しみもホコリもきれいに取れる☆カーペットの楽々お掃除5つの方法

しみもホコリもきれいに取れる☆カーペットの楽々お掃除5つの方法カーペットの掃除は面倒くさいと感じている方はいらっしゃいますか?カーペットはお掃除が難しいもののひとつです。ゴミやホコリがなかなか取れにくいですし、何かをこぼしてしみができてしまったり、ダニが住み着いてしまうこともあります。それで今回は、難しいカーペット 掃除の楽チンお掃除方法を5つご紹介します。カーペットのしみやホコリでお悩みの方、ぜひ参考にしてくださいね。

しみもホコリもきれいに取れる
☆カーペットの楽々お掃除5つの方法

 

その1:毎日のお掃除は掃除機

カーペットは毎日の掃除が面倒そう、と敬遠する方も多いですね。しかし毎日のメンテナンスは普通の掃除機で十分なのです。ホテルのカーペットや、高級なジュエリーショップなどのカーペットに、ホコリがまったくついていないのを不思議に思うことはありませんか?それは毎日丁寧に掃除機をかけているからです。ウール素材のカーペットは、使っているうちに毛が取れて毛玉のようなものが出てきますが、これをきれいに吸い込むように掃除機をかけます。

家庭のカーペット掃除でも、その毛玉を吸い込むように掃除機をかけると、汚れやホコリを一緒に取り除くことができます。それでカーペット掃除でよく使われる「ころころ」のような、テープタイプのホコリ取りは、一見簡単にきれいになりますが、カーペットそのものを痛めてしまう掃除法です。あまり「ころころ」を使っていると、繊維が毛羽立ってしまって、もう元には戻りません。それで吸引力のある掃除機が普段使いにはおすすめです。

 

その2:しみ取りも掃除機

カーペットの掃除でやっかいなのは、しみですね。しみ対策は、まずしみを付けてしまったらすぐに取り除くことが基本です。その掃除方法はこのようなものです。まずは汚れた部分に水を含ませて薄めます。このときこすったり拭いたりすると、取れにくくなりますので気をつけましょう。逆にかけすぎも汚れを広げてしまう原因になります。それから、やや厚手のいらない布を用意して汚れの上にかぶせます。この布に汚れを移しましょう。

それから掃除機で吸います。いらない布に掃除機をあて、電源を入れて、しばらく押しつけ、カーペットの汚れを布に吸い込ませます。掃除機の吸引力で汚れを移しましょう。それから乾いたタオルで水気を吸い取ってできあがりです。きっときれいに元通りになっていると思います。

 

その3:水溶性のしみには台所用洗剤

付けてすぐのカーペットのしみなら、掃除機を使って掃除できますが、しばらく時間がたつと難しくなります。そのようなしみを落とすには、しみの成分によって方法を変える必要があります。まず水溶性のしみのカーペット掃除方法をお伝えします。水溶性とは、ジュース・醤油・ソース・ケチャップ・お茶・チョコレート・お酒・コーヒーなどです。まずぬるま湯をしみの上に軽くかけ、その2の方法で、いらない布と掃除機で吸い取ります。

まだ汚れが残っていると思いますので、台所用洗剤、または粉末の中性洗剤を水で薄めきれいな雑巾に染み込ませてから、たたくように拭き取ります。それからきれいな水を染み込ませたティッシュで拭いて、固く絞ったきれいな雑巾を使って洗剤を完全に拭き取ります。何のしみか分からないという場合は、まず水溶性のしみ取り方法を試してみましょう。それでも落ちなければ、次の油性のしみ取り方法を試してくださいね。

 

その4:油性のしみにはベンジン

次に油性のしみのカーペット掃除方法です。油性とは、バター・油・卵・油性ペン・ペンキなど文字通り油のものです。まず、水溶性と同じように、布で汚れを吸い取ります。それから少量のベンジンを、きれいな雑巾に染み込ませて、たたくように拭き取ります。ベンジンは火気厳禁ですので、気を付けてください。それから水溶性と同じく台所用洗剤、または粉末中性洗剤を水で薄めて、きれいな雑巾に染み込ませ、たたくように拭き取ります。

仕上げも水溶性と同じようにきれいな水を少量染み込ませたティッシュで拭いてから、固く絞ったきれいな雑巾で洗剤を完全に拭き取り、できあがりです。

 

その5:べたつくカーペットはお湯拭き

特に大きなしみは無いけれど、汗や汚れでべたついている、というカーペットの掃除にはお湯拭きがおすすめです。まず丁寧に掃除機をかけます。それから毛のない布を用意して、熱めの湯で絞りましょう。それからカーペットの毛足を立てるように拭きます。汚れがひどいなら、重曹を浸した布で拭いてから、お湯だけで絞った布でふきあげることができます。お湯拭きの後は乾燥させるようにしましょう。水気が残るとダニが発生しやすくなります。

乾燥を促すために、晴れた日にカーペット掃除をするのがおすすめです。またもちろん「洗濯可能」の表示があれば、指示通りに洗濯機で洗うと、べたつきやダニも洗い流せるので効果的です。晴れた日の午前中に洗濯し、しっかりと干しましょう。

 

しみもホコリもきれいに取れる、カーペットの簡単なお掃除方法はいかがでしたか?

しみやホコリが無い気持ちの良いカーペットは、部屋全体をきれいに清潔に演出してくれます。簡単に行える方法ばかりですので、こまめにカーペット掃除をして、きれいをキープしましょうね。

 

まとめ

しみもホコリもきれいに取れる☆カーペットの楽々お掃除5つの方法

その1:毎日のお掃除は掃除機
その2:しみ取りも掃除機
その3:水溶性のしみには台所用洗剤
その4:油性のしみにはベンジン
その5:べたつくカーペットはお湯拭き

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!