身近なものでひと工夫するお風呂掃除の6つのコツ

身近なものでひと工夫するお風呂掃除の6つのコツお風呂掃除というのは、お家の掃除の中でも特に大変ですよね。普通の汚れに加えて水回り特有の汚れもあって、あらゆるタイプの汚れが集まっている印象があります。それだけに、用途に応じた専用の掃除用品も色んな種類のものが数多く存在しています。ただ、そういったものを全て揃えるのは経済的にも大変ですし、ただでさえ大変なお風呂掃除がますます複雑なものになってしまいます。

そこで今回は、身近にあるものでより効率的に、そしてより効果的にお風呂掃除をするためのコツを6つご紹介したいと思います。

身近なものでひと工夫する
お風呂掃除の6つのコツ

 

その1:シャワーヘッドの汚れを落とすには

シャワーを使っていて、水の勢いが衰えてきたり水が変な方向に飛び出したりしている事はありませんか?実は、水に含まれるカルシウム成分によってシャワーの穴が少しずつ塞がれる場合があるのです。そんなシャワーヘッド独特の汚れを落とすのに有効なのが、なんとお酢なのです。お酢の酢酸には、カルシウムを溶かす性質があるからです。

掃除の方法は、洗面器やバケツに大体6分の1程度の濃さで水(またはお湯)とお酢を入れます。そこにシャワーヘッドを漬けておくだけです。数時間たったらシャワーを出してみましょう。柔らかくなったカルシウム成分が水の勢いで簡単に落ちます。お風呂掃除の前準備として漬け置きしておけば、他の汚れを洗い流す際に一緒に落とせます。これでまだ汚れが落ちないようなら、爪楊枝や使い古しの歯ブラシなどで磨いてください。

 

その2:水垢や石鹸カスの汚れには酢と重曹

毎回ちゃんと流していても、なぜかこびりついてしまうのが水垢や石鹸カスの汚れです。こうした汚れにもお酢が大活躍します。お酢と重曹を組み合わせるのです。排水溝など汚れの酷い部分に重曹を直接振りかけて、そこにお酢を適量かけます。すると、重曹とお酢が反応してジュワっと泡立ちます。この科学反応によって水垢や石鹸カスが分解されるのです。しばらくこのままの状態にしておくと、より効果的です。

また、レモンなどの柑橘系果物に含まれているクエン酸も、こうした水垢や石鹸カス汚れにはとても効果的です。自然にやさしいクリーナーとして注目されています。ただ、クエン酸は塩素系洗剤と混ぜてしまうと有毒ガスが発生するので、絶対に混ぜてはいけません。

 

その3:お風呂掃除にクレジットカード?

さて、洗っても落ちきれなかったしつこい汚れや、細かい隙間などの汚れは直接削って落とすのが良いです。市販されている研磨スポンジも良いですが、身近なところで使わなくなったクレジットカードや定期券などがかなり使えます。プラスチック製なので適度な強度がありながら本体を傷つける程の硬さや鋭さはなく、汚れだけを落とすことができます。

いらないカードがない場合は、袋に入った食パンやお菓子などについているプラスチックの留め具(門のような形をしている袋の口を留めている小さい用具)がおススメです。手持ちサイズでより細かいところのお風呂掃除にも適しています。

 

その4:黒カビにトイレットペーパー

黒カビはお風呂掃除の中でも手ごわい汚れですよね。カビ用洗剤を使ってもなかなか落ちないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。こうしたカビ用洗剤は、水気を取ってから散布してしっかり時間を置いておくことで効果が発揮されます。ただ、カビ用洗剤のような塩素系洗剤はとても乾きやすく、汚れの場所によっては洗剤が流れてしまう場合もあるでしょう。そこで便利なのがトイレットペーパーです。

カビ汚れの部分に適度な厚みにしたトイレットペーパーをあてて、洗剤の中にペーパーをひたすぐらいしっかり染み込ませます。この状態で数時間放置してから洗い流せばよいのです。トイレットペーパーの便利なところは水に溶けること。カビ汚れと一緒にそのまま流してしまえるので、使った後の始末がとても楽なのです。

 

その5:黒カビ落としにラップも効果的

さて、カビ用洗剤の効果をより発揮させるためにトイレットペーパーを使う方法をご紹介しましたが、ラップを使っても同じような効果があります。カビ用洗剤をカビ汚れの部分に散布して、そこにふたをする感じでラップを貼り付けるのです。大切なことは洗剤を長くしっかりカビ汚れの部分に浸透させる事です。数時間置いた後、ラップをはがして洗い流します。

トイレットペーパーよりもさらに手間がかかりませんので、寝る前にしっかり水気を取り除いてから洗剤をなじませてラップをしておけば、次の日の朝に軽く洗い流すだけで済むので、お風呂掃除の中で最もやっかいなカビ落としも、お出かけ前などにサッとできてしまいます。

 

その6:カビを予防するためにろうそくを

カビ汚れをきれいに落とせたら、なるべく長くその状態を保ちたいですよね。カビ防止に役立つのがろうそくです。汚れを落としてしっかり乾燥させたタイルの目地などにろうそくを塗っておくのです。ろうが水をはじくのでカビが付きにくくなるのです。

また入浴後、浴室の壁や床に冷水をかけておくのも有効です。温まった浴室をそのままの状態にしておくと、カビが繁殖しやすい環境を長く保ってしまうことになるのです。もちろん換気扇を回すことも忘れてはいけません。ちょっとした事ですが、換気+冷水でカビの繁殖をかなりおさえる事ができます。お風呂上がりの日課にする事をおススメします。

 

いかがでしたか?身近なものでひと工夫 お風呂掃除の6つのコツをご紹介しました。

お酢やサランラップなど、キッチンにある身近なものがお風呂掃除にとても役立つというのは、なんだか頼もしいですし、安心しますよね。ただ黒カビについては、しっかり撃退するにはやはりカビ用洗剤を活用する必要があります。こうした塩素系の強力な洗剤を使用する場合は、マスクやゴーグル(眼を守るもの)、ゴム手袋などで防御しながら、換気にしっかり気をつけてお掃除してください。

また、クエン酸のところでも触れましたが、混ぜると危険なものについては細心の注意を払ってくださいね。今回ご紹介したコツで、大変なお風呂掃除が少しでも効率よく済ませられるよう、願っています。

 

まとめ

身近なものでひと工夫するお風呂掃除の6つのコツ

その1:シャワーヘッドの汚れを落とすには
その2:水垢や石鹸カスの汚れには酢と重曹
その3:お風呂掃除にクレジットカード?
その4:黒カビにトイレットペーパー
その5:黒カビ落としにラップも効果的
その6:カビを予防するためにろうそくを

Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!