ビックリ?やっぱり?紅白におけるAKB大島優子の卒業宣言の裏話

ビックリ?やっぱり?紅白におけるAKB大島優子の卒業宣言の裏話AKB48の大島優子が大晦日に放送された「第64回NHK紅白歌合戦」にて、まさかの卒業宣言!いくつかの目玉企画が用意されていた今回の紅白において、まさに寝耳に水のハプニングであり、翌日の芸能各紙は一面でこの衝撃ニュースを伝えました。国営放送の国民的番組において、一個人が突然このような発表をしたことについて、各方面で様々な波紋が広がっています。AKB大島優子の紅白における引退宣言にまつわる噂や裏話を集めてみました。


ビックリ?やっぱり?
紅白におけるAKB大島優子の卒業宣言の裏話

 

その1:AKB大島優子の卒業宣言と当日の舞台裏

紅白のステージを終え、記者に囲まれた美輪明宏が、被災地への復興の思いを語り始めたちょうど時、舞台上では大島優子が突然のAKB卒業を発表しました。とたんに取材陣は騒然、なんと美輪明宏への取材は最初の1問だけに終わってしまったそうです。

 

その2:ネットの反応と、大島優子本人のコメント

あまりにも突然だった卒業宣言に、いち早く反応したのは視聴者を中心とするネットの声。主にツイッターや大手掲示板などで発言された、大島優子の卒業宣言に関するツイートをまとめてみましょう。

①衝撃を受けた!ショック、やめないで、など肯定的な声 「優子辞めたら売上げかなりおちるんじゃないの?大丈夫かな?」 「年末になんという悪夢!」 「AKBは気の抜けたコーラみたいになる!」 「やめないでほしい…」

これらの声はやはり基本的にはAKBファンの正直な驚きの声と、卒業を惜しむ声だと言えるでしょう。

②何故紅白で?非常識では?など否定的な声 「紅白でする必要はない、自分たちのコンサートでするべきでは?腹が立った」 「あの場で発表して、直後に歌いだすメンバーとか複雑すぎる」 「大島優子は好きだったけど、AKBの後にもまだステージが残ってること考えるべきだったのでは?」 「ファンにとっては一大事なのに、こんなにばたばた卒業宣言しちゃっていいのかな、ファンに失礼だし、ファン以外の紅白視聴者にも失礼だ」

否定派の意見は大きく分けて3つ。個人的な発表を、全国ネットで発表し、NHKを私物化してるとの批判。もう一つは、そのような重大な発表は、自分たちを応援してくれるファンたちの前でこそすべきではなかったのか?というファンに対する非礼を訴える批判。そして、生放送の舞台で、他の出演者や番組の流れを無視して突然発表したことへの批判です。

③卒業宣言を振り返って、大島優子本人のコメント 「このタイミングで言わせてもらったのはー(中略)ー紅白にでるのも最後かと思い、直前に秋本(康)さんと相談して、秋本さんがNHKの方と話し合いました。しっかり許可も取りました。卒業することはメンバーの誰にも話していません。卒業時期はまだ決まっていません」

直前に相談し、NHKの許可を取ったとのことですが、一体いつ誰の許可をとったのかは不明です。AKBのプロデューサーである秋本氏のゴーサインが出ていたということは、ある程度プロモーションの要素があったのかどうかも、気になるところですね。

 

その3:第64回NHK紅白歌合戦に事前に用意されていた目玉企画

そもそも今年の目玉企画にはどのようなものがあったのでしょうか。

①演歌会の大御所、北島三郎の紅白引退 演歌界の大御所サブちゃんこと北島三郎は、歌手活動そのものの引退ではなくて、紅白への出場を、今回の50回目の出場を機に辞退するということを、本番のおよそ1か月前である11月24日の時点ですでに公表されていました。

②年内でパフォーマーを引退、EXILEリーダーHIROの事実上ラストパフォーマンス 年内引退を宣言しており、事実上紅白がパフォーマーとしてのラストステージとなりました。今後もメンバーとしては在籍するもののプロデューサーとしての活動をしていくと、4月の時点で発表しています。

③大ヒットNHK連続テレビ小説「あまちゃん」特別ステージ 2013年、お茶の間を最も虜にしたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が、再び紅白の舞台上に帰ってくると話題に。NHKの作品でもあることから、紅白では実に30分近い枠を確保しての特別編公開となりました。

 

その4:発表された第64回NHK紅白歌合戦の歌手別視聴率

それでは次に、実際に当日記録された紅白の瞬間視聴率のランキングを見てみましょう。

1位:北島三郎(50.7%) 2位:DREAMS COME TRUE(50.0%) 3位:AKB48(48.5%) 4位:SMAP(48.1%) 5位:きゃりーぱみゅぱみゅ(47.3%)

実にAKB48は48.5%という高視聴率をマークし、第3位につけています。ちなみに、過去出場の5大会においてもAKBは36?40%代というそれなりに安定した数値を獲得していますが、出場者別ランキングでトップ10入りしたのは今回が初の快挙となりました。大島優子の卒業宣言は、果たしてこの数値に影響しているのでしょうか。

 

その5:実は恩返し?NHKが大島優子のAKB卒業宣言に許可を出した裏話

NHKが大島優子の卒業宣言に許可を出したのは、今年の紅白の目玉の一つでもあった連続ドラマ「あまちゃん」の大ヒットの背景に、AKB48を意識したネタがふんだんに盛り込まれていたからではないかと噂されています。「あまちゃん」に登場するアイドルグループ「GMT47」は、名前こそ違うもののあまりにもAKB48と似すぎた点があるからです。

・グループ専用の劇場がある ・選抜メンバーを人気投票で選出
・小太りの敏腕プロデューサーの存在

実際、ドラマの視聴者も明らかにAKBがモチーフにされていることを感じていながら、ドラマのプロデューサーである宮藤官九郎は「AKBがモデルではない」と言い切っているんですね。これは、一度その部分を認めてしまうと、事務所や放送局を巻き込んで、両者間での利害関係が問題化してしまうからではないかと言われています。

これだけ国民的ヒットを記録した連続ドラマを持つNHKにとっては、「見て見ぬ振りをしてくれた」AKBへの、せめてもの恩返しとして、紅白歌合戦の場での大島優子の卒業宣言を許可したのではないかと考えられています。

 

いかがでしたか?ビックリ?やっぱり?紅白におけるAKB大島優子の卒業宣言の裏話をお伝えしました。

目下のところの話題は、大島優子のAKB卒業が実際いつになるかという点です。いちアイドルの、個人的な発表を国営放送の国民的番組で行ったことに関して、反応は様々ありましたが、実際に彼女の行動がこれだけ大きな波紋を呼んで伝えられていることを考えると、あながちこれはひとつの社会現象なのかもしれないと考えられなくもないですね。みなさんはどのように考えられましたでしょうか。

 

まとめ

ビックリ?やっぱり?紅白におけるAKB大島優子の卒業宣言の裏話

その1:AKB大島優子の卒業宣言と当日の舞台裏
その2:ネットの反応と、大島優子本人のコメント
その3:第64回NHK紅白歌合戦に事前に用意されていた目玉企画
その4:発表された第64回NHK紅白歌合戦の歌手別視聴率
その5:実は恩返し?NHKが大島優子のAKB卒業宣言に許可を出した裏話

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!