOX
その3:可愛らしいアンパンマンプリントの袋
その4:とにかく子どもが喜ぶ
その5:大人でも楽しめるパフォーマンス

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!