汚部屋とおさらば!今度こそきれいになる部屋の片づけ6つのコツ

汚部屋とおさらば!今度こそきれいになる部屋の片づけ6つのコツ部屋の片づけのコツを教えて!という人は多いのではないでしょうか?「汚部屋」に住む若い女性が多いと言われることがあります。きれいな服ときれいな化粧で着飾った若い女性の部屋が実際には汚い、なんて男性からしたらがっかりです。それで今回は、汚部屋とおさらばして今度こそきれいになる、部屋の片付けのコツを6つご紹介したいと思います。

表向きだけでなくどこから見ても美しい女性になるために、ぜひ今回の記事を活用してくださいね。

汚部屋とおさらば!
今度こそきれいになる部屋の片付け6つのコツ

 

当たり前ですが、ゴミから捨てること

部屋の片付けの最初のコツは、ゴミを捨てるということです。当たり前と思うかもしれませんが、明らかにゴミというものを取っておいていることがあるのです。それで、汚部屋を片付けようと思っても、まずどこから手をつけていいか分からなくなって、あきらめてしまうという人もいますが、まずは明らかなゴミからゴミ袋に入れていくことをおすすめします。これだけでかなりのゴミが片付き、とっかかりが見えてくるでしょう。

 

場所を限定して片付けよう

続いての部屋 片付け コツは、机の上や棚の上など場所を限定して片付けるということです。どこから手をつければいいか分からないという状態が続いている方は、狭い一部分からきれいにしてみましょう。そしてきれいな部分を広げていく感覚で片付けを進めることができます。長い片付けの道のりの一歩が踏み出せるのです。

 

とにかく捨てまくろう

足の踏み場もないような汚部屋は、とにかく最初はすべてを一旦捨ててリセットするくらいの勢いでいくのが汚部屋を片付けるコツです。片付けられない人にとって「いるものといらないものをより分ける」のはとても苦痛です。それで、いるものを捨ててしまっても買いなおせばいい、という気持ちを持って、とにかく捨てていきましょう。

 

捨てられなさそうなら段ボールにつめよう

それでも使わないけど捨てられない、というものがたくさん出てくるかもしれません。それでも床が見えるようにならなければ部屋は片付きません。それであまり使わないけど捨てられない物は、段ボールや大きなビニール袋などにつめてまとめましょう。それでしばらく生活していると、必要なものはそこから出しますが、使わないものはそのままになっていると思います。

それらのものはいらないものと判断して、そのまま段ボールごと捨ててしまいましょう。ここではもう選り分けないのが、部屋を効率よく片付けるコツです。それでも捨てたくないという方は、リサイクルショップに持っていくのも一つの方法です。収益を期待するのではなく、無料で引き取ってもらうというつもりで持っていくのが、がっかりしないコツです。それで何百円かになったら嬉しいですよね。

 

部屋のマップを作ろう

ここまでである程度物を減らすことができたかもしれません。続いての部屋 片付け コツは、お部屋のマップを書いてみることです。部屋の家具の配置と、どこになにがあるかを書き込むことで、「物の住所」を決めることができます。そうすることで、使った物はそのマップ通りの場所(住所)に戻すことができますので、きれいになった部屋を片付けた状態に保つコツと言えます。

さらにどこに置いたか探す無駄も省けますし、だぶって同じ物を買ってしまって、物がまた増えてしまう危険も少ないのです。

 

ぱっと見て分かるようにしよう

そしていよいよ仕上げの部屋の片付けのコツは、ぱっと見て分かるようにしておく、ということです。押し入れを開けたり、クローゼットや引き出しを開けた時に、どこに何が収納されているか一目瞭然にしておくことが必要です。そのためには、押し入れの収納ボックスや引き出しに、ラベルで入っているものが何なのか書いておくことができます。

段ボールを収納しているなら、押し入れやクローゼットを開けた時にぱっと見える位置に入っているものを表示しておきましょう。分かっているつもりでも、書いておくのと書いておかないのとでは大きな違いがあります。書いておくと押し入れやクローゼットを開けるたびに、ここには何が入っていると確認して自然に頭に入りますので、物の位置がはっきり銘記されます。さらに自分が何を持っているのかを忘れませんので、物が増えることも少ないのです。

 

部屋の片付け6つのコツはいかがでしたか?

部屋の片付けはちょっとしたコツと考え方で可能だということがお分かりいただけたと思います。部屋がすっきり片付くと、頭の中もすっきりと整理され、仕事もプライベートも充実してきます。ぜひ今回の部屋の片付けのコツを実践して、気持ちの良い部屋を手に入れて、生まれ変わった自分も一緒に手に入れてくださいね。

 

まとめ

汚部屋とおさらば!今度こそきれいになる部屋の片づけ6つのコツ

・当たり前ですが、ゴミから捨てること
・場所を限定して片付けよう
・とにかく捨てまくろう
・捨てられなさそうなら段ボールにつめよう
・部屋のマップを作ろう
・ぱっと見て分かるようにしよう

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!