飛び上がった後に大笑い!なドッキリネタの4つのポイント

飛び上がった後に大笑い!なドッキリネタの4つのポイントドッキリネタには友人たちを喜ばせるものもあれば、すこし眉をしかめてしまうような微妙なものまで様々です。ドッキリネタの内容によって、今までの友情関係にひびが入ってしまうのであれば、それは非常に残念なことです。笑えるドッキリネタもいいですが、人を喜ばせることができるドッキリネタ、つまりサプライズはとても心温まるものがあるでしょう。それでは、適度にできるドッキリネタのポイントはどのようなものなのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

飛び上がった後に大笑い!な
ドッキリネタの4つのポイント

 

その1:適度に驚かせる

ドッキリネタというと、人を驚かせるものというイメージがあると思います。確かにその通りなのですが、適度に行なわなければ気まずくなってしまいますので、度が過ぎたものは成功したとは言えないでしょう。ドッキリネタで人を驚かすのであれば、適度に行なうことが必要です。簡単にできる適度なドッキリネタとして次のようなことができるでしょう。

例えば、集団で歩いている時に突然空を見上げて「わ!危ない!」と言ってしゃがんだりすることができます。おそらく他の人は何事かと思って思わずしゃがみこむでしょう。友人の頭に虫のおもちゃや蛇のおもちゃを乗せて「わー!虫!」とか「へび!へび!」などと騒ぐのも、仲のいい友達であればぎりぎりセーフかな、と思います。

 

その2:友人の持ち物を使って驚かす

友人の持っているものを使って驚かすというのも良いドッキリネタかもしれません。この時もやり過ぎに注意です。友達自身や友達の持ち物に、何かの害を加えるようなドッキリネタはしない方が良いでしょう。ちょっとびっくりさせて、そのあと後で笑いあえるようにすることが大切です。例えば、スマホにこっそりウィルスに似せたアプリをダウンロードしておき、友達がスマホを起動させるとアイコンが壊れていく、というドッキリネタを使うことができるでしょう。

言うまでもなく、本物のウィルスを使ってはいけません。それを使った時点でドッキリネタではなく犯罪になってしまうからです。また友達の携帯をそっくりのレプリカにすり替えるという方法も面白いでしょう。携帯のレプリカはネットなどで手に入りますので、興味のある方は試してみましょう。

 

その3:驚かせて喜ばせる

このドッキリネタは感動できるドッキリネタです。ドッキリネタを仕掛けられた人はもちろん喜びますし、仕掛けた方も良かったと思えるでしょう。簡単にできる方法としては、好きな人が欲しがっていたものをこっそり聞いておいて、突然それをプレゼントするという方法があります。いわゆるサプライズプレゼントです。このようなプレゼントをもらって喜ばない、という人はあまりいないと思いますので、良いドッキリネタと言えるでしょう。

また、この場合は少し大がかりなドッキリネタでもいいでしょう。例えばディズニーランドへ行きたいと思っているのですが事情があって行く機会がないという友人に対して、あなたと数人の友人たちがどこか違う場所へ旅行すると思い込ませてその友人を旅行へ連れ出します。で、着いた先がディズニーランド、というような形にすると、友人はとても驚き喜ぶことでしょう。このように人を喜ばせるためのドッキリネタもおすすめです。

 

その4:ネタに現実味を持たせる

あまり行なう人はいないかもしれませんが、お金をかけて大がかりなドッキリネタを仕掛けるようであれば、よく計画し、ドッキリネタに現実味を持たせることが大切です。大がかりな仕掛けを作るのであれば、色々なところに許可を求めることも必要でしょう。例えば、友人の車をこっそりすり替えておき、友人が路上に止めているとクレーンなどで持って行ってしまうというドッキリネタや、ゲームセンターに置いてある腕相撲マシンに見せかけた物に本物の人間が入っていて、手を握ると握り返されるなどのドッキリネタができるでしょう。

このようなことを行なう際には、道路使用の許可や各種免許、またお店の許可も必要です。このようなドッキリネタに興味のある方は、行き当たりばったりではなくよく計画して行ない、法律違反で捕まることがないようにしましょう。

 

いかがでしたか?

この記事では、適度にできるドッキリネタの4つのポイントについてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?ドッキリネタを披露するのであれば、適度に驚かせること、友達自身や友達の持ち物に傷を付けたり、被害を与えたりしないこと、驚かせた後に笑いあえるものを選ぶことが大切です。

ドッキリネタはいわばもろ刃の剣なので、使い方を誤ると長年の友情にひびが入ることにもなりかねません。友人を傷つけないようにしながら、楽しいドッキリネタを仕掛けましょう。この記事がドッキリネタを計画中の皆さんの参考になることを願っています。

 

まとめ

飛び上がった後に大笑い!なドッキリネタの4つのポイント

その1:適度に驚かせる
その2:友人の持ち物を使って驚かす
その3:驚かせて喜ばせる
その4:ネタに現実味を持たせる

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!