相手の心に訴える一言ネタを準備するための4つのポイント

相手の心に訴える一言ネタを準備するための4つのポイント一言ネタは、人を励ましてやる気を起こさせることも出来れば、人を傷つけることも出来ます。どちらかと言えば、人を励ましてやる気を起こさせる一言ネタを話したいと思うものです。一言ネタは短い文章で人を動かす力がありますが、短い一言ネタほど難しいものはありません。第28代アメリカ大統領のウッドロウ・ウィルソンは演説がとても上手だったことで知られていますが、彼はこのような言葉を残しています。「2時間の演説ならすぐにも始められるけれども、3分間のスピーチだったら、一晩準備しなければならない」。

彼は非常に話し上手でしたが、短い話で人を行動へと促すのは非常に難しく準備が必要だということを良く理解していたようです。このことから、人を励ますための一言ネタを考えているのであれば、良く準備する必要があるということが分ります。それではどのような準備をすれば、人に喜ばれる、また人を励ますことができる一言ネタを話すことができるのでしょうか?この記事では良い一言ネタを話すためのポイントを幾つかご紹介します。是非参考にしてみてください。

相手の心に訴える一言ネタを
準備するための4つのポイント

 

ポイントその1:話す状況に合った一言ネタを考える

しっかり準備のされていない話や一言ネタは、要点がぼやけてしまいます。そのため話している本人も自分が何を話しているのかよくわからなくなってしまい、結果としてとても一言ネタと言えない長々としたものとなってしまうでしょう。そこで大切になるのが、話す時の状況に合わせて要点を絞り簡潔に話すことです。例えば、忘年会や新年会の挨拶で、今年の利益についてまた仕事のはかどり具合について長々と話す人がいます。

確かに具体例が必要な場合もありますが、楽しく食事をする前に難しい話を聞きたいと思う人はいないことでしょう。それよりも「今年は皆さんの頑張りのお陰で黒字になりました。本当に感謝しています。来年度もどうぞよろしくお願い致します。今日は大いに楽しんでください」と言われた方がやる気になるのではないでしょうか?このように、状況に合った、要点を絞った一言ネタは、人を励まし、やる気にさせます。

 

ポイントその2:話す相手に合った一言ネタを考える

話す相手に合った一言ネタを考えることも大切です。例えば、仕事で失敗して落ち込んでいる人を励ましたいと思うなら、その人を責めるような一言ネタは厳禁です。自分の失敗談を交えながら、「一緒に頑張りましょう」というような励ましの言葉をかけるようにするなら、落ち込んだ相手を励ますことができる一言ネタを言うことができるでしょう。

人を励まそうと思うときには、どうしても口数が多くなってしまうことがあります。長々としたお説教のような話を避け、相手の話を良く聞いて簡潔でやる気を起こさせる一言ネタを述べるようにしましょう。

 

ポイントその3:下ネタは避ける

下ネタ大好きな友人同士の会話なのであれば、構わないかもしれませんが、大勢の人がいるところでウケを狙って下ネタを一言ネタにする人がいます。本人は人を楽しませるつもりで言っているのかもしれませんが、ほとんどの場合、その場の空気が悪くなってしまうことでしょう。下ネタを一言ネタにしても、人を励ましたり、楽しませたりする面で全く意味がありませんので避けるようにしましょう。

 

ポイントその4:論題から外れないように準備する

一言ネタを話す際には準備が必要ですが、すらすら話せるように準備するだけでは良い一言ネタを作ることはできないでしょう。話した論題から外れないように準備をする必要があります。話が色々なところに飛んでしまい、その都度「それはともかく」などの接続語を使っているのであれば、それは聞き手をやる気にさせる一言ネタにはならないでしょう。

例えば、仕事上の安全について一言ネタを述べたいのであれば、安全以外のところに話を脱線させないようにする必要があります。論だから外れないように良く準備して一言ネタを話すなら、聞き手のやる気を起こさせる話をすることができるでしょう。

 

いかがでしたか?

この記事では、聞いている相手を励ましたり、やる気を起こさせるために役立つひとことネタの作り方のポイントについてご紹介致し。ました参考にしていただけたでしょうか?一言ネタというと面白い話を連想するかもしれませんが、一言ネタは話し方によって色々な効果を生みます。利き手を喜ばせたり、励ましたり、または傷つけたりすることができます。一言ネタを使って励ましの言葉を述べたいと思うのであれば、この記事の内容を参考に良く準備するようにしてください。

 

まとめ

相手の心に訴える一言ネタを準備するための4つのポイント

ポイントその1:話す状況に合った一言ネタを考える
ポイントその2:話す相手に合った一言ネタを考える
ポイントその3:下ネタは避ける ポイント
その4:論題から外れないように準備する

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!