皆から愛される秘密はここにある!6つのディズニー裏話

皆から愛される秘密はここにある!ディズニー裏話ディズニーの裏話はご存知ですか?裏話というくらいですからあまり知られていないことも多いのですが、ディズニーには隠されたたくさんの裏話があるのです。ディズニーが好きな方も今まで興味がなかった方もこの裏話を聞くときっとディズニーにすぐに行きたくなるでしょう。

皆から愛される秘密はここにある!
6つのディズニー裏話

 

その1:ディズニーには地下通路がある

実はキャストしか通ることができない長い通路が地下に隠されているのです。この通路はディズニーランドとディズニーシーを繋いでいると言われています。

実はこの通路は数年前、一度だけゲストが利用したことがあるのです。それは2011年の震災の日のこと。この日ディズニーパーク内でも大きな揺れが発生しました。戸惑うゲストに対し、明るく冷静に対応するスタッフ。そしてランドにいるゲストを安全点検の済んだシーへ誘導する事となりました。電気の通ってない暗い道。ランドからシーへの道のりは長いです。そこでゲストを一番早く安全に移動ができる地下通路で案内したのです。

地下通路は夢の国ではありません。あくまでスタッフの通路です。しかしその日ゲストが通路に行くとスタッフがずらっと両サイドに並んでペンライトを振っていたのです。ゲストが怖くないように。そこはもはや地上よりも夢の国だったのかもしれません。

 

その2:閉園後のディズニーに潜む事は不可能

あんなに広いディズニー。もしかしたらどこかに隠れていれば閉園時間がきても隠れたままでいられるのでは?そんな風に考えたことはあろませんか?暗い場所や草むらもあるし、どうにか息を潜めて隠れていられるような気がしますよね。

しかしこれは不可能なのです。閉園後にはエリアごとにアトラクション、トイレ、茂みの奥まで数人グループ体制で端から端までライトを持ってチェックしているのです。また閉園しているからといってパーク内から人が消えて静かになるわけでありません。

清掃やショップの入れ替え、アトラクションのメンテナンス、そしてパレードの練習は早朝まで行われ、夜中でも多くの人で賑わっているのです。パークの従業員は一晩あっても時間が足りないと言っているくらい閉園から開園までは忙しいのです。

 

その3:シンデレラ城の先端だけ色が違う

シンデレラ城をよく見たことはありますか?どんなイメージで何色を思い浮かべますか?なんとなく青っぽいお城をイメージする人が多いかもしれません。しかしよく見ると屋根の先端はすべて金色になっているのです。これはデザインで金色にしたわけはなく、別に理由があるのです。

実はディズニーランド完成前の建設中に創業者のウォールト・ディズニーが亡くなってしまったのです。誰よりもディズニーを愛し命を懸けていたウォールト・ディズニー。どんなに完成を楽しみにしていた事でしょう。

そんな天国にいってしまったウォールト・ディズニーがすぐにディズニーの場所を見つけられるように屋根の先端を金色にしたのだそうです。とても素敵な裏話ですね。

 

その4:通常あるものがない

ディズニーには普通のお店には設置されているあるものを敢えて置いていないそうです。それは鏡です。お手洗いに行って手を洗って前を見上げても鏡がないところが多いのです。もちろんこれにも理由があります。

たとえば年齢不相応だけどせっかくの夢の国だしとミッキーミニーの耳やキャラクターの帽子を被る人は多いですよね。しかしお手洗いに行って鏡に映る自分の姿を見るたびになんだか現実の世界に引き戻されてしまいます。なんだかキャラクターをつけていることが恥ずかしくなってしまうのです。それを防ぎ、夢の中にいてもらうために敢えて鏡を設置していないのでそうです。

また混雑するパーク内でお手洗いの混雑を少しでも減らすための考慮も含まれているとの事です。

 

その5:違和感なく自然と変わるエリア

パーク内には様々なエリアが作られています。そしてそのエリアに合わせて雰囲気やBGMも変えています。しかし、あっエリアが変わった!と気付くことはほとんどないですよね。BGMが変わる瞬間の境目は必ずあるはずなのに何故かわからない。これにもディズニーの裏話があるのです。

実はこの境目には必ず水があるのです。川や滝が流れていて水の音が響いているのです。それにより自然と次のエリアに移ることができます。川や滝を発見したらエリアの境目なのかなと気を付けて通ってみるのも楽しいかもしれません。

 

その6:ストレスもなく待ち時間を過ごせる

休日やイベントのある日のアトラクションの待ち時間はとても長いですね。1時間の時もあれば3時間も並び続ける事もあります。それでも何故か並んでしまうのがディズニー。そして並んでみると意外とあっという間に感じるから不思議ですよね。

ここにも並んでいるゲストにストレスを与えないある裏話があるのです。それは列の作り方。ディズニーの行列には折り返しがいくつもあります。それを少しずつ進んで折り返して少しずつアトラクションに近づいていきます。これがその秘密です。人は同じ位置で同じものしか見えないとストレスを多く感じます。少しずつ歩かせて折り返しを作ることで視界を変え、並んでいるゲストを飽きさせないようにしているのです。

1歩でもアトラクションに入れば並んでいても楽しい見れる仕掛けがたくさんあります。そうやって並んでいる時間にも配慮してすべて考えられて作られているのですね。

 

いかがでしたか?なんだか今すぐディズニーに行きたくなる裏話ばかりですよね。全てゲストのために考えられた優しい裏話ばかり。やはり夢の国ディズニーランドは裏話まで夢の国ですね。

 

まとめ

皆から愛される秘密はここにある!6つのディズニー裏話

その1:ディズニーには地下通路がある
その2:閉園後のディズニーに潜む事は不可能
その3:シンデレラ城の先端だけ色が違う
その4:通常あるものがない
その5:違和感なく自然と変わるエリア
その6:ストレスもなく待ち時間を過ごせる

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!