初心者必見!二ちゃんねるの検索方法6ステップ紹介

初心者必見!二ちゃんねるの検索方法6ステップ紹介二ちゃんねるって誰でも名前ぐらいはきいたことがありますよね?「2ch」、「2ちゃんねる」、「にちゃんねる」など表記方法は様々ですが、同じ大型掲示板サイトを指しています。ではどんなイメージをもっていますか?使ったことがない方や、名前しか聞いたことのないような方は「オタクがいっぱい」、「怖い」、「犯罪にまきこまれそう」などマイナスイメージを持っている方がほとんどです。

しかし!それは大きな間違いです。確かに耳にする噂は悪いものが多いかもしれませんが、最大級の掲示板サイトだけあってなんでも情報が手に入るといっても過言ではありません。「ハッキング」から「今晩のおかず」まで。というキャッチフレーズ通り、きちんと使えばとても役立たせることもできるのです。今回は二ちゃんねる初心者のために、二ちゃんねるの検索方法を6ステップで紹介します。

初心者必見!
二ちゃんねるの検索方法6ステップ紹介

 

その1:基本的な二ちゃんねるのルール

まずは基本ルールです。二ちゃんねるはスレッドフロート型掲示板となっており、大きな分野としてカテゴリで区切られています。そのカテゴリの中で更に板と呼ばれるジャンルに分けられており、利用者はまずカテゴリを選択し、その中で自分が見たい板を見つけ、さらにその中から必要な情報探します。見る専門の人はここまでですが、書き込む方はこの板の中にスレッドを立てたり、スレッドの中でレス(返信)したりします。

二ちゃんねるの検索は、知りたいことを探すのはもちろん、暇つぶしに自分の興味のあることを探すことにも使えます。基本的に各スレッドは質問→回答の形式や、誰かが話題を振ってそれに対してみんながレスするという形式が多く、中にはテレビ番組で「ピー」が入ってわからないNGワードの推測なども話題になっていることがあります。

 

その2:ニちゃんねるの基本的な検索方法

基本的な二ちゃんねるの検索方法ですが、何かについて知りたい場合、まずそれに会うカテゴリーを選び、掲示板を検索します。掲示板が見つかったらその中のスレッドで自分の探している内容にちかそうなものを探します。こればっかりはタイトルをみて判断するしかありません。長いスレッドだと検索機能を使って上手に情報を探しましょう。

 

その3:ニちゃんねるのスレッドの見方

二ちゃんねるの検索の一番のポイントは自分の探したい内容のスレッドを見つけられるかです。板を開くとそこには最終更新日時入りでスレッドのタイトルが表示されていると思います。その中で自分が探したい内容にマッチするものを見つけなければなりません。更になるべく新しく、更新されているレス数の多いものが理想です。
最新の出来事ならすぐに見つかるでしょうが、そうでないとなかなか見つかりません。

では過去の出来事、ブームがすでに去った出来事のスレッドを見たい場合はどうすればいいのでしょうか?それが次に紹介する過去ログです。

 

その4:ニちゃんねるの過去ログって?

それでは過去ログを紹介します。過去ログとは1000スレッドに達したものなど、すでに二ちゃんねるの板からは消えたスレッドが、保管されている場所のことを指します。過去のスレッドが過去ログ倉庫という場所にHTML化され保存されているのです。すべてのスレッドが保存されているわけではありませんが、あなたが二ちゃんねるで検索している内容が、今のスレッドにないなら、もしかすると過去ログ倉庫にあるかもしれません。

 

その5:必ずしも見つかるとは限らない

そして一番覚えておかなければいけないのが、最大級の掲示板サイトであったとしても、必ずしもあなたの欲しい情報を知ることができるかはわかりません。もちろんあなたの知りたい内容にもよりますが、ある程度自分で検索してなければ、それ以上探しても時間の無駄です。別に諦めろといっているわけではありません。ではどうすればいいのかというと、質問してしまいましょう。

自分でスレッドを立てて聞いてしまえばいいのです。過去にあったものならそれはそれで誰かが教えてくれます。自分なりにある程度探したうえで、見つからないなら書き込んでしまったほうが早いのは間違いありません。最初は抵抗があるかと思いますが、二ちゃんねるの検索方法はなにもキーワード検索で探すだけではなく、書き込んで探すという方法も有効だということを覚えておいてください。

 

その6:最終的には自己判断

一番大事なのは何が正しいか判断するのはあくまであなただということです。スレッドを見ればわかることですが、ふざけた回答や、全然違う話題、嘘を書き込む人もたくさんいます。これは二ちゃんねるの最大の強みであり、同時に弱味といえます。みんなが自由に書き込めるので、ある程度は仕方のないことですが、掲示板に書かれていることは100%鵜呑みにするのは危険です。あくまで最終判断はあなたがしなければなりません。

多数意見を取るのもありですし、ユーザーを見て判断するのもありです。判断方法はいろいろあるとは思いますが、きちんと情報を整理して正しい答えを見つけ出しましょう。

 

いかがでしたでしょうか?初心者必見!二ちゃんねるの検索方法6ステップ紹介

これであなたも二ちゃんねるにデビューできます!検索、観覧からはじめて、書き込みを行うようになり、スレッドを立てるようになったらあなたも立派なニチャンネラーといえるでしょう。少なくともパソコンを使うなら二ちゃんねるは時間潰しにも、本気の検索にも使える便利な掲示板サイトです。最近はスマホでも使いやすくなってますので、デビューがまだの方はこれを機に二チャンエルで検索デビューしましょう。

 

まとめ

初心者必見!二ちゃんねるの検索方法6ステップ紹介

その1:基本的な二ちゃんねるのルール
その2:ニちゃんねるの基本的な検索方法
その3:ニちゃんねるのスレッドの見方
その4:ニちゃんねるの過去ログって?
その5:必ずしも見つかるとは限らない
その6:最終的には自己判断

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!