断食ダイエットの種類と方法について5つのポイント

断食ダイエットの種類と方法について5つのポイント断食の方法をきちんと調べたことはありますか?ダイエットやデトックスのために断食を行うこともありますが、ただ単に飲まず食わずを続ければ良いというものでもありません。知識もなしにいきなり断食を行っては、最悪の場合、救急車で運ばれることになってしまいますし、救急車を呼ぶことが出来ない可能性だってあります。一口に断食といってもいろいろな方法がありますから、自分にあったものを探してみると良いでしょう。今回は断食の方法とその注意点として5つのポイントを紹介します。

断食ダイエットの種類と方法について5つのポイント

 

その1:断食で気を付けること

断食のときに気を付けるのは、急に初めて急に終わってはいけないということです。特に断食が終わったからといきなりがっつりと食べるのは非常に危険な行為です。実際に病院に搬送された人もいるくらいなので、徐々に普通の食事に戻す必要があります。また、専門家の指導のもので行わない限り、完全に断食することは非常に危険なのでお勧めしません。完全な断食を長期に渡り行いたいという場合は、断食を専門に行っている宿泊施設を使うのがいいでしょう。

この後に紹介するプチ断食であれば、事前に調べてから行うのが良いですね。間違っても、何の予備知識もなしにいきなり我流で始めることだけは止めて下さい。

 

その2:プチ断食

まずは断食初心者(?)向けに簡単なものから紹介します。プチ断食というその名の通りちょっとした断食のことで、1日や2日間の断食のことを言います。断食といっても、全く何も口にしないわけではなく、野菜ジュースや酵素ジュースといったものを食事の代わりに摂取します。簡単といってもそれなりの知識は必要になりますから、最低限の知識を身につけてから行いましょう。

簡単に説明すると、3日間で予定をたてて、1日目は少しずつご飯を減らし、2日目はご飯抜き、3日目はご飯を少しずつ増やして翌日以降の普通食に備える、というものです。いきなり断食に入ったり、断食を終わらせるのは危険です。最近だとホテルなんかでも2泊3日とかで断食プログラムを提供しているところもありますね。そのようなところでは、専属の栄養士や医師が同伴することがあるので、自分だで行うのに自信がなかったりするときはこのようなホテルを使うのもお勧めです。食事が少なくても費用はそれなりにしますが、ホテル内の設備を自由に使えたりしますし、医師がいるという安心代と考えれば高くはないかもしれません。

プリンスホテルといった有名どころでも行っていますが、毎日予約を受け付けるわけではなく、予め決められた日程の中から選ぶことになります。都心から近いので気軽に行けるのもいいですね。こういうところでプチ断食を一度経験しておくと、自宅で行うときの参考になると思います。

 

その3:本気の断食

もしも本気で断食しようと思ったら、間違っても独学や我流では行わなずに、専門の施設に行くことをお勧めします。インターネットで検索すれば本格的な断食のための宿泊施設がすぐに見つかりますから、そういうところへ行くのが良いでしょう。1日や2日だけだったら先に紹介したようなプチダイエットで十分なので、本気で断食するときはまとまった期間が必要になります。

 

その4:体重は気にしない

プチ断食が終わった直後は体重が減っていますが、食事の量が減っているので当然のことです。ここで体重が減ったのは主に体内の排泄物が排泄されただけのことで、脂肪が極端に減る訳ではないので注意しましょう。もちろん食事をしなくても基礎代謝の分だけエネルギーは消費しますから、その分だけ脂肪が減ることは間違いありませんが、それでも週末にちょっと断食したくらいで何キロも落ちることはあり得ません。ですから、断食が終わってから食事を元に戻したあとに体重が多少増えても太ったとは思わないことです。

 

その5:断食の効果

断食の効果として、整腸作用があげられます。これは、簡単にいうと断食することにより仕事がなくなって暇をもてあました小腸や大腸が、腸内に溜まっている老廃物を排出してくれる、というものでデトックスの一種と考えることも出来ます。

 

いかがでしたか?

一口に断食といってもいくつかの方法があることがわかったと思います。ちょっとした健康のためであれば、プチ断食(週末断食)で十分ですね。これなら自宅でもできますが、予備知識を身につけてから行うようにしましょう。特に一人暮らしの場合には何かあったときに助けを呼べないと大変なことになってしまうので、いくら比較的手軽に出来るといっても用心してとりかかる必要があります。本格的な断食に興味がある場合は、専門家の力を借りるのが安全です。

 

まとめ

断食ダイエットの種類と方法について5つのポイント

その1:断食で気を付けること
その2:プチ断食
その3:本気の断食
その4:体重は気にしない
その5:断食の効果

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!