ディズニーへお得に行くためのチケット7種類

ディズニーへお得に行くためのチケット7種類ディズニーのチケットが値上がりしていますね。払う価値はありますが、できれば安くチケットを手に入れたい…。そんな方のために、今回は18歳以上の大人向けに、ディズニーへお得に行ける7種類のチケットをご紹介します。ちょっと手間がかかったり、好きな時間・時期に行けないという制限もありますが、お得に購入したい人は必見です。

ディズニーへお得に行くためのチケット7種類

 

その1:スターライトパスポート

土日祝日に、15:00から入ることができるチケットです。値段は大人5,000円で、1デーパスポートよりも1,400円お安くなります。パークに入るのが14:00頃になりそうな方は、パーク入口前にあるお店「イクスピアリ」でご飯やショッピングで1時間潰してから、スターライトパスポートで入るのも一つの手です。夕方から夜にかけて人混みも緩和されるので、アトラクションの待ち時間も短くなっているところが多いのでおすすめです。

 

その2:アフター6パスポート

平日限定で、18:00から入ることができるチケットです。仕事帰りにアフター6でショーを堪能する、なんていう楽しみ方をする人も多くいます。値段は大人3,900円で、1デーパスポートと比べると2,500円安く購入できます。夜ならではの雰囲気やショー、アトラクションを楽しむことができるのが魅力です。ライトアップされたディズニーランドのシンデレラ城や、シーのタワー・オブ・テラーはとてもきれいですよ。

ただし、閉園時間の関係でアフター6パスポートを取り扱っていない日もあります。1月や2月は19:00~20:00頃の早めの時間帯で閉まる日があり、このチケットも購入することができません。事前に公式サイトの「運営カレンダー」を確認してくださいね。

 

その3:マルチデーパスポート

1デーパスポートが複数枚ついているチケットです。2デーパスポートは大人11,000円、3デーマジックパスポートは大人14,200円と、非常にお得に購入できます。3デーマジックパスポートは、3日目のチケットでディズニーランドとシーの両方に入ることができます。午前中はランドで、午後からシーに行く、という贅沢な回り方もできちゃいます。

注意点は、連続した日付で指定されたチケットになるということです。つまり、2日、もしくは3日連続して入場しないと割引の値段が無効になってしまいます。残りの1日分は来週末に行こう、という使い道はできません。ただし、指定した日に行けなかった場合は、日付の変更・1デーパスポートへの変更ができますのでキャストの方に聞いてみてくださいね(その際、差額分の支払いと手数料支払いが必要です)。

 

その4:年間パスポート

一年間、いつでもディズニーに入ることができる夢のようなチケット「年間パスポート」。果たしてどれくらいいけばお得になるのでしょうか?「年間パスポート」には、ディズニーランドのみ入れる「ディズニーランド年間パスポート」、シーのみ入れる「ディズニーシー年間パスポート」、ランド・シーどちらも入れる「2パーク年間パスポート」の3種類があります。

「ディズニーランド・シー年間パスポート」は大人53,000円、「2パーク年間パスポート」は大人82,000円です。通常の「1デーパスポート」が大人6,400円ですから、どちらか片方のみ入れるチケットの場合は年間で9回以上、どちらも入れるチケットの場合は年間で13回以上行けば、お得になります。季節によってショーの内容やパーク内の装飾、アトラクションも変わるので、年に何回いっても楽しめるのはディズニーならではですね。

また「2パーク年間パスポート」の場合、朝から晩までパーク内にいられる日が年に6回しかない場合でも、15:00から入園できる日が年に9回以上、もしくは18:00から入園できる日が年に12回以上あれば、通常よりお得になります。やはり自宅が舞浜に近い人でないと難しいかもしれませんが、昼過ぎや夕方から気軽に立ち寄れるのは魅力的です。

 

その5:シニアパスポート

60歳以上の方なら、いつでも5,700円でパークに入ることができます。気付かずに普通の1デーパスポートを購入してしまう人も多いようなので、年齢を確認してみてくださいね。年配の方でも楽しめるゆったりとしたアトラクションがたくさんありますので、たまには親孝行をしたいと思っている方、ディズニーのシニアパスポートを利用して家族旅行をするのはいかがですか?

 

その6:団体パスポート

25人以上であれば、一人当たり5,800円でチケットを購入できる、団体パスポートというものがあります。600円お得になりますから、もしサークルや社員旅行など大人数で行かれる場合は、なるべく25人以上になるように頑張って仲間を集めましょう。なお、当日に現地でチケットを購入する際は、団体用の窓口がありますので、お間違えのないように。

 

その7:期間限定パスポート

条件付きで、チケットが安く購入できる期間があります。開始時期や適応時期、値段、条件などが不定期に変わるため、情報を常にチェックしておく必要があります。ちなみに、2014年に発売された割引チケットは下記の通りです。

・キャンパスデーパスポート:学生であることが条件。期間は1~3月、7~8月ごろ。大人5,800円。
・首都圏ウィークデースペシャルパスポート:首都圏に在住・在勤・在学していることが条件。期間は4~7月の平日のみ。値段は大人5,700円。
・夏5ウィークデーパスポート:7月~8月の平日のみ、17:00から入園可能なチケット。大人3,900円。
・45PLUS:45歳以上であることが条件。平日のみ使用でき、値段は5,500円。

今後も新しい割引チケットが登場するかもしれません。条件さえあえば、ぜひ利用したいですね。

 

いかがでしたか?ディズニーにお得に行ける6種類のチケットをご紹介しました。

少し手間がかかるものもありますが、浮いたお金はお土産代に回したり、パーク内での食事代として使ってみてはいかがでしょうか。また、頻繁にディズニーに行っているという方は、自分の生活リズムやスケジュールと相談してみると、意外と年間パスポートの方がチケット代が安くなる、ということもありますよ。かしこくチケットを手に入れて、ディズニーを思う存分楽しみましょう。

 

まとめ

ディズニーへお得に行くためのチケット7種類

その1:スターライトパスポート
その2:アフター6パスポート
その3:マルチデーパスポート
その4:年間パスポート
その5:シニアパスポート
その6:団体パスポート
その7:期間限定パスポート

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!