狭くても友だちを呼べる部屋になれる片付け&収納5つのテクニック

狭くても友だちを呼べる部屋になれる片付け&収納5つのテクニック狭い部屋の片付けって悩みの種。狭いと、収納できない物であふれて部屋が片付けられない!友だちを部屋に呼ぶなんて絶対無理!という方も多いのではないでしょうか?しかし限られたスペースを有効活用して、片付けと収納を一工夫すれば、狭くてもお客さんを呼べる部屋に生まれ変われますよ!そこで今回は、狭くても友だちを呼べる部屋になれる片付け&収納5つのテクニックをご紹介します。

狭い部屋に住んでいても、片付けが下手でも大丈夫です!ぜひ参考にして友だちを呼べる素敵な部屋を作ってくださいね。

狭くても友だちを呼べる部屋になれる
片付け&収納5つのテクニック

 

その1:布&カゴで棚すっきり

狭い部屋にどうしても必要なのは、収納場所となる棚ですね。ステンレスのパイプで組み立てる棚やカラーボックスを重ねて使っている方も多いと思います。でもそのままだと中が丸見えで、お客さんが来たら恥ずかしいですよね。それに部屋全体が乱雑なイメージになります。そこでおすすめなのが、布とカゴ使いです。部屋の雰囲気に合った布をカーテンにして目隠しすると、一気に生活感を隠せます。

またかわいいカゴを引き出し代わりに使うことで、丸見えを防げます。ポンポン物を投げ込んでも、外からは見えませんので、急にお客さんが来ても、部屋を片付けられた状態に見せることができます。

 

その2:おそろいグッズで見せる収納

棚を駆使しても、収納しきれない物ってたくさんありますね。鍋、やかん、調味料入れなどもそうですね。そのような出しておくしかない物は、同じ色やメーカーのもので統一しておくと、すっきりと片付いて見えます。例えばうちでは、調味料入れは、白いホーローの器と決めて揃えています。そうすると砂糖も塩もコーヒー豆やお茶の葉なども同じ器に収納することで、見せる収納の完成になります。

テーマカラーがあると部屋がおしゃれで広く見えます。カーテンやラグマットに合わせて収納グッズのカラーを決めると、生活感を消すことができます。

 

その3:見えない場所に生活感のある物

狭い部屋だと生活感のある物が見えるところに出てしまいますね。例えば、テレビのリモコンや携帯の充電器、読みかけの雑誌、ゴミ箱などです。しまいこむわけにはいかないけれど、見えるところにあると部屋が片付けられていないイメージになってしまいます。それでこのような生活感のあるものは、お客さんの目につきにくいところに収納するのがマル!

部屋の中で死角になる部分がありますか?例えば家具の裏や下、観葉植物の裏はそのような物を隠すのに良い場所です。家具のサイドや扉の裏にウォールポケットを設置して収納しても目に留まりませんね。

 

その4:かわいい容器にざっくり収納

狭い部屋の片づけで一番困るのが、こまごまとしたものの収納場所ですね。こまごまとしたものをこまやかに収納するのがベストなのでしょうが、疲れてしまって長続きしませんよね。それを解決するのがかわいい容器です。ホーローの缶、ワイヤかご、布バッグなどかわいい収納容器を楽しくそろえてみましょう。この容器に入れれば、中はざっくりと入れておけばOKです。見た目がかわいいので、飾りながら収納できます。

 

その5:今使うものだけを持つ

狭い部屋に住んでいるのに「将来これを使うようになるかも」とか昔の思い出の品々まで取っておくと、物であふれてしまいます。今必要な物しか持たないことを徹底すれば、収納場所を取りませんので、空間が生まれてきます。使わないものはリサイクルに出したり、必要としている人にあげたりできます。思い出の品は思い切って捨てるか、それができなければ写真に撮っておいてパソコンに保存しておくのがおすすめです。

小物や雑貨もかわいいと思うものを全部飾ると雑然としてしまって、部屋が片付けられていない状態になります。それで気に入ったものをちょっとだけ飾ると、お客さんが居心地良く感じる部屋を作ることができます。

 

狭くても友だちを呼べる部屋になれる片付け&収納5つのテクニックはいかがでしたか?

部屋が狭いから片付けられないし、おしゃれなインテリアを楽しめないし、友だちも呼べないとあきらめないでください。この5つのテクニックを駆使して、狭い部屋でも友だちを呼べる素敵な部屋を作ってみてくださいね。

 

まとめ

狭くても友だちを呼べる部屋になれる片付け&収納5つのテクニック

その1:布&カゴで棚すっきり
その2:おそろいグッズで見せる収納
その3:見えない場所に生活感のある物
その4:かわいい容器にざっくり収納
その5:今使うものだけを持つ

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!