新世紀エヴァンゲリオン噂の7つの都市伝説

新世紀エヴァンゲリオン噂の7つの都市伝説「エヴァンゲリオン」といえば、アニメに疎い女の子でも知っている超有名なアニメです。1990年代に爆発的な人気を博した新世紀エヴァンゲリオン。現在でも劇場版が話題になり、ファンが増え続ける名作です。そんなエヴァンゲリオンには様々な都市伝説が生まれています。今回はそんなエヴァンゲリオン都市伝説を7つご紹介します。

新世紀エヴァンゲリオン噂の7つの都市伝説

 

その1:エヴァンゲリオンの意味についての都市伝説

作品タイトルである「エヴァンゲリオン」とは、作中で主人公たちが乗る巨大人型決戦兵器です。この名は古代ギリシア語で福音を意味するエヴァンゲリオンラテン語1(エウアンゲリオン)をラテン文字表記し「Evangelion」に由来するという都市伝説が。

また、また作品タイトルでは「新世紀」をNeon Genesisとしていますが、neon エヴァンゲリオンラテン語2はギリシア語で「新しい」の意味で、genesisエヴァンゲリオンラテン語3は「誕生、創生、原因、開始、始まり、根源」の意味にあたります。

ラテン語や英語などでは旧約聖書正典の一つ「創世記」の意味を持つのだとか。略称の「EVA」については聖書の創世記に記述されている最初の女性、エバ(イヴ)からとられているという都市伝説もあります。

 

その2:登場人物の名前の由来についての都市伝説

エヴァンゲリオンに登場する個性的なキャラクターたちの名前についての都市伝説です。実は登場人物たちには名前の由来があるのだとか。「綾波レイ」は大日本帝国海軍特型駆逐艦Ⅱ型1番艦「綾波」から。「惣流・アスカ・ラングレー」の惣流は日本海軍の蒼竜級航空母艦「蒼竜」、アスカは海上自衛隊の実験艦「あすか」、ミドルネームのラングレーはアメリカ海軍ラングレー級航空母艦「ラングレー」から。

「葛城ミサト」は日本海軍の雲竜級航空母艦「葛城」から。「赤城リツコ」は日本海軍の赤城級航空母艦「赤城」から。このように、旧日本海軍やアメリカ海軍の軍艦名に由来しているものがいいとの話です。

 

その3:使徒についての都市伝説

エヴァンゲリオン作中では敵として実に18もの使徒が登場します。大きな目だったり、球体だったり、クモのような形をしていたりと、本当にユニークな形状をしているものが多いのはご存知でしょう。使徒は独自の波長パターンを持っていて、MAGIシステムにパターン青と判断されれば使徒と認識されます。様々な姿や能力を持つのですが、信号の配置と座標の99.89%までは人類の遺伝子と共通で、元々は人間の個人の遺伝子の差からだとか。

 

その4:アダムがエヴァンゲリオンの元になっているとの都市伝説

南極で発見され、セカンドインパクトを引き起こされたとされる第一使徒。その名前は最初の人間とされている「アダム」からとられました。第三使徒以降の使徒を生み出した生命の源であり、生命の実を得た存在。そのため、アダムから生み出された子どもたちにはその力が継承されています。また、初号機、零号機を除く全てのエヴァンゲリオンの元となっているのだとか。ちなみに零号機はアダムではなくリリスから作られたと言う都市伝説もあります。

 

その5:某秘密結社との関連性についての都市伝説

あまり大きな声では言えませんが、あの秘密結社とエヴァンゲリオンが関係しているとの都市伝説があります。碇の石、定規、ゲンドウの旧姓の六分儀、ゼーレのピラミッド、目、これらのパーツは偶然と言えるのでしょうか?もちろん、公式には否定されていますが、まことしやかに囁かれているエヴァンゲリオン都市伝説の一つです。

 

その6:アンビリカルケーブルについての都市伝説

エヴァンゲリオンが背中につけているケーブルを覚えていますか?エヴァンゲリオンの充電に使われているものです。作中ではアンビリカルケーブルと呼ばれていますが、アンビリカルコード(へその緒)が起源であると言われています。実はこのアンビリカルケーブル、エヴァンゲリオンの専用用語ではないのです。一般的に電気などを供給する線に用いられるケーブルについてその呼び名が使われるのだとか。

 

その7:エヴァンゲリオンの原作者についての都市伝説

エヴァンゲリオンの原作者は監督である庵野秀明氏ではなく、GINAXのスタッフが作り上げたという都市伝説があります。原案はあくまで庵野秀明氏ですが、彼の原案を元にキャラクターデザインを貞本義行氏、山下いくと氏らが関わり、その他のスタッフとともに作り上げたそうです。当時庵野氏はGAINAXの一社員であり、原作はと言われると、会社であるGAINAXというのが正しく、原案が庵野秀明氏というのが正式だという話です。

 

いかがでしょうか?エヴァンゲリオンはその物語の複雑さから、場外でも話題を提供し続け、ファンを悩ます作品です。その過程の中で色んな憶測が飛び交い、エヴァンゲリオン都市伝説としてこうして語り継がれてきました。この様々な都市伝説を信じるも信じないもあなた次第ですが、こうした都市伝説を知っていると、作品をより楽しむことが出来ますね。

 

まとめ

新世紀エヴァンゲリオン噂の7つの都市伝説

その1:エヴァンゲリオンの意味についての都市伝説
その2:登場人物の名前の由来についての都市伝説
その3:使徒についての都市伝説
その4:アダムがエヴァンゲリオンの元になっているとの都市伝説
その5:某秘密結社との関連性についての都市伝説
その6:アンビリカルケーブルについての都市伝説
その7:エヴァンゲリオンの原作者についての都市伝説

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!