部屋を綺麗にし続けるための片付けの7つのコツ

部屋を綺麗にし続けるための片付けの7つのコツ同じ場所に長く住み続けると、いつの間にか部屋が物で溢れかえっていたりしませんか?部屋を常に綺麗に片付けられる人は、部屋が物で溢れかえるという経験がないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。常に綺麗にしていられる片付けのコツを知っているだけなのです。では、今回はそんな片付けのコツについてご紹介しましょう。

部屋を綺麗にし続けるための
片付けの7つのコツ

 

その1:収納スペースを確保する

部屋を片付ける時の基本ですが、物を出しっぱなしにしていると部屋が汚く見えます。まずは物をしまうための収納スペースを確保しましょう。手元にある物をきちんとしまう場所を決めておくことで、使ったものは元に戻せばよいのです。

 

その2:普段よく使うものと使わないものとを分けましょう

普段頻繁に使うものは、いつでもすぐ出し入れができるように手前にしまっておきましょう。逆に、普段あまり利用しないものは収納スペースの奥にしまっておくことで、使ったものを元の位置にきちんと戻せる習慣が身につきます。

 

その3:部屋を片付けるには捨てる決心をする

部屋を片付けるためには、収納スペースを確保しただけではダメです。月日がどんどんたつにつれて、荷物の量は増えていきます。いつまでの綺麗な部屋を保つためにも、要らない物は捨てる決心をすることが大切です。自分の荷物をまず、普段使っているもの、1年使っていないもの、どうしても捨てる決心のつかないものと3種類ぐらいに分けてみて下さい。

1年使っていないものはたいていその後も使用することはありません。1年を目安に要らないものは処分する方向で片付けを進めていくと効率的に部屋を片付けることが可能です。しかし、どうしても捨てる決心のつかないものってありますよね。そういった物を入れた保留の箱は、やはり1年を目安に使用しない場合は捨てましょう。

 

その4:積み重ね収納はやめましょう

手紙、書類、本、雑誌などはつい積み重ねてポンと床などに置きっぱなしになってはいませんか?積み重ね収納をすると、次に手を伸ばそうと思った時に目的のものを取るのに手間になったりして、そのうち手を伸ばさなくなります。

また、積み重ねていることによって、下のものが見えなくなりいつしか行方不明扱いになっていたりするものです。だからこそ、積み重ねの収納はやめましょう。一箇所そういう場所があると、次々と同じような積み重ね収納場所が増えてしまうことでしょう。

 

その5:人を呼んでしまいましょう

自分から家に定期的に人を呼ぶようにしましょう。周囲のお友達との関係も良好に保つことが可能になりますし、何よりも他人に自分の家をみられるということは、裸を見られるのと同じくらい綺麗に保っていないと恥ずかしいと女性は考えるからです。

人が家に来るかと思うと、あちらこちらを掃除してどこを見られても構わないようにしたいと思いますよね。その心理をうまく活用して、いつも自分の家が綺麗であるように部屋を片付けるように心がけるのです。

 

その6:アイデア収納などで楽しく片付ける

部屋の片付けが苦手な人の大半は、掃除などもあまり好きじゃありません。でも、心底掃除や片付けが嫌いな人っていないのです。なぜなら、汚いという意識は自分自身のどこかに持っているから。部屋にホコリが落ちていたら気になるし、匂いが臭いと感じたら自分だって嫌なものです。

部屋を片付けるのが苦手な人は、アイデア収納などを参考に片付けというプロセスを趣味のように楽しんでみましょう。自分では思いつかないような収納のアイデアも、今はテレビや本やインターネットなどで見ることが出来ます。それをいかに自分の部屋の片付けに取り入れるかに楽しみを見出すのです。

うまくアイデア収納などを取り入れ、部屋が綺麗に片付いてくると誰かにみせたくなってくるものです。そんな時は是非人を呼んでください。先ほども述べたように人を呼ぶことでさらに部屋を綺麗に片付けたくなるのです。

 

その7:部屋の片付けはちょっとずつ

部屋の片付けが苦手な人は、自分の汚い部屋を見て一気に片付けようと考えていませんか?片付けに完璧さを求めてはいけません。完璧を求めてしまうと、誰だって息がつまってしまいます。ましてや、片付けが苦手だと実感している人ならばなおさらです。

出したものを元に戻すのはもちろんですが、プラス1追加で何かを片付けるようにし1日1つでも多く片付けるようにするだけで部屋は少しずつ片付いていきます。

 

いかがでしたか?部屋を綺麗にし続けるための片付けの7つのコツをご紹介しました。

今回ご紹介した部屋を綺麗にし続けるための片付けのコツは、当たり前のこともたくさんありますがそんなに難しいことばかりではありません。ほんの少し意識を変えて部屋を片付けるだけで、いつも綺麗に部屋を保つことが可能なのです。

 

まとめ

部屋を綺麗にし続けるための片付けの7つのコツ

その1:収納スペースを確保する
その2:普段よく使うものと使わないものとを分けましょう
その3:部屋を片付けるには捨てる決心をする
その4:積み重ね収納はやめましょう
その5:人を呼んでしまいましょう
その6:アイデア収納などで楽しく片付ける
その7:部屋の片付けはちょっとずつ

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!