簡単キレイ☆ガスコンロの「1分ついで掃除」術!6つのコツ

簡単キレイ☆ガスコンロの「1分ついで掃除」術!6つのコツガスコンロの掃除が面倒くさいと感じることはありませんか?毎日使うものなので、すぐに汚れてしまうガスコンロ。掃除を後回しにしていると、汚れが焦げ付いたりこびりついて、なかなか取れなくなってしまうこともありますね。でもピカピカに保つのは実はとっても簡単です。それはガスコンロを何かの「ついでに」掃除する、「ついで掃除」をすればいいんです。

そこで今回は、簡単なのにきれいを保てる、たった1分のガスコンロの「ついで掃除」術をご紹介します。これならできそう、というものばかりですので、ぜひ始めてみてくださいね。

簡単キレイ☆ガスコンロの
「1分ついで掃除」術!6つのコツ

 

その1:重曹水でさっと拭き

ガスコンロを掃除するときに、まず作っておきたいのが重曹水です。重曹とは別名炭酸水素ナトリウムで、ケーキの膨らまし粉として料理にも使えるほど安全なものです。天然成分なので地球にも体にもやさしく、薬局やスーパーで安く手に入ります。重曹は、水に溶かして重曹水として使うと、油汚れに強い安全な洗剤になります。ちなみに、粉のままふりかけて、少しの水で磨くとクレンザーのようにがんこな汚れも落とせます。

重曹水の作り方はこうです。スプレーの容器に水100mlと重曹小さじ1杯入れ、よく振ってとかすだけです。ガスコンロの1分ついで掃除は、重曹水をさっとスプレーし、布か紙でふき取るだけでかなりきれいを保てます。料理の合い間や、洗いものの合い間など気づいた時についでにさっと拭きます。重曹水は万が一口に入っても害のないものなので、ついでにさっとスプレーするのにちょうどよいものです。しかも驚くほどピカピカになりますよ。

 

その2:使い古しラップでこする

ラップをかけていたものを外した時、そのまま捨てるのはもったいないです。ラップを捨てるついでに、ガスコンロの掃除に使いましょう。ラップを手でくしゃっと丸め、重曹スプレーをかけ、天板を軽くこすると汚れがきれいに落ちます。

 

その3:ごとくは調理道具と一緒に洗う

ガスコンロの掃除で面倒だと思うのはごとく周辺の汚れですね。料理すると必ず少しは汚れてしまうものですが、毎回洗っていますか?私は毎回洗うことはなく、汚れが目立ってきたら洗っていたのですが、その時には火の熱で汚れが焦げ付いていることが多かったです。でも毎食後の食器や調理器具洗いのついでに、一緒にごとくも洗うようにしました。どうせ洗うのですからついでです。これでガスコンロの掃除が一気に楽になりました。

こびりつく前に洗い落とせるので、汚れと戦うことがなくなりましたよ。

 

その4:グリルの網と皿はフライパンだと思う

魚焼きグリルも面倒くさい部分ですね。でも魚を焼いた後に洗わないでおくと、汚れがこびりつき、臭くなってしまいます。それで私は魚焼きグリルは、鍋やフライパンと同じ、と考えています。鍋やフライパンを使ったら、すぐに洗いますよね。それと同じで魚焼きグリルも使ったらすぐに洗うようにしています。調理器具だと思うと、洗うのは当たり前になり面倒だと思わなくなりましたよ。

こびりつく前の魚焼きグリルなら、洗剤とスポンジでこするだけ、1分ほどで洗い終わります。

 

その5:歯ブラシでさっとこすりする

ガスコンロの掃除では、使い古しの歯ブラシが大活躍します。それですぐに手に取れる位置に使い古しの歯ブラシを一本置いておきましょう。これでバーナーキャップやバーナーをこすることで、目詰まりを防ぐことができます。グリル庫内の奥の方の汚れも、歯ブラシなら届いてすっきり落とせます。目につくところに置いておくことで、なにかのついでに片手でささっとこすればいいので簡単です。

 

その6:お湯が余ったらつけ置きする

こまめにガスコンロの掃除をしていても、しつこい汚れがこびりつくことってあると思います。そんな時は、お湯が余ったついでにつけ置き洗いできます。お湯が余る時って結構ありますよね。我が家の場合は、お湯を多く沸かしすぎたとき、ポットで保温していたお湯を捨てるとき、冬なら湯たんぽのお湯を捨てるときなどです。そんなお湯をためて重曹を溶かし、汚れがこびりついたもの、ごとくやガスコンロの皿などをつけておきます。

10分くらいしたら汚れがお湯と重曹の力で浮き上がりますので、軽くこすればきれいになりますよ。手をかけるのは1分程度です。本当に簡単ですね。

 

ガスコンロの「1分ついで掃除」術!6つのコツはいかがでしたか?

普段のガスコンロの掃除は、このたった1分の「ついで」でできちゃいます。これなら料理に家事に忙しくてもできますね。このガスコンロの掃除術で、ピカピカキレイをキープして気持ちの良いキッチンにしてくださいね。

 

まとめ

簡単キレイ☆ガスコンロの「1分ついで掃除」術!6つのコツ

その1:重曹水でさっと拭き
その2:使い古しラップでこする
その3:ごとくは調理道具と一緒に洗う
その4:グリルの網と皿はフライパンだと思う
その5:歯ブラシでさっとこすりする
その6:お湯が余ったらつけ置きする

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!