じゅわっとおいしい☆ぶり大根の簡単作り方6つのステップ

じゅわっとおいしい☆ぶり大根の簡単作り方6つのステップぶり大根を簡単に作りたいと思うことありませんか?ぶり大根と聞くととても難しそうですよね。でもきちんとポイントを押さえれば、味のしみたぶり大根を簡単に作ることができます。それで今回はぶり大根を簡単に作る6つのステップをご紹介します。特にポイントは、ぶりの下処理をしっかりして臭みを取ることと、煮込むときに調味料の入れる順番を守ることです。

難しそうなぶり大根ですが、簡単に作ることで「料理上手」という評判も上がるかもしれませんよ。ではさっそく作り方を見てみましょう。

じゅわっとおいしい☆
ぶり大根の簡単作り方6つのステップ

 

その1:ぶりの臭みを取る

さっそくぶり大根の簡単作り方の最初のポイント、ぶりの臭みを取るという点です。これを怠ると、魚臭くて食べられないぶり大根になります。簡単な下処理を覚えましょう。用意するぶりは、切り身でも良いですが、できればあらを使いたいものです。あらは安く手に入りますし、切り身よりもぶりの旨みが出ますので、大根に染み込ませることができます。食べられる部分は少ないですが、大根をおいしくしてくれます。

まずぶりの切り身、またはあらをバットに並べ、全体に塩を振りかけます。このまま10分ほど置くと、ぶりから臭みが出てきます。それからやかんにお湯を沸かし、ボウルに氷水を準備します。それからぶりの上から熱湯をかけ、すぐにぶりを氷水の中に移し、冷やします。それから流水で血合いやぬめりなどをきれいに洗い流し、臭みのもとを全部流したら、キッチンペーパーで軽く水けを拭き取って、下処理完成です。

これを丁寧にしておけばぶり大根を簡単に作ってもおいしく仕上げることができます。

 

その2:大根を切る

大根は皮を厚めにむきます。薄くむくと味が染み込みにくくなります。もったいないと思うなら、皮を残しておいて、後できんぴら炒めなど別の料理にすることができます。それから3cmくらいの厚さの輪切りにします。ぶり大根をさらに簡単に作るため、煮る時間を短縮したい時は乱切りでも構いません。この大根は下茹でする必要はありません。

 

その3:ぶりと大根を煮はじめる

厚手の鍋を用意し、大根、ぶりの順にのせます。水と酒を3:1の割合で入れていきます。最後にひたひたになる程度に入れましょう。ひたひたとは、鍋の中にぶりと大根を平らに入れ、ぶりと大根の頭がちょっとだけ出ている状態です。酒をたくさん使うことに驚くかもしれませんが、それがこのぶり大根を簡単においしく作るコツです。

 

その4:20分ほど煮る

最初は強火にかけますが、アクが出てきたら、しっかりと取り除きます。それから落としぶたをして、中火の弱火で20分ほど煮込みます。落としぶたをすることで、ぶり大根に簡単に味を染み込ませることができます。またおいしいぶり大根を作るには、少ない煮汁で煮る必要がありますが、落としぶたをすることでそれが可能になります。また火の通りも早く、煮崩れを防ぐことができますので、ぶり大根を簡単に時短で作ることができます。

木の落としぶたの他にも、アルミ箔でも使えます。鍋の大きさに合わせてしわを寄せて作ることができ、便利です。フォークで蒸気穴をつければ、浮き上がりを防ぐことができます。

 

その5:味をつける

20分ほど煮たら、大根に火が通っているか確認してみます。竹串や箸で刺してみましょう。スッと通れば、調味料を入れるタイミングです。ここでぶり大根の簡単作り方の次の大切なポイントです。まず最初に砂糖を入れましょう。大根1本のレシピでは、大さじ4の砂糖を振り入れしっかり溶かします。味をなじませるために、数分そのまま煮込みます。

それから醤油を加えます。醤油は大さじ5です。均等に混ぜ合わせ、しっかり煮込みます。醤油を先に入れてしまうと、後から砂糖を加えても甘みが染み込みません。おいしいぶり大根を簡単に作るには、この順番を間違えないようにしましょう。

 

その6:水分を飛ばす

5分ほど煮たら落としぶたを外して、火加減はそのままで鍋を揺らしながら水分を飛ばすようにさらに5分煮て完成です。あまり煮詰めてしまうと味が濃くなりますので、様子を見て火を止めてください。できればふたをしていったん常温まで冷ましてから、さらに火を加えると、じゅわっと味のしみたぶり大根を簡単に作ることができます。

 

ぶり大根の簡単作り方はいかがでしたか?

とても難しそうなぶり大根ですが、意外と簡単だったのではないでしょうか?ポイントを押さえれば、間違いなく成功しますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

じゅわっとおいしい☆ぶり大根の簡単作り方6つのステップ

その1:ぶりの臭みを取る
その2:大根を切る
その3:ぶりと大根を煮はじめる
その4:20分ほど煮る
その5:味をつける
その6:水分を飛ばす

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!