ひと工夫で快適に楽しもう!多角的ディズニー攻略法5つ

ひと工夫で快適に楽しもう!多角的ディズニー攻略法5つ日本で大人気のテーマパーク、東京ディズニーリゾート。アトラクションはもちろんショーやパレード、季節ごとのイベントなど、何度行っても新しい楽しみがあって尽きる事がありません。好きな方はもう何度も訪れて、自分なりの楽しみ方で、夢の国を満喫しているのではないでしょうか。

そこで今回は、アトラクションを効率よく回るというようなことではなく、知っているとより快適に楽しめる基本的なことや、アトラクションやパレード以外で楽しむディズニー攻略法を5つご紹介します。

ひと工夫で快適に楽しもう!
多角的ディズニー攻略法5つ

 

その1:連休前は日付指定のパスポート

東京ディズニーリゾートともなれば、大型連休になると入場規制される可能性が高くなります。そうなるとチケットを購入することもできず、パークに入る事すらできません。これはあまりにショックですよね。そうならないために便利なのが、日付指定のチケットです。このチケットはパークの窓口、東京ディズニーリゾート・チケットセンター及び同センターのオンライン予約・購入サイトで購入できます。

購入できるのは、一定の期間以内の利用分ですが非常に便利です。また、新たに登場したディズニーeチケットでは、自宅にプリンターがあれば、購入から発行までが簡単にできますので、ディズニー攻略の1つに加えて下さいね。繁忙期に東京ディズニーリゾートに行く予定のある方は、ぜひ利用してください。

 

その2:開園待ちは嫌がらず

パーク内で思う存分楽しむために、開園前に余分な体力を使いたくないと長い待ち時間を嫌がる方もいると思います。でも、開園時間のギリギリに行くと、開園してから実際にパーク内に入るまでに30分もかかる場合が少なくありません。これでは、意味がありませんよね。

特に混雑する日には開園時間が早まることがあります。15分程度の繰り上げ開園は普通によくあることで、チケットの売れ行きの状況によっては、30分早く開園することもあります。ですから、1時間前くらいに到着しておいて、早く開園することを期待しながら待つ方が無難です。

 

その3:買い物のタイミング

さて、せっかく楽しんでいるディズニーですから、時間が許す限りめいっぱい楽しんで、最後に買い物をしてから帰ろうと考える方も多いのではないでしょうか。買い物をすれば荷物も増えますし、その荷物をロッカーに入れておいても、帰りに取りに行かなければならないという手間もあります。でも、気軽に考えていると痛い目を見るかもしれません。こんな時に役立つディズニー攻略法です。

パレード終了後や閉園間際のショップはどこでも大混雑で、まるでバーゲンや福袋の争奪戦状態となっています。この地獄を避けるためには、お昼過ぎから夕方にかけてショッピングの時間に充てることです。食事をした後の腹ごなしがてらにゆっくり買い物を楽しむのもいいかもしれません。せっかく夢の国に来たのですから、欲しいアイテムをしっかり選んで、満足できる買い物をしたいですよね。

ちなみに、どうしても時間いっぱいパークで楽しみたい方は、パークを出てボン・ボヤージュで買いましょう。それでも多少は混雑していますが、パーク内よりは多少マシだと思われます。

 

その4:キャラクターグリーティング

東京ディズニーリゾートでは魅力的なキャラクターたちとの触れ合いも楽しみの1つです。会える時間が決まっていたり、エントランス前でゲストを迎えてくれたりと様々ですが、キャラクターに直接会えるのは嬉しいですよね。会える時間と場所が決まっていないグリーティングでは、タイミングが良ければ、結構長い時間触れ合うこともできますし、できればゆっくり会いたいものです。

こうしたグリーティングもアトラクションと一緒で、パレード中に行くと比較的空いている場合があります。ただ、この場合はパレードに出演しているキャラクター以外に限られます。やはり、メインキャラクターは人気なので、遭遇したとしても人だかりや行列でなかなか気軽に触れ合うことは難しいです。特に人気のシェリーメイは、日没までに限られているのでいつもたくさんの人に囲まれています。

そんな人気のキャラクターたちについては、開園直後が比較的会えるチャンスが多いようです。シェリーメイ以外のキャラクターであれば、閉園間際も狙い目です。ちょっとしたディズニー攻略ですが、更に愉しむために覚えておくと良いですね。

 

その5:キャラクターにサインをもらう

さて次のディズニー攻略法は、ミッキーたちキャラクターサインをもらう方法です。なるべく硬い表紙のついたスケッチブックやサイン帳とサインペンを用意して、タイミングを見てお願いしてみましょう。この時、サインが欲しいあまりに他のゲストの方々に対する配慮が無くならないように注意してくださいね。会いたかったキャラクターを前に、興奮してしまうのは仕方のないことですが。

ちなみに、キャラクターによってサインにも個性があります。例えば、ピノキオに登場する猫のキャラクターのギデオンは何度書いてもサインを覚えられません。自分の名前のスペルが思い出せずに毎回安定感がなく、ガタついたサインになることがあるというのです。また、プルート(PLUTO)の「O」が肉球になっていたり、白雪姫の小人の一人であるバッシュフルは恥ずかしがり屋でものすごく小さなサインだったりします。

さらに、誕生日の時にその事を伝えると、いつもと違うサインがもらえる可能性があるかもしれないそうですよ。

 

いかがでしたか?ひと工夫で快適に楽しもう!多角的ディズニー攻略法5つをご紹介しました。

東京ディズニーランドは、本当に色んな楽しみ方ができます。それだけに、時間を無駄にはしたくありませんよね。それに、仮に体調や天候に恵まれなくてもゲストが満足できるよう、様々な夢を用意してくれています。今回ご紹介したディズニー攻略法を参考に、自分らしい楽しみ方で夢の国を満喫してください。

 

まとめ

ひと工夫で快適に楽しもう!多角的ディズニー攻略法5つ

その1:連休前は日付指定のパスポート
その2:開園待ちは嫌がらず
その3:買い物のタイミング
その4:キャラクターグリーティング
その5:キャラクターにサインをもらう

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!