攻略!ディズニーランド待ち時間を上手に減らす6つの方法

攻略!ディズニーランド待ち時間を上手に減らす6つの方法 ディズニーランドの待ち時間は、誰もが減らしたいと考えていますよね。特に混雑する夏休みや土日祝日は、人気のアトラクションの待ち時間が120分を超えることもあるので、せっかく朝早くパークに入園しても、お昼ごはんを食べる頃にはまだ1つか2つしかアトラクションに乗っていないなんてこともあると思います。また、暑い時期に屋外での待ち時間が長時間に及ぶと体調を崩したり、体力を消耗してしまうこともあると思います。

しかし、ディズニーランドの待ち時間は、ちょっとした攻略のコツさえ抑えて行動すれば、効率よくアトラクションを楽しむことができるのです。そこで、ディズニーランドの待ち時間を上手に減らす6つの方法をご紹介します。

攻略!ディズニーランド待ち時間を
上手に減らす6つの方法

 

その1:混雑予想サイトで事前に当日の混雑度合いを把握する

ディズニーランドのファンなどが運営している混雑予想サイトは複数あるので、事前に当日の混雑状況をチェックしておきましょう。効率よくパーク内のアトラクションを回るには、入園前にある程度アトラクションに乗る順番を計画しておく事が重要となります。混雑状況によっては優先度の低いアトラクションをカットしたり、逆に増やす事を想定できますので、まずは、混雑状況の把握をしておくことが必須となります。

 

その2:入園前に休止アトラクションをチェックしておく

ディズニーランドでは、メンテナンスなどの理由でアトラクションが一定期間休止になることがあります。人気アトラクションが休止になっていると、その反動で普段はあまり混雑しないアトラクションの待ち時間が長くなることがありますし、当日目当てのアトラクションに足を運んだら、運行していなかったなんて場合には時間をロスしてしまいますので、事前に公式サイトで休止アトラクション情報をチェックしておきましょう。

また、当日、安全確認や天候の理由などで一時的に運転休止となるアトラクションの確認は、パーク内に複数設置されたアトラクションのスタンバイ時間の案内板で随時確認することをおすすめします。

 

その3:入園後は人気アトラクションのファストパスを取る

パークに入園したら、まず最初に人気アトラクションのファストパスを発券しましょう。ファストパスとは、事前に発券したチケットに記載された時間内にアトラクション乗場に行くと、通常の待ち時間より少ない待ち時間でアトラクションに乗ることができるチケットです。しかし、ファストパスは利用できるアトラクションと発券枚数に限りがあります。また、1度発券したら、一定時間以上経過しないと次のファストパスを取ることができません。

そのため、パーク内で1枚でも多くのファストパスを発券・利用するために、入園したらまずファストパスを取ることが重要です。さらに、ファストパスは待ち時間を節約することができるシステムですから、最も待ち時間が長いアトラクションで利用することが最も賢い方法となります。自分が乗りたいアトラクションの中で、一番人気があると思うアトラクションを事前に予想しておきましょう。

 

その4:入園後に最初に乗るアトラクションを決めておく

パーク開園時間になると、エントランスに並んでいたゲストたちが一斉にパーク内の目当ての場所に足早に向かいます。中には走る人もいるくらいです。そのため、入園後に「何に乗ろうか」などと相談したり迷っていては、その数分が数十分の待ち時間と引き換えになってしまいます。入園後に最初に乗るアトラクションは決めておきましょう。

前述でご紹介しましたが、入園後にファストパスを最初に発券したら、そのアトラクションの周辺のアトラクションに乗ることをおすすめします。なぜなら、開演直後は当然のことながら、どのアトラクションも待ち時間が0分です。しかし、時間が経過するにつれて待ち時間は増えていくからです。ファストパスをとったら、素早く最初に乗るアトラクションに移動することが重要なのです。

 

その5:アトラクションの対象年齢を予測して行動する

アトラクションには大体の対象年齢があります。明記されているわけではありませんが、例えば、「イッツ・ア・スモールワールド」や「ピーターパン」などのアトラクションはどちらかと言うと子供向けです。そのため、子供向けのアトラクションはお昼頃から夕方にかけて混雑する傾向にあります。そのようなアトラクションには、夜遅い時間になってから乗ると待ち時間が少なくて済むでしょう。

一方、身長制限がある中高生から大人向けのアトラクションは、待ち時間が読みにくいですのですが、アフター6パスポートやスターライトパスポートで入園可能な夕方以降には混雑する傾向にありますので、なるべく午前中や午後のパレードなど催し物が行われている時間帯に乗るようにしましょう。

 

その6:ちょっとした空き時間にリストアップしておく

ファストパスで指定された時間まで残り数十分というような微妙な空き時間ができてしまったら、その時間を利用して乗ることができるアトラクションをリストアップしておきましょう。ディズニーランドには、主な人気アトラクションの他にも意外と知られていない、待ち時間が10分~30分程度の面白いアトラクションがたくさんあるのです。時間を潰すためにただベンチに座るのではなく、なるべく時間を有効活用しましょう。

また、ちょっとした空き時間に座ってアトラクションに乗ることができれば、疲労回復にもつながりますので、待ち時間が比較的少なくて、座って楽しめるおすすめのアトラクションをご紹介します。

・ウエスタンリバー鉄道
・カリブの海賊
・ジャングルクルーズ
・魅惑のチキルーム
・イッツ・ア・スモールワールド
・ミッキーのフィルハーマジック

 

いかがでしたか?攻略!ディズニーランド待ち時間を上手に減らす6つの方法をご紹介致しました。

せっかくのディズニーランドですから、パークにいる時間はなるべくアトラクションに乗って楽しい時間を過ごしたいですよね。裏ワザのようなものがなくても、ここでご紹介したコツをひと通り抑えておくだけで大分時間を有効活用することができると思います。事前にどのようなアトラクションに乗りたいかを一緒に行く友人や家族と計画を立て、当日も臨機応変に行動するように心がけましょう。

 

まとめ

攻略!ディズニーランド待ち時間を上手に減らす6つの方法

その1:混雑予想サイトで事前に当日の混雑度合いを把握する
その2:入園前に休止アトラクションをチェックしておく
その3:入園後は人気アトラクションのファストパスを取る
その4:入園後に最初に乗るアトラクションを決めておく
その5:アトラクションの対象年齢を予測して行動する
その6:ちょっとした空き時間にリストアップしておく

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!