AKB48の知られざる5つの裏話

AKB48の知られざる5つの裏話AKB48といえば日本で知らない人はいないといえるほど有名な女性アイドルグループです。そのファンの数は日本一といっても過言ではないといえます。その半面、メンバーの人数が多ければ多いほど、辞める人も多く、そういう人たちやAKBの関係者が「裏話」をもっています。信憑性はどこまであるかわかりません。しかし、噂のないところに煙は立たないといいます。今回はそんな5つの裏話を紹介していきます。

AKB48の知られざる5つの裏話

 

その1:AKB48は芸能人ではない?

これは少し詳しいファンの方なら知っていることですが、AKB48は厳密にいうと「芸能人」ではありません。AKBを管理しているのが「AKS」という会社です。この会社「AKS」は芸能事務所ではありません。この会社は秋元康氏が深くかかわっている会社なのです。もちろんAKBのメンバーの中には芸能事務所に所属しているメンバーもいますが、これはAKSが売れだしたメンバーを他の芸能事務所に移籍させているからなのです。

移籍条件には「AKBの仕事を優先させる」という規約があるそうで、芸能人としての活動よりAKSが管理するAKB48としての活動が優先されます。なので、AKB48としての活動は厳密には芸能活動とはいいません。芸能事務所としてはAKB48として活動している間はあまりうまみはないのかもしれません。知名度が高くいくら仕事をとってきたとしても、AKB48としての活動を優先するために、スケジュールを合わせなければいけないからです。

芸能事務所はむしろ、AKB48を卒業したあとに彼女達が生み出す利益に期待しているのではないでしょうか。AKB48を卒業していったメンバ達はそのまま芸能事務所に所属し、芸能人としてのお仕事を継続し、テレビ番組などに出演していくわけです。とはいってもアイドルのファンとして見ている私たちからすればどちらでもいい話ではあります。

 

その2:握手会で起こる悲劇

握手会はアイドル達が、応援してくれたファン達に贈るイベントです。よくある光景に思えますが、AKB48ほど人気のあるアイドルグループが当たり前のように行っているのはとてもめずらしいことだといえます。もちろん本当のファンはマナーを守り、握手を喜ぶのですが、そうでない人もいます。中にはマナーを守らず嫌がらせをする人もいるのです。実際AKB48の握手会では下記のようなことが本当によく起きるそうです。

・本人の嫌がる、気にしていることを握手中に連呼
・手が不潔であることを告げながら握手
・セクハラまがいの発言
・性的嫌がらせ

あまりに酷い場合は、泣いてしまったり、握手会恐怖症になってしまったり、途中退席してしまうAKBのメンバーもいるそうです。

 

その3:イメージが違う篠田麻里子

篠田麻里子といえば、AKB48の全盛期ともいえる時代を駆けぬけたメンバーの一人で、その容姿や性格からファンでなくとも好感度をもっているひとは多いのではないでしょうか。そんな彼女ですが、実は一般に持たれているイメージとは少し違うようなのです。ファンの方ならご存知かもしれませんが、一般の人が彼女にもつイメージとはどんなものでしょう。だいたい下記のようなものではないでしょうか。

・気が強い
・元気、健康的
・大人っぽい女性

しかし、他のAKBメンバーやスタイリストさんが語る彼女はそうではありません。「実はすごく体が弱く、体調管理でそれを表に出さないだけ」といわれており、実際に3回公演の途中で倒れて点滴を打ったというエピソードもあるほどです。また、どんなに身体が辛くても自分たちの原点である握手会などのイベントは絶対に休まないという心情をもつ、頑張り屋な一面もあるようです。

 

その4:卒業ソング「10年桜」が実は怖い?

10年桜は卒業をテーマにした別れの曲です。PVを見たことがあるひとも多いのではないでしょうか。問題はそのPVなのです。バス事故による別れを元にしているのではないか?といわれています。実際にPVを見ると、腑に落ちない点が数多くあり、少なくとも高橋みなみに死のイメージを感じ取ることは容易にできるのではないでしょうか。実際にPV監督はツイッターで、次のように発言しています。(※一部を抜粋)

【入学とは誕生で、卒業とは死。もちろんその「死」は次のステージでの「誕生」を意味する「再生」でもある。そういうことを象徴的に教えてくれるのが「桜」なんじゃないか。】

【大島の妊婦姿も誕生の象徴だし、PV中の高橋みなみに死のイメージを感じた人は、鋭いと思う。】

 

その5:AKB48のエース

全盛期のAKB48には絶対的なエースが存在しました。現在は脱退し、女優などに勤しむ前田敦子さんです。AKB総選挙でも1位を獲得し、まさにAKBの顔という存在でした。しかし彼女はもともと目立ちたがらない子だったそうです。実際に「渚のCHERRY」という曲で、初めてソロを担当する事になった時には「一人だけ目立つのはイヤ」、「やりたくない」といって大泣きしたというエピソードもあるぐらいです。

彼女にはとても有名なセリフがあります。モノマネなどでよく目にするかとおもいますが、実際の状況をご存知でしょうか。それは前田敦子さんが1位に返り咲いた総選挙でおこりました。彼女と大島優子さんが残り、2位を発表するとき(つまり呼ばれなかったほうが1位)会場からは前田コールが起こりました。これは前田敦子さんが2位になればいいというコールです。しかし呼ばれたのは大島優子さんで、結果は前田敦子さんが1位でした。

「ひとつだけお願いがあります。私のことを嫌いな方もいると思います。私のことは嫌いでも、AKBを嫌いにはならないでください」

このセリフはそういった状況で行われたスピーチなのです。決してオゴリからでた言葉ではないでしょう。1位には必ず凄まじいアンチがつきまといます。ファンが多ければ多いほど、バッシングも酷くなるため、1位には絶対になりたくないというメンバーも多いそうです。これがAKB48のエースの宿命なのでしょう。もちろんどんなグループにもいえることですが、この逆境を乗り越えてこそ、大きく成長できるのかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。AKB48に関する5つの裏話を紹介させていただきました。

AKB48にはまだまだ数多くの裏話、噂が存在しています。ファンの人はもちろん、それほどファンでないという人でも大人気アイドルグループの裏話は興味があるのではないでしょうか。インターネットでいろいろと探して見てください。良くも悪くも彼女達のことがもっとよくわかることでしょう。

 

まとめ

AKB48の知られざる5つの裏話

その1:AKB48はグループではない?
その2:握手会で起こる悲劇
その3:イメージが違う篠田麻里子
その4:卒業ソング「10年桜」が実は怖い?
その5:AKB48のエース

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!