アンパンマンで囁かれる4種の都市伝説

アンパンマンで囁かれる4種の都市伝説アンパンマンの都市伝説といえば、皆さん何か1つは聞いたことがあるのではないでしょうか。アンパンマンは日本で子供たちに絶大な人気を誇る国民的アニメです。絵本からテレビアニメまで、その長い歴史の中で、色々な都市伝説が生まれ、語り継がれています。

では、実際にどのような都市伝説があるのでしょうか。ここでは大別して4種類の都市伝説を紹介します。これらを知ることで、皆さんがよくご存知の国民的アニメを別の角度から更に楽しむことができることでしょう。アンパンマンを見る年代は既に卒業したというあなたも、ぜひ最後までお付き合いください。ここから紹介することはあくまで都市伝説ですので、「信じるか信じないかはあなた次第です。」

アンパンマンで囁かれる4種の都市伝説

 

その1:都市伝説といわれている設定

まずは「都市伝説」ではなく、実はアンパンマンの設定なのですが、それが一般的にあまり知られていない為に、都市伝説と思われてしまっているものを紹介します。これは市販されているアンパンマンの読本や、公式ホームページを見ればすべて書いてあります。ただアンパンマンをずっと見ていた年代の頃には難しい内容なので、知らないひとが多く、いつのまにか都市伝説といわれるようになってしまったのではないでしょうか。

・ジャムおじさんとバタコさんも人間の姿をしているが、妖精。
・ジャムおじさんとバタコさんは肉親ではなく無関係。
・「アンパンマン」という名の小惑星がある。
・アンパンマンの作者やなせたかし氏の名前から取った小惑星「やなせ」もある。
・ロールパンナちゃんが姉で、メロンパンナちゃんが妹だが、実は先に生まれたのは、メロンパンナちゃん。
・ロールパンナちゃんが正義の心と悪い心の2つを持っているのは、ジャムおじさんがロールパンナちゃんをつくる際に入れた「まごころ草」と一緒に、バイキンマンが「バイキン草」も入れてしまった為。

いかがでしょう。都市伝説だと思っていたものはありませんでしたか?紹介したものはすべて、都市伝説ではなく、実際に公認されている設定です。

 

その2:有名な都市伝説

ジャムおじさんとバイキンマンの関係についての都市伝説です。これはアンパンマンの都市伝説をインターネットで調べればまず真っ先にでてきます。ではこれはどのような都市伝説かというと、バイキンマンとジャムおじさんが裏でつながっているのではないかという話です。実際パン工場は今まで大きな被害を受けたことがないという以外にバイキンマンの裏設定があるのではないかということを発端としています。

アニメではバイキンマンは卵から誕生していますが、バイキンマンは何のバイ菌なのでしょうか。これが酵母菌ではないかと囁かれており、ご存知の方もいるでしょうが、酵母菌といえばパンを作る材料の1つです。そこでジャムおじさんとのつながりを見出す説が浮上したのでしょう。更に先ほど書いた通り、バイキンマンは卵から誕生していることから噂でしかないのですが、バイキンマンがジャムパンマンだった。という説もあります。

 

その3:あまり知られていない都市伝説

あまり知られていない都市伝説に、アンパンマンの原作があります。1969年にも「アンパンマン」という作品が同作者から執筆されており、タイトルが同じことからこれが原作となって子供向けに描かれたのが現在のアンパンマンではないかという説です。設定も少しにていて、空腹の人にパンを配るという設定です。ただし現在のアンパンマンとは異なる点も多々あり、話の元ネタではあるものの、原作とまではいえるかは微妙なところです。

1969年の「アンパンマン」は現在のアンパンマンとは異なり、空腹の人にパンを配るだけの空飛ぶおじさんです。顔がパンでもなく、バイキンマンのような敵も存在しません。世界も現実の世界に近く、戦争や貧困が存在します。しかも最後は戦争中の国にパンを届けにいってミサイルで撃ち落とされるという悲しい終わり方をします。これが原作とわれるのはもちろんタイトルと、その設定からなのでしょう。

 

その4:本編以外で囁かれる都市伝説

アンパンマンには本編以外にも都市伝説が存在します。それはアニメの声優さんのお話と有名なアンパンマンのマーチに関する都市伝説です。まずは声優さんの都市伝説ですが、有名なものは2つあり、チーズの声優である山寺宏一さんとバイキンマンの声優である中尾隆聖さんの都市伝説です。アニメをよく見る方はよくご存じの声優さんだと思います。アンパンマン以外にも数多くの作品で活躍なさっています。

まず、山寺宏一さんの都市伝説ですが、「チーズははじめ言葉が話せる設定だったが、山寺宏一さんがワンワンだけで感情表現できてしまったため、話さない設定となった。」というものです。確かにチーズは言葉こそ話しませんが、感情表現はとても豊かで、あながちただの噂では無いようにも思えます。山寺宏一さんの表現力の豊かさが生んだ都市伝説といえます。

また、中尾隆聖さんの都市伝説ですが、「バイキンマンのだみ声は、中尾隆聖さんが遊び半分で出した作り声であり、意外にもその声が非常に好評であった為、バイキンマンの声に決定してしまった。その声は喉への負担が一番大きいらしく、劇場版やスペシャルでは登場シーンが多いため、滝のように汗をたらしながら演じている。」という噂です。実際に中尾隆聖さんの声優作品を比べるとバイキンマンの声は確かに少し異なっています。

最後にアンパンマンマーチの都市伝説です。この作詞は作者のやなせたかしさんが行っています。音楽にのせて聞くと、子供のアニメらしい曲に聞こえますが、皆さんは、その歌詞を文章で読んだことはありますか?文章で読むとその印象はがらりと変わってしまいます。この曲は戦死したやなせたかしさんのお兄さんへの思いが書かれているのではないかといわれていて、実際に読んでみると悲しい詩にも読み取れます。

 

いかがでしたでしょうか?アンパンマンで囁かれている都市伝説をお伝えしました。

アンパンマンの印象が少しかわりませんか?ここで紹介した都市伝説以外に、他にもまだまだアンパンマンの嘘か本当かわからない都市伝説は数多く存在しています。出版物はもちろん、インターネットの検索でも紹介されているページは数多くあります。一度皆さんでも検索し、探してみてください。ここでは紹介しきれなかった多くの都市伝説に出会うことができるかもしれません。

 

まとめ

アンパンマンで囁かれる4種の都市伝説

その1:都市伝説といわれている設定
その2:有名な都市伝説
その3:あまり知られていない都市伝説
その4:本編以外で囁かれる都市伝説

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!